【100kmライドチャレンジ】荒川サイクリングロードで一人ロングライド練習【PR】

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

暖かくなってきました。
今までロード台で家の中でロードバイクを乗っていた私ですが、思い切って外に出てみることにしました。
行き先はアレコレ考えて、以前サンデーライドで行った荒川サイクリングロードに一人で行ってみようと!
サンデーライドではワイズロード池袋本館さんのサポートで集団での行動です。一人で数十キロも走るなんて不安もありましたが、なんとかなるだろうと(笑)。
それでは、冒険とも言えるロンリーライドのご紹介です。

ロードバイク 100kmライドチャレンジ



【スポンサーリンク】

荒川サイクリングロードに到着!ロンリーライドを楽しむ!

荒川は東京都の北部に面し、複数の区にまたがって流れています。
北に向かっていけば、そのうち突き当るかな?くらいの考えで出発しました。
荒川の堤防に突き当たった時はホッとしました。

ロードバイク 100kmライドチャレンジ

とは言え、荒川サイクリングロードはここなのか?と半信半疑な気持ちもあり、ロードバイクに乗っている人が私の前を通った時は安心しましたね。
荒川サイクリングロードに着くまで、かなりの時間を要し、目的の半分を終えたような気がしたんですが、本番はこれから。
堤防から荒川サイクリングロードに降りて、一人ロングライド練習の始まりです!

平日のせいかガラガラ。
冬の名残が残っていて、寂しい感じもします。
ロードバイク 100kmライドチャレンジ

でも、プライベートロードか?ってくらい人がいないのもいいですね。
練習には最適!
ローラー台ではしてこなかったギアチェンジの確認や、サンデーライドで教わった走るペースや足の回し方とか思い出しながらマイペースで走りました。

走っていくと桜が見頃のゾーンがいくつもあることに気がつきます。

ロードバイク 100kmライドチャレンジ

こんなところがあることを知れたのも、ロードバイクに乗るようになったから。
ロードバイクは一般自転車と違い距離を伸ばすことができます。
電動自転車と言うテもありますが、途中で電池が切れるということも考えられるので、やっぱりロードバイクの方が安心ですね。
ロードバイクに出会えたことに感謝しつつ走りました。

水門と桜は絵になりますね!
ロードバイク 100kmライドチャレンジ

荒川サイクリングロードを走っていると水門がいくつかあったのですが、その中の1つの水門を上げている場に出くわしました。
物珍しさに、降りて見学。
ロードバイク 100kmライドチャレンジ

水門が上がり、ボートが通っていく様子を見ることができました。
ロードバイク 100kmライドチャレンジ
この水門は『荒川ロックゲート』といい、水面の高さが違う2つの川のあいだを船が通行出来るようにするための施設だそう。
珍しいものを見ることができました。

実は、どこまで走るかはノープランで始め、行き当たりばったりのロングライドでした。
でも途中で『河口まで16km』の表示を見つけて、
(16kmか・・・それくらいなら行ってみようかな?)
と、軽い気持ちで河口を目指しました!

途中の河口から8km地点の表示。
ロードバイク 100kmライドチャレンジ

荒川サイクリングロードは一部堤防上に上がるところはあるものの、ほとんど平坦でロードバイクを長く走る練習には最適!
堤防上に上がるのも、坂を登る練習にもなりますし、ロードバイクに乗るにいい環境ですね。
そんなことを考えながら走っていくと、河口に到着!

ロードバイク 100kmライドチャレンジ

遠くに葛西臨海公園の観覧車が見えた時はもさすがに遠くにきちゃったな。。。と思いました。
反面、ロードバイクなら、こんなところまで来ちゃうことも簡単なんだと思いました。

いや、でもさすがに帰りは疲れが出ましたね。
16kmで河口と言う文字も(往復で32kmもあるじゃん・・・苦笑)となり、ペースも行きとは違い、のんびりモード。
そんな疲れを癒してくれたのが、春の息吹。
桜はもちろんの事、たんぽぽが雑草の中に咲いていたり、菜の花も見事に咲き誇っていました。

ロードバイク 100kmライドチャレンジ

家でのロード台での練習は家にいながらできるのですが、飽きやすいです。
でも外に出てみると、疲れを外の景色などが癒してくれ、どんどん距離を伸ばしてくれます。
やはりロードバイクは外で乗る方がいいですね。

ロードバイクを一人でロングライドして困ったこと

今までは外で一人で乗るのは2時間程度でした。
今回は行くあてのない旅。
とはいえ、あまり荷物も持ちたくないってことで、携帯と小銭とアミノ酸などが入ったサプリメントを水に溶かしたドリンクくらい。かなりの軽装でのロンリーロングライドです。

やはり一番困ったことはトイレ問題。
トイレは荒川サイクリングロードの傍にいくつかあったんですが、一人だとロードバイクをトイレの外に置いて行くわけには行きません。
実は、サンデーライドで行った『キッチンとれたて』へ行くと自転車用のラックも完備していて、トイレも食事もできるので、ここへは行こうと思ったのですが、対岸だったようです。
困ったなぁと思っていたところ、多目的トイレを見つけ『どなたでもご利用ください』と書かれていたので、ロードバイクごと入って利用させていただきました。
本当に助かりましたね!

ロードバイク 100kmライドチャレンジ

そして感じたのは休憩のタイミング。
私は一度始めるとやめられない性格でもあり、自分でも長時間走りすぎているな?と思っても休憩がなかなか取れません。
疲れたなぁって思っても、もう少しあそこまで走ろうと思ってしまいます。
飲み物も涼しかったので飲まずに走っていたら、ふくらはぎがつるような感じがして、降りてドリンクで水分補給をしたら復活しました。
休憩は大事ですね!
前半はほとんど休憩しなかったせいなのか、後半はボロボロでしたね。
少し走っては降りて休むということを何度かしていたら、ドリンクが無くなりそうになり、慌てました。

ロードバイク 100kmライドチャレンジ

私が走っていたところでは自動販売機を見つけられず、小銭を持ってきても意味がありません。
今年はロードバイクにドリンクボトルを2つ着けようと思いました。

一人でのロングライドは自分のペースを楽しめるメリットはありますが、トイレや休憩をとるタイミングなど困ったこともありました。
それよりも何よりも、一人は寂しい。
今までロングライドはサンデーライドや練習などで一緒に走っていただいたので、なおさら不便や寂しさを感じました。
暖かくなってきたので、またサンデーライドに申し込んで、参加させていただこうと思いました。

まとめ

実は今回走っていると、サイクルコンピューターがピタリと止まってしまいました。
ロードバイク 100kmライドチャレンジ

今までロード台に乗っていて、あまりメンテナンスを考えずにきましたが、サイクルコンピューターが止まったことで、ロードバイクはメンテナンスが大切ということを思い出しました。
4月には茨城県霞ヶ浦周辺で100kmライドチャレンジのリベンジが行われます。
それまで乗ることで体力をつけていくのも大切ですが、ロードバイクのメンテナンスも大事だなぁって思いました!

サイクルコンピューターでは距離は見れなかったんですが、家に帰ってgoogle MAPをみると、53.6km走ったようです。
地図

一人で50kmを走ったのは初めて!
やればできるもんだなぁと(笑)。
昨年の今頃は、まさか私がロードバイクに乗ったりこんなにも長い距離を一人で走るとは思いもよりませんでした。
そして来月は100kmライドチャレンジ!
昨年は一番長くて70kmくらいだったので、ロードバイクで100km走ることで見える世界に今からワクワク!
超楽しみです!

【関連リンク】
株式会社シマノ
ワイズロード池袋本館(Y’sRoad Ikebukuro honkan)

スポンサーリンク

twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする