ロードバイクを冬でも楽しめるウェアやアイテム【PR】

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

ロードバイクをはじめて、初めての冬を迎えました。
今年は昨年よりも寒く感じるので、とにかく外に出たくありません。
(乗れば楽しい)と言う気持ちも、寒さには勝てないですねm(_ _)m

とはいえロードバイクで100km走る夢は消えていません。
そこでシマノさんにご協力いただき、ワイズロード池袋本館さんに伺いロードバイクの冬のトレーニングに必要なものをお聞きし、決めてきました!



【スポンサーリンク】

寒い冬でも快適にロードバイクを楽しめるウェアや冬装備

冬のロードバイク乗りで、まず気になるのが、冬用のウェアや装備。
ロードバイクの冬装備についてアドバイスしていただいたのは、ロードバイクで通勤されているワイズロード池袋本館・井澤さん。
ロードバイクの通勤は朝はまだしも、夜の帰宅はとても寒いそう。
まずは防寒に優れたウェアから見せていただきました!

ライトダウンを上回る暖かさのロードバイク冬ウェア

ロードバイクの冬ウェアは、気温5℃対応や、10℃対応などと、気温に合わせて作り分けられていました。
まずは、気温5℃対応のウェアから説明していただきました。

気温5℃対応のウェアは防風性能があり、なおかつ保温性もあります。
気温5℃にも対応しているウェアを着てみると、自分が普段着ているライトダウンのジャケットよりも暖かい!
ロードバイクに乗る時じゃなくっても着たくなるほどでした!

ジャケット。
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

背中は通気性の高い素材が使われていて、ロードバイクに乗っている時に便利なポケットもありました。
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング
中は起毛になっていて、とってもあったかいです!

ロードバイクの寒さ対策は上着だけではなく、ボトムスも大事。
こちらは気温5℃にも対応しているビブタイツです。
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

ボトムスはタイツタイプとオーバーオールのような『ビブタイツ』がありました。
井澤さんのオススメは『ビブタイツ』。
レースの時に走りやすいそうです。
確かに冬物のような分厚いタイツは、ずーとロードバイクをこいでいるとずり落ちそう。
なので『ビブタイツ』の方がいいと思いました。
でも女性としてはトイレの時に脱ぐのが大変なのでタイツの方がいいのかな?と一瞬思ったものの、一人でロードバイクに乗る時はロードバイクの盗難防止のためにトイレに行かないくらいの時間しか練習しませんし、今までロードバイクに乗ってしまうと、そんなにトイレに行かなかったことを思い出しました。
なので、私は『ビブタイツ』を選ぶことにしました。

この5℃対応のビブタイツは、風が当たる前面には防風性に優れた素材が使われていて、風が当たりづらい部分は通気性が良い素材が使われていました。
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

裾はファスナーがついていて、中には起毛素材が使われていました。
ビブタイツ

上下で着てみたところ、とってもあったかい!
これなら、いつでも外に飛び出していけそう!って思いました!

ただ東京の冬場での昼間の気温は10℃前後。
昼間に5℃対応のウェアは暑すぎるかな?と思いました。

重ね着で調節する方法もある

低い気温の時は暖かいタイプのものは、走り出す前から暖かくて良いのですが、体が温まってくると着ているのが辛くなりそう。
そこで重ね着で寒さを調節する方法もお聞きしました。

トップにウインドブレーカーを着て、中のインナーやジャケットで温度調節する方法。
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

ロードバイクに乗っていると風はつきもの。
その風を遮ることができれば、寒さの大半はクリアしたようなもの。
風を通さないウインドブレーカーを着て、インナーをトレーニングを始める前は厚着で、体が温まってきたら脱いだりと臨機応変にできます。

ロードバイク用のウインドブレーカーなので、通気性もよく、背中にも使いやすいポケットもあり、レースでもトレーニングでも良さそうです。
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

そして、このウインドブレーカーの良いところはピンクの差し色。
私のCannondaleのロードバイクにもヘルメットにもピンクが入っていて、トータル的にファッショナブル!
気に入りました!

ファッション的に考えるとということで、ボトムスに黒のビブタイツを選んだとすると、肩と腕は別色でジャケット下部分に黒が使われているジャケットとの組み合わせもおしゃれ!と提案していただきました!
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング
ただ防寒だけではなく、ファッション的に楽しむこともできるんですね!
これは楽しいご提案でした!

冬の防寒用手袋

手袋は、ただ着けていれば暖かいと思っていたんですが、防寒用のものでないと寒すぎるそう!
ロードバイクは末端から冷えていくそうで、冬用の手袋は必須なんだそうです。
そこで手袋選び!
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

冬の防寒用手袋はモコモコで暖かい!
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

こんなに暖かい手袋はいるの?と思っていたところ、冬場はこれでも寒く感じることがあると教えていただきました。

でも暖かすぎると思った時に温度調節ができないのもウェアと一緒。
手袋の中にする保温用のインナー手袋を使い、少し薄手の手袋を使うのも良いと教えていただきました!
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング
インナー手袋なんて、あるんですね!

また、変わり種の手袋もありました!
冬の防寒用手袋
左はクジラみたいですね(笑)。
でも指が一緒に入っていると、より暖かいです!
寒がりなサイクリストさんには、オススメです!

シューズカバーも大事!

冬にロードバイクを乗っていると、とにかく末端が冷えるそう。
手の指先や足先!
運動しているのに?と思いましたが、冬にロードバイクに乗ると指先や足先がやられ、しもやけのようになると教えていただきました!
冬の寒さは強烈ですね!
そこで手袋同様に大事なのがシューズカバー。
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング
レインカバーなら見たことはありましたが、防寒用のカバーは初めて見ました!

特につま先が寒いということで、つま先だけのものもありました。
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

私が選んだロードバイク冬装備

いろいろとアドバイスしていただき、最終的に私がいいなぁって思ってチョイスしたのはこちら!
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング
ヘルメットやロードバイクと同じピンクが入ったウインドブレーカーと10℃対応のビブタイツ、ウィンターライト グローブとインナー手袋、つま先だけのシューズカバーです。

保温性の高いものは、体が温まったり、暖かい日にはきついかな?と思い、自分で重ね着することで温度調節することにしました。
ビブタイツも東京の冬の昼間の平均気温が10℃くらいというので、5℃のものではなく、少し薄めのものにしました!

ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

ロードバイクを始める時には夏物を一式揃えていただいたのですが、その時はロードバイクに乗っていなかったので何が何やら本当に分からなかったのですが、今はロードバイクに乗っている状態も分かってきたので、自分なりにアドバイスを理解し、選ぶ時には自分の思いも伝えられました!
自分でも成長したなぁと思いました。

それにしても、冬でも快適にロードバイクに乗れるウェアや装備品って充実しているんですね!
見ていると、あれこれ欲しくなります(笑)。

冬でも雨の日でもロードバイクに乗れるローラー台はZWIFTができるものに!

ありがたいことに、ローラー台もご提供いただけることになり、ローラー台も選んできました!
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

実は、少し前にオンライン上の仮想空間でライド体験ができるZWIFT(ズイフト)を見る機会があり、一人で黙々とローラー台でトレーニングをするよりも常に誰かと走れるかもしれないZWIFTに興味を持ちました。
どうしてもZWIFTをしたかった私は、ZWIFTのできるものをということでお願いしました。

ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

現在、ZWIFTに対応できるものがお店にはなかったので、お取り寄せしていただくことに!

私がお願いしたのは、イタリアのサイクルアクセサリーのブランドELITE(エリート)のもの。
ローラー台では有名なメーカーだそうです。
ELITEのローラー台(私が注文したものとは違う)が店頭にもありました。
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

これは楽しみですね!
届きましたら、セッティングや使い方などもレビューしたいと思います。
お正月はZWIFTでトレーニング三昧です!

今回、私の頭にはZWIFTしかなかったのですが、ワイズロード池袋本館さんには、私では絶対に使えないだろうと思われるローラー台もありました。
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング
絶対に使えないと思ったので、よく見てこなかったのですが、壁などを使ってロードバイクに乗り練習するそうですが、このローラー台に乗れるようになるまで時間がかかりそう!
というか一生乗れないと思います!なので却下ですね(笑)。

後輪をローラー台に乗せた時に前輪の高さのバランスをとるグッズもありました。
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング

ロードバイクのローラー台と言っても、たくさんの種類があり、使い方もいろいろ。
ただトレーニングするだけではなく、フォームを直したりと、ローラー台の役割も大きいようです。
ローラー台は家の中でもトレーニングできるし、今回ZWIFTも使うので、ロードバイクを選んできた時のようにワクワクしています。
家にすぐにトレーニングできる環境ができるのは、本当に楽しみです!

冬でもロードバイクを楽しめるアイテムを見てきた感想

まずは想像以上にロードバイクの冬のウェアが充実しているのには驚きました!
ロードバイク 冬 ウェア トレーニング
5℃に対応しているウェアは本当に暖かくて、室内では暑すぎるほどでした。
また、可愛いデザインのものもあったりで、見ていても飽きないし楽しいですね!
真冬でもロードバイクを楽しめる秘密を知ったような気分です。
素敵なウェアは冬でも外でロードバイクに乗りたくなりますね。

そしてローラー台の種類の多さにも驚きました!
ローラー台はロードバイクを支えておくものくらいの認識でしたが、負荷がかけられたり油圧式や磁気式とバラエティー豊富!
私はZWIFTが1つの目的だったので、割とすぐに絞られましたが、漫然とローラー台と言っても選択が難しいですね。
とても勉強になりました!

とにかく、真冬でもロードバイクを楽しめるウェアやローラー台などが豊富で驚きました!
実は寒くて12月からロードバイクに乗れていませんでした。
これで、私もロードバイクの練習を再開できます!
100km目指して、頑張りたいと思います!

今回もワイズロード池袋本館の井澤さんには、たくさんのアドバイスをいただき本当にお世話になりました!
ありがとうございました!

■ワイズロード池袋本館(Y’sRoad Ikebukuro honkan) 詳細
住  所 東京都豊島区東池袋1-27-8 原ビル3F
電話番号 03-5992-4690
営業時間 月~金/12:00~20:00 土日祝/11:00~20:00
定休日  なし
HP    ワイズロード池袋本館(Y’sRoad Ikebukuro honkan)

【関連リンク】
株式会社シマノ
ワイズロード池袋本館(Y’sRoad Ikebukuro honkan)

スポンサーリンク

twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする