JVCケンウッド新型AVナビ『TYPE M』やドライブレコーダーは私のカーライフをきっと変えてくれる!【PR】

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

先日の株式会社JVCケンウッド新型ナビ発表会で見た最新のAVナビゲーションシステム『ケンウッド 彩速ナビ TYPE Mシリーズ』。
まるでスマートフォンを操作しているかのような馴染みやすい操作性や、連携できるドライブレコーダーとETC車載機で今までの自分の車が生まれ変わるような楽しさを感じました!
今やナビはナビだけでは終わらない時代!
拡張性のあるナビシステムは便利であると同時に、車内を自分のための特別な空間にしてくれるように感じました。
自分の車を『ケンウッド 彩速ナビ TYPE Mシリーズ』を中心とした快適なドライビング空間にしたくなりましたよ!

ケンウッド 彩速ナビ TYPE Mシリーズ 比較

今回発表された『ケンウッド 彩速ナビ TYPE Mシリーズ』は3機種。
大画面8V型の『MDV-M805L』。
フルフラットで200mmワイドモデル『MDV-M705W』。
180mmの『MDV-M705』です。

彩速ナビTYPE Mシリーズ MDV-M805Lの特徴

何と言っても8V型の大型モニター。
地図が細部まで見やすく、地デジやDVDなどの映像も大画面で楽しめます。
JVCケンウッド 新型ナビ発表会
地図上の文字やアイコンなども大きく表示されるので、確認もしやすいです。

フルフラットで200mmワイドモデルのMDV-M705W

車という狭い空間の中だと、ちょっとした出っ張りが気になることがあります。
3機種の中で、唯一フルフラットのMDV-M705W。
JVCケンウッド 新型ナビ発表会
液晶の中に浮かび上がるボタンは認識しやすく、私は他の機種よりも感覚で触れたように思います。
AndroidのスマホのほとんどはHOMEボタンも液晶画面の中ですもんね。
ナビがよりスマートになった印象を感じました。

ケンウッド 彩速ナビ TYPE Mシリーズ 共通する特徴

液晶の大きさやボタン操作以外は同じ内容でした。
どれも70周年記念モデルとして高画質で高速レスポンス、音源もハイレゾに対応し、最先端を行くナビでした。
今までのシリーズにない機能もあり、よりドライブを快適にしてくれるものが追加搭載されています。

追加された新しいINFOウィンドウモード

今までもINFOウィンドウモードでドライブ中の必要な情報を表示していましたが、TYPE Mシリーズではエンターテイメント的に表示し、より受け取りやすくなりました。
そして、新たに
・渋滞情報
・速度履歴
・高速道路施設情報
・交差点案内(ルート案内中のみ表示)
・ルート情報(ルート案内中のみ表示)
・ルート上の天気予報(天気予報の表示にはKENWOOD Drive Infoが必要)
・AVビジュアライザ1
・AVビジュアライザ2
が搭載されました。

ハイレゾ音源をBluetoothで転送するLDACを搭載

彩速ナビTYPE Mシリーズには、ワイヤレスでハイレゾ音源を高音質で転送する高音質コーデック『LDAC』が搭載されています。
ワイヤレスはコードが邪魔にならず、車内もスッキリですね。

JVCケンウッド 新型ナビ発表会

ドライブレコーダーをフロントとリアで同時録画

今までドライブレコーダーはフロントのみというイメージでした。
TYPE Mシリーズは、今回同時に発表されたドライブレコーダー『DRV-N530 フロント用』『DRV-R530 リア用』を組み合わせることで、フロントとリアの同時録画ができます。

JVCケンウッド 新型ナビ発表会

事故などの万が一の事態は前方だけではないですもんね。
追突やバックの失敗なども録画できるのはありがたいですね。

リアのドライブレコーダーは、車内が人や荷物でいっぱいになり後方確認が難しい時も、バーチャルルームミラーとして後方確認に使えます!
これは便利!

スマートフォン用定額音楽配信アプリ『SMART USEN』に対応!

スマホで定額音楽配信アプリ『SMART USEN』を使われている人も多いでしょう。
その『SMART USEN』がTYPE Mシリーズで使えるのです。
ナビ画面から選曲もでき、私も実際に車の中で聞いてきたのですが、音もスマホで聞くよりもダイナミックになっていました!
さすが、音のケンウッドさんです!

安全運転をナビゲートしてくれる機能

今回、驚いたのは安全運転をナビゲートしてくれる機能。
私はしょっちゅう長距離を運転しているのですが、ついつい無理な運転をしてしまいます。
運転できる同乗者がいると、交代しようかと言ってくれたりするのですが、一人だと早く帰りたいあまり、無理しがちです。
TYPE Mシリーズでは、そんな私に注意を促してくれる機能があります。

■長時間運転を音声でお知らせしてくれるリフレッシュ通知
ルート設定後、2時間おきに音声で休憩を通知してくれます。

■スマートフォン置き忘れ警告
私もよくやる、車内でのスマートフォン置き忘れ。
車の電源を切った時、スマートフォンがナビにケーブルに接続されていると音声で知らせてくれます。

■目的地に近づくとボリュームダウン
ルート案内をしている時、目的地に近づくとボリュームをダウンさせてくれます。

■逆走案内
ニュースでも時々聞く逆走。
私も実際に見たことがあります。
逆走は身近な危険だし、自分もいつ標識を見誤り逆走するかもしれません。
画面表示と音声で警告します。

運転していると、やってはいけないのですが、ついうっかりということもあり、ヒヤリとします。
そんな時に警告してくれる機能は必要だと思いました。

昼夜や好みで変えられる3色パターン画面表示

JVCケンウッド 新型ナビ発表会
画質がとてもキレイな彩速ナビですが、地図画面表示が3パターンあります。
確かに夜も昼も同じ輝度だと見にくいです。
夜の暗い画面は、運転の邪魔になりませんね!

スマートフォン対応でより楽しみが広がる!

TYPE Mシリーズの特徴として、ワイヤレスでネットに接続できるBluetoothテザリングに対応しています。
これは他のZシリーズやLシリーズにはないもの。
スマートにネットが楽しめるわけです!

今回、彩速ナビTYPE Mシリーズについて話を聞いたり体験して、こんなにもナビが進化しているとは驚きました!
もはやナビゲーションと言うより、車の機能が大きくプラスされ、もう一つの快適空間を作ってくれるシステムのように思えました。
TYPE Mシリーズを車につけることで、今までの車が新車を迎えたような気分にさえなれるのではないかとすら思いました!
ぜひ、私の車にも『彩速ナビTYPE Mシリーズ』をお迎えしたい!

撮影した動画を無線LANで飛ばせるドライブレコーダーDRV-W630も気になる!

今回、私の心をつかんだのはナビゲーションばかりではありません。
撮影した動画を無線LANで飛ばせるドライブレコーダー『DRV-W630』にグッときました!

JVCケンウッド 新型ナビ発表会

最近のSNSは動画の方が人気だそう!
写真よりも動画、それもより珍しい動画が『いいね!』ゲットの秘訣だそう。
とはいえ、日常ではそれほど珍しい動画は撮れませんよね。
でも運転していると、(動画に撮りたかった!)と思うことがしばしば。
ドライブレコーダーが欲しいと思っていました。

でも以前のドライブレコーダーの画質では、SNSに拡散しても画像としてはどうだろうと思っていました。
今回発表されたライブレコーダー『DRV-830』『DRV-W630』『DRV-630』は、フルハイビジョンの約1.8倍の高解像度WQHD(Wide Quad HD)3.7メガ記録モードを搭載しています。
その上、逆光やトンネルの出口などの明暗差が激しい環境でも白とびや黒つぶれしていない映像を記録してくれるそうです。

美しい動画が撮れれば、やはりSNSで拡散したい!
『DRV-W630』は、iOSでもAndroidでも使える専用アプリ『DSV Link』を使って直接スマホに転送できる無線LAN機能があります。
旅行やドライブへ行った時には、『DRV-W630』で撮った高解像度の美しい映像をリアルタイムでリア充自慢に使えそう(笑)。
InstagramやTwitterなどのSNSで動画や写真をUPしている人はチェックするべきドライブレコーダーだと思いました。

美しい画像はSNSばかりではありません。
まさかの事故やトラブルの時にも明瞭な画像は大切です。
防犯カメラの画像でも、もうちょっと見えてれば・・・というものがあります。
記録用としても、今回発表されたドライブレコーダーは欲しくなりました。

『DRV-830』『DRV-W630』『DRV-630』は、撮影するだけではありません。
『運転支援機能』を搭載しています。
最近は自動運転のニュースでよく見る『前方衝突停止』機能までは行きませんが、『前方衝突警告』機能が搭載されていて、
前方の車との距離を検出してくれ、安全な距離が保たれていないと警告音で知らせてくれます。

車線からはみ出した時には警告音で知らせてくれる『車線逸脱警告』や、信号が変わったことに気づかず停止したままの時などは『発信遅れ警告』もしてくれるなど、安全に運転するための機能まであるとは驚きました!
ドライブレコーダーとしても、もちろん使いたいと思いましたが、ロングドライブをする私は『運転支援機能』も、とても魅力的でした!

JVCケンウッド新型AVナビをはじめとする新商品の感想

今回、JVCケンウッド新型ナビ発表会で新商品『TYPE Mシリーズ』を見るまでは、これほどまでナビゲーションシステムが進化しているとは思いませんでした。
ナビならスマホでいいと思っていた私ですが、ナビだけでは止まらない多機能と拡充性。
高画質で高音質。
操作性も普段使い慣れているスマホと感度も違わず、ストレス無く使えます。
今はかなりの人がスマホ利用者なので、液晶画面での操作は感覚的にできるナビは、とても使いやすいと思いました。
体験ゾーンで説明をお聞きしながら触らせていただいたのですが、本当に欲しいものや便利なものが搭載されていて、まさに隙のない商品!
『ケンウッド 彩速ナビ TYPE Mシリーズ』は、70周年『記念モデル』としての心意気が伝わってくるAVナビでした。
すぐにでも自分の車につけたくなりましたよ!

ケンウッド AVナビ

そしてカーナビはナビで止まっている時代では無いという実感。
ドライブを楽しむ、車内空間を楽しむツールとして新たな時代を進んでいくのだと思いました。

月に数回、600km以上を走る私ですが、慣れている道だからナビは必要無いと思っていました。
けれども今回『TYPE Mシリーズ』や新商品のドライブレコーダーを見て、運転を楽しいものに、そしてより安全にするものがあることを知るきっかけができて良かったです。

これを機会にナビかドライブレコーダーを車につけようと思いますが、『TYPE Mシリーズ』にするか、撮影した動画を無線LANで飛ばせるドライブレコーダー『DRV-W630』でスマホを使いリア充自慢をするか悩みます。
両方という手もありますね(笑)。

株式会社JVCケンウッド新型AVナビゲーションシステム『ケンウッド 彩速ナビ TYPE Mシリーズ』はスペシャルサイトでご覧ください。
▶︎ 彩速ナビ スペシャルサイト

ケンウッド『70周年記念キャンペーン』が始まります!

10月17日より、ケンウッド「70周年記念キャンペーン」が始まります!

JVCケンウッド 新型ナビ発表会

まずは、キャッシュバックキャンペーン。
対象の彩速ナビとオプション品を組み合わせて購入した応募者全員に最大20,000円がキャッシュバックされます!
キャンペーン期間は、12月31日(日)までで、応募は2018年1月10日(水)当日消印有効。

その他、抽選のものや6つものキャンペーンが始まります!
ケンウッド『70周年記念キャンペーン』のページはこちらです。
▶︎ ケンウッド『70周年記念キャンペーン』


twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする