愛車に名前をつけると愛おしさが増すね!『#クルマを名前で呼ぼう』キャンペーンに参加【PR】

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

私が愛してやまない愛車『ランドクルーザー80』のTOYOTAさんが、10月25日(水)から愛車の名前をTwitter上で募集する『#クルマを名前で呼ぼう』キャンペーンを実施中です。
私もキャンペーンに参加して、ランドクルーザー80に『ランラン』と名付けました!
今までは他の車と区別するのに家族の中では『ランクル』と読んでいましたが、『#クルマを名前で呼ぼう』キャンペーンのことを知り、長い付き合いで私にはなくてはならない相棒なのに名前をつけてなかったことにドキッとしました。
もっと愛着のわく名前をと考え、呼びやすいことも加味し、ランドクルーザーのランから『ランラン』と名付けました。

クルマを名前で呼ぼう

TOYOTAさんは、10月27日から開催している『第45回東京モーターショー2017』で
人工知能を搭載した、人とクルマがパートナーの関係になる『未来の愛車』を具現化したコンセプトカー『TOYOTA Concept-愛i』シリーズ
を展示しています。

『TOYOTA Concept-愛i』シリーズは、新開発の『YUI』(AI技術で人を理解し記憶を継承する機能を持つエンジン)を搭載した車。
クルマに人格が宿るという未来の車。
車が物体から人のような存在なるという、未来が現実になったんですね!
ぜひ、見たいです!

『#クルマを名前で呼ぼう』キャンペーンは、『TOYOTA Concept-愛i』シリーズにちなんだものですが、なんにでも名前をつけると愛着が湧くものです。
愛着が湧くと大切に扱うようになり、結果長持ちします。
車に名前をつけることで、車を大切に思うようになり大切にし、運転にも優しくなりそうですね。

車は私にとってはなくてはならない相棒。
今回のキャンペーンを知り、今までは名前をつけることは思いもよりませんでしたが、確かに名前をつけることでより愛着を感じて、より大切にしたくなります。
より、相棒感が増しました!

愛車ランドクルーザー80『ランラン』との出会い

18才で車の免許をとってから、なくてはならない車。
車無しでは生きていけません。
移動が便利なのはもちろん、車内空間が好きだし落ち着きます。
車に乗り込む瞬間が、ホッとする瞬間です。

ランドクルーザー80

今、メインで乗っているのはTOYOTAさんのランドクルーザー80。
新車でうちに来てくれてから20年以上。
家族でのお出かけはもちろん、子供の習い事の送迎や買い物など、私の生活を手助けしてくれる大切な相棒です。

ランドクルーザー80との出会いは、当時一人っ子だった長男にトイプードルをねだられ迎入れたことから始まります。
デパートのペットショップで長男が一目惚れしたトイプードル。
あまり大きくならないとの説明でしたが、朝起きるたびにドンって感じで大きくなっていき、5kgくらいになりました。
これくらいになるとペットキャリーでの移動は大変です。
そこで車を東京でも置こうということになり、車種選びに入りました。

私は結婚後も実家のある新潟へは月に2回以上新幹線で行っていました。
車で行くとなると、懸念されるのは冬の雪。
四駆にすることは決めていて、なんとなくTOYOTAさんのハイラックスサーフにしようということで、家まで来ていただいた東京トヨタさんの営業さんと決めていました。
ハイラックスサーフを迎える喜びを胸に、当時東池袋にあったTOYOTAさんの展示ショールーム・アムラックス(AMLUX)でサーフを見ていると近くにランドクルーザー80が!
ついでに乗ってみるかって感じで乗ってみると(こっちの方がいい・・・)ってわけで、急いで営業さんに電話して車種の変更をお願いしました。

ランドクルーザー

納車の時は、鮫洲までお迎えに行きました。
今はあるのか分かりませんが、TOYOTAさんの新車が船で運ばれ陸上げされ、それぞれの販売店に行く前にチェックするところだったような記憶があります。
当時はABS(アンチロック・ブレーキ・システム)もオプションで、その他いろいろとお願いしていて、鮫洲の方も「こんなにオプションがついた車は珍しい」と言われるほど。
車選びってオプション選びも楽しいですよね!
ついつい、あれもこれもってつけてしまいました(笑)。

とはいえ、車って車検をきっかけに乗り換えることが多いですよね。
私もこんなに長い付き合いになるとは、思いもよりませんでした。
長い付き合いとなった理由のひとつは、新しくなったランドクルーザーのスタイルよりもランドクルーザー80のスタイルがすっきりしていて好きだから。
古くなった部品を交換しつつ、今も元気にパワフルに走ってくれます。
ランドクルーザー80の先輩のランドクルーザー60を見るたびに、(我が家の80も若造だなぁ)って思い、まだまだ一緒にいれると思っています。

そして長く乗って行くと、思い出もたくさん。
車を買うきっかけとなったトイプードルも老衰で天国へ行き、ランランが来た後に生まれた次男も高校生。
家族の成長を見守り続けて、そして子供達が育った今では一人で乗ることが多くなりました。

ランラン

また、ブロガー仲間と工場夜景を撮りに行ったり、ブロガー活動にもお供してもらっています。
そして今年から始めたロードバイクを載せるにも楽チン。
私のライフスタイルが変わっても、いつも助けてくれます。

ランドクルーザー

ランドクルーザー80に『ランラン』と名付けてから

車体が大きいので、以前から本当に頼りにしています。
パワーがあるので長距離を走っても疲れも少ないです。
どちらかというと『こき使う』という感じでした。
ところが『ランラン』と名付けた途端、擬人化され、長距離を走るときも休憩を以前よりもいれるようになりました。
(ちょっと休もうか)
なんて思いながら。

名前をつける前は、本当にモノとしての車でした。
命を預けている車なのに、心を寄せようとはしなかったように思います。
でも名付ける前から、乗ると私に安心感を感じさせてくれて、ほっとした気持ちにしてくれていました。
不思議ですね。
もしかしたらランランはすでに心を持っていて、私が乗り込むと安らぎを感じさせてくれていたのかもしれません。

今回のキャンペーンは、ランランがすでに心を持っていて、それを私に気づかせるためとか?なんて思いました。
ランランと出会った時は、こんなにも長い付き合いになるとは思いもよりませんでしたが、今では離れられない関係です。
一緒に子育てし、愛犬たちとも楽しい時間を過ごし、そして子供達が育っても私に寄り添ってくれている。
気がつけば、お互い年はとったけど、まだまだ現役!
一緒にこれからも楽しみたいねー!

『#クルマを名前で呼ぼう』キャンペーン 詳細

『#クルマを名前で呼ぼう』キャンペーンは、『第45回東京モーターショー2017 トヨタ特設サイト』上に開設されています。

▶︎ 第45回東京モーターショー2017 トヨタ特設サイト

■募集開始日 2017年10月25日(水)AM11:00より

■参加方法
サイトにアクセスし『クルマの名前をツイートする』ボタンをクリック。
投稿画面から愛車の名前をツイート。
他の方の愛車の名前を見ることもできます!

愛車に、名前をつけることで、新たな愛着も感じられ、より車が愛おしくなりました!
私のランランにはAI技術はもちろん搭載されていませんが、心が通じるかのような愛着を感じるようになりました!
車を大切にする気持ちは安全運転にもつながるように思います。
皆さんも、この機会にぜひ愛車に名前をつけてみませんか?