【100kmライドチャレンジ】ロードバイクを初メンテナンス【PR】

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

納車から約1ヶ月半、チェーンにも汚れが目立ってきました。
そこで、ワイズロード池袋本館さんでロードバイクのメンテナンスについて、お聞きしてきました。

まずチェーンクリーナーでクリーニング

まずは、チェーンについた汚れをウエスで落とします。
ロードバイク メンテナンス

一通り汚れを取ったら、クリーナーを使います。
ロードバイク メンテナンス

クリーナーはスプレータイプのもの。
強力なクリーナーなので、チェーンやギア以外に付くと塗装が剥げたりタイヤに付くとスリップするので、慎重に扱います。
他の部品にクリーナーが付かないように、新聞紙やダンボールなどをカバーとして置きます。
ロードバイク メンテナンス

ポイントの一つとしては、クリーナーをかけた最初の場所を覚えておくこと。
チェーンは繋がっているので、どこまでクリーニングしたのか分からなくなりがちです。
チェーンにはよく見るとつなぎ目があります。
ロードバイク メンテナンス
ここを基点にするとわかりやすいですし、次にこれを見つけたらクリーニングの終了地点になります。

他の部品にかからないようにチェーンにクリーナーをかけて汚れを取っていきます。
ロードバイク メンテナンス
クリーナーをかけて、ウエスで拭き取るという作業です。

強力なスプレーなので他の部品に付けないようにするために、ギア部分はクリーナーを染み込ませたウエスで拭きます。
ロードバイク メンテナンス
リアギアは一枚一枚の歯でできているので分解して一枚づつでも拭けるそうです。

拭いていると、ウエスに固形物がつきました。
ロードバイク メンテナンス
ロードバイクのチェーンの汚れは、チェーンの油に付いた土埃が多いそうですが、中にはギアが削れた金属片もあるそうで、まさにその金属片が出てきました!
まだまだ新車と思っていましたが、酷使していますね。

クリーナーを付けてチェーンを回すと、今まで無かった汚れがギアに付きました。
ロードバイク メンテナンス
これはクリーナーで溶けた汚れ。
自分では見つけることができない汚れまで取れます。

それにしても1ヶ月半ほどでこの汚れとは!
ロードバイク メンテナンス
驚きでした!

今回は使用しなかったのですが、ブラシで汚れを落とすといいそうです。
これから乗って行くとどんどん汚れが蓄積されると思うので、ブラシも使っていこうと思いました。

チェーン用防錆潤滑剤

クリーニングの後は『浸透性チェーン用防錆潤滑剤』を使います。
いわゆる『オイル』を塗るという感じですね。

ロードバイク メンテナンス

チェーン用防錆潤滑剤も、丁寧に付けていきます。
ロードバイク メンテナンス

チェーン用防錆潤滑剤を付けてチェーンを回すとギアにも付けることができます。
ロードバイク メンテナンス
ハンドルに付いているギアチェンジでギアを変えながら前後のギアにチェーン用防錆潤滑剤を回していきます。
これは合理的ですね!

これでチェーン周りのお掃除は終わりです。
ちなみにチェーン周りのお掃除の目安は、乗る頻度や個人的に大切に扱いたい・もっとスピードを出したいという気持ちでも違うらしいのですが、2週間から1ヶ月に一度くらいだそうです。

フォーミングマルチクリーナーで全体をすっきり!

チェーン周り以外にも、本体全体に使えるクリーナーを教えていただきました。
ロードバイク メンテナンス

都会の住環境だと、水でバンバン自転車を洗うのは難しいです。
そこで水無しで使えるフォーミングマルチクリーナーを教えていただきました。

ウエスに付けてフレームを拭いたり、
ロードバイク メンテナンス

細かい部品が密集している部分にかけて汚れを浮き上がらせることができます。
ロードバイク メンテナンス
スプレー後拭き取る時、ウエスだと、なかなか届かないところは『綿棒』を使うと良いそう!
意外とこういうことって気がつかない私。聞いて良かった!

ブレーキとギアの微調整も!

ブレーキとギアの微調整も教えていただきました。
ブレーキとギアにはそれぞれ『つまみ』があって、調整することができます。
ロードバイク ブレーキ

こちらはギア。
ロードバイク メンテナンス

ブレーキもギアも、それぞれワイヤーで繋がれているので緩みます。
ちょっと回しただけで、かなり動作がよくなりました!

サドルをあげてもらいました!

ロードバイクに初めて乗った時、サドルの高さが怖かったです。
それで、私の本来のサイズよりも低めにしていただきました。
ところが、最近では長く乗っていると、もう少し高い方が乗りやすいと思うようになってきました。
ご相談して、サドルをあげていただきました。

ロードバイク メンテナンス

私のロードバイクはカーボン製です。
ちょうどいい締め具合があるそう。
それは、ビスのところに書かれています。
ロードバイク メンテナンス

調整しながら締める工具を使い、締めていただきました!
ロードバイク メンテナンス
こういうものもあるんですね!

ロードバイクのメンテナンスの感想

ある程度の距離を乗ったり、輪行をしたりで、ギアなどの調子が悪くなってきた印象があったんですが、メンテナンスをしたおかげで、問題が解決し乗りやすくなりました。

ロードバイク メンテナンス

自転車のメンテナンスというと布でゴシゴシ拭いて潤滑油を塗ってと専門家が行うイメージがありましたが、ロードバイク初心者の私でも簡単に使いこなせるグッズがあり、驚きました。

自分で自転車をメンテナンスするなんて、ロードバイクを乗る前は思いもよりませんでしたが、これからは定期的なメンテナンスを心がけたいと思いました!

今回、教えていただいたのはワイズロード池袋本館さんの神長さん。
ロードバイク メンテナンス
習う前は(私にできるんだろうか?)と心配でしたが、ロードバイクを「フライパン」になぞらえて分かりやすく教えていただきました。
フライパンは使った後すぐ洗いますよね。ロードバイクも乗った後にすぐのメンテナンスが必要なんです。
また、フライパンのキツい汚れには、専用の洗剤が必要です。ロードバイクも同じだとお聞きして、大切に乗ることと、適切なメンテナンスを行うことの大切さを実感しました。
神長さん、今回も本当にありがとうございました!

■ワイズロード池袋本館(Y’sRoad Ikebukuro honkan) 詳細
住  所 東京都豊島区東池袋1-27-8 原ビル3F
電話番号 03-5992-4690
営業時間 火~金/12:00~20:00 土日祝/11:00~20:00
定休日  月曜日(祝日は除く)
HP    ワイズロード池袋本館(Y’sRoad Ikebukuro honkan)

帰りにロードバイクに乗ると、来た時とは違う乗りやすさ!
思わず真っ直ぐ帰るのがもったいなくなり、10kmほど遠回りをして帰りました。
本当にメンテナンスは大切ですね。
これからもメンテナンスをして、いつでも乗りやすい状態にしていきたいと思います。

【関連リンク】
株式会社シマノ
ワイズロード池袋本館(Y’sRoad Ikebukuro honkan)
2017高島ロングライド100


twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする