タイヤは『信頼』TOYO TIRES TOKYO AUTO SALON 2018

乗り物大好きブロガーです。
今まで、乗り物はエンジンだったり自分の体力だったりと、タイヤに関しては意識は薄く、ダメになったら交換するくらいしか考えてなかったと思います。
そんな私でしたが、先日幕張メッセで開催された東京オートサロンにTOYO TIRESさんにご招待いただいてタイヤの奥深さを取材させていただき、早速自分の車のタイヤを変えたくなりました。
タイヤで新たな私の乗り物の楽しみが広がりそうです!

東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

TOYO TIRESさんのブースでは一般公開に先駆け、プレスカンファレンスが開催され、東洋ゴム工業株式会社 代表取締役社長 清水 隆史氏や、常務執行役員の水谷 友重氏より日本以上の車社会である北米で支持されている様子が紹介されました。

東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

北米ではピックアップトラックやSUVが人気で、これから日本でも増えていくだろうとのお話でしたが、デトロイトで1月14日から始まった『デトロイトモーターショー2018』のニュースではまさに同じことが伝えられ、SUVは最近は多いなと思っていましたが今年は日本でもピックアップトラックが増えそうですね!

そこで注目されるのが、北米でも品質と性能が支持されているTOYO TIRESさんの大型タイヤになりそうですね。
北米では日本とは異なる個性的なチューニングで車を楽しむ文化があり、靴をはき替えるようにファッションのようにタイヤを変えるそう。
私にとってタイヤは、ノーマルかスタットレスに変えるくらいの認識しかなかったので、(それ面白い!)と思いました。
タイヤは空気圧が変わっても体感が変わります。
私のランドクルーザー80もタイヤをファッションのように変えたいと思いました!
でも80が大きすぎてタイヤ交換は自分ではできないんですけど夢は広がりますね!
ますます80を楽しめそうです!

今回、アメリカからTOYO TIRESさんがサポートされているラリードライバーのKen Block(ケン・ブロック)選手とオフロードレースで優勝を重ねているBJ Baldwin(BJ バルドウィン)選手も来日され登壇されました、

ケン・ブロック選手。
東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

BJ バルドウィン選手。
東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

過激なドリフトパフォーマンスで魅了してくれたケン・ブロック選手と、ラリー中には電子レンジくらいの大きさがある岩にも出会うことがあるというBJ バルドウィン選手が口を揃えて言ったのはTOYO TIRESさんへの『信頼』。
信頼できるタイヤと話されました。

直接大地に触れるタイヤは確かに『信頼』が大切ですね!
私もタイヤを買い替える時は言葉にはしていませんでしたが『信頼』と言う気持ちの元で選んできたように思います。
命を守ってくれる第一歩はタイヤでしたね!
言葉にすることで発見できた瞬間で、とても心に染みました!



【スポンサーリンク】

車のパフォーマンスを引き出してくれるタイヤ

TOYO TIRESさんのブースでは、普段日本ではあまり見ない大型のピックアップトラックをはじめ、スポーツカーで使われているタイヤの展示がありました。

まさにアグレッシブやパワフルという言葉がふさわしい大きなタイヤ!
東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

私も80のタイヤ交換時にはタイヤを洗ったり持ったりするんですが、それよりも大きなタイヤたち!
大きさに驚きです!

同じSUVでもこちらは街乗りで楽しめるタイプ。
東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

タイヤを変えることで、いかついオフローダーがエレガントに変身できますね。

こちらはモータースポーツ用のタイヤ。
東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

ドリフトで使えるタイヤは滑っているなかで前へ行ける極限のタイヤで、しっかり止まれてしっかり走れるタイヤなんだそうです。
ドリフトと言うと、滑るだけのイメージでしたが、確かに滑るだけでは次のアクションにつながりません。
滑ることも止まることも、止まってから瞬時に発進することも要求されているタイヤは、まさに極限のタイヤ!
オフロードのタイヤとは、また違ったタイヤです。

1965年型フォードマスタングをベースにしたドリフト・マシンについているTOYO TIRESさんのモータースポーツ用のタイヤ!
東京オートサロン2018 in 幕張メッセ
NASCAR(ナスカー、National Association for Stock Car Auto Racing, 全米自動車競争協会 アメリカ合衆国で最大のモータースポーツ統括団体)で使用されている現役マシン。
50年以上たっても1,400馬力も出るマシンにカスタマイズされたマスタングは、まさに東京オートサロン2018の花形のようで、みなさん食い入るように見てましたね。

東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

見ているとワクワクが止まりません!

こちらは普段使いに。
東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

こんなにたくさんのタイヤの種類を見たのは初めて!
今までタイヤのことは、そんなに重要視してこなかったんですが、タイヤは空気圧が変わっただけでも乗った感じが変わります。
それをタイヤごと変えたら、また違ったパフォーマンスを楽しめますね!
私の80も「今日はオフロード用」「今日は街乗り用」なんて変えたら楽しいかも!って思いました!
それにしても、タイヤでこれほどワクワクするとは思いませんでした!
タイヤも知ることで楽しさが広がりますね!

ドリフトを間近に見る!

まさか、ドリフトをこんなに間近に見ることができるとは、思いもよりませんでした!

まずは、ケン・ブロック選手のデモラン。
デモランの前には、お掃除もするんですね!
東京オートサロン2018 in 幕張メッセ
これは驚き! 丁寧に場内を何周も掃除されていました。

そして待ちに待ったケン・ブロック選手のデモラン!
爆音とともに入場し、瞬く間に白煙に包まれて行きました!
東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

動画も撮ってきました!

白煙の中、どうやって運転しているんだろ?と思うほど見事なドライビングテクニックでした!
イャー、本当にすごいものを間近に見れて幸せ!

15分ほどの間に数回に分けたデモランでしたが、途中タイヤ交換もしていました。
ドリフトは思った以上にデリケートなレースなんですね!

こちらはD1グランプリチャンピオンの川畑 真人選手も参加したドリフトのデモランの様子。
すごい近くまで寄って、見ていてもハラハラします!

こちらは8台でのドリフトです。

白煙の中、ぶつかることなく、すごいですよね!
ハラハラドキドキと驚きと、ドリフト楽しい!と思いました!

タイヤで作られたライオンも見事!
東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

まるで生きているかのような、大迫力です!
東京オートサロン2018 in 幕張メッセ

デモランでは、このライオンの周りをケン・ブロック選手が周っていました!
それはそれは大迫力でしたよ!

タイヤは『信頼』

今回、東京オートサロンで『タイヤは信頼』なんだなぁということに気づきました。
命がけのレースの中でも世界トップクラスの選手の話す言葉は重く、TOYO TIRESさんに対する信頼を実感させていただきました。
信頼できるから、ベストパフォーマンスに集中できるということでしょうね。

私も毎日のように車に乗りますが、車はエンジンのようなテクニカルな部分ももちろん大事ですが、大地と触れるタイヤの役割は大きいと思いました。
オンロードでもオフロードでも雪道でも、車や乗っている人を支えているのはタイヤです。
時々、4つのタイヤの接面だけで、よく車の重さも乗った人も支えられるなぁと思っているんですが、タイヤは思っている以上に奥が深そうですね。

乗り物大好きな私ですが、今までタイヤのことはあまり知りませんでした。
今回、東京オートサロンでTOYO TIRESさんのお話をお聞きしたりタイヤを見て、とても興味を持ちました!
いろんなタイヤで80を楽しみたいと想像が膨らみますね!

TOYO TIRESさん、新たな楽しい世界をありがとうございました!

TOYO TIRESさんの東京オートサロンのスペシャルサイトはこちらです。
▶︎ TOYO TIRES TOKYO AUTO SALON 2018

スポンサーリンク

twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする