赤いバラ100本ってどれくらいの量?買う方法は?

よく愛する人へのサプライズプレゼントに『赤いバラ100本』という話を聞きます。
実際に贈ったとか貰ったという人には会ったことがなく、あまりリアリティの無い話だと思っていました。
それに赤いバラ100本をいきなり買いに行っても、花屋さんも困るだろうし(笑)。
『赤いバラ100本』は話としては聞いたことがあっても、現実としてある話なんだろうか?と思っていました。
ところがですね、高品質なお花で有名な日比谷花壇さんでは『赤いバラ100本』を販売されていました!
『赤いバラ100本』の実物を見たのは初めて!

日比谷花壇

やはり、壮観です!
それでは詳しく見ていきましょう。

日比谷花壇さんで『赤いバラ100本』を注文すると、このような形で届きます。
日比谷花壇

ところどころに花が見えるようなパッケージになっているのは、運送業者の方に花であることを認識してもらい、丁寧に扱ってもらえるようにするため。
上から見ると、このようになっています。
日比谷花壇

カバーを外して、花を取り出します。
日比谷花壇

日比谷花壇

バラ100本ともなると、かなりの量です!
日比谷花壇

バラ以外の付属品は、
・品質カード
・お手入れのしおり(切花延命剤付き)
・コミュニケーションカード(お花のポストカード)
・品質上のトラブルの際の連絡先(お客様相談室)
です。

日比谷花壇

女性でも抱えられる大きさです。
バラ

これは、小ぶりなバラで構成されているからなんですって!
よく『抱えきれないほどの・・・』と言いますが、抱えきれないと本末転倒(笑)。
抱えられてこその『赤いバラ100本』の感動なんですよね。

日比谷花壇

そして香りがあまり感じられないのでお聞きすると、香りが少ないバラを選んでいるそうです。
バラを100本ともなると、香りも大変!
香りの強すぎる花束を持って、レストランなどの食事の場には行きづらいですもんね。

今回、日比谷花壇さんで100本のバラの花束を見せていただくまでは、ただ単にバラを100本を花束にするだけと思っていました。
バラの大きさや香りまで考えて花束を作っているとお聞きして、日比谷花壇さんの心配りで作られた『赤いバラ100本』は、日比谷花壇さんの愛も込められていると思いました。

そんな愛のこもった『赤いバラ100本』での愛の告白シーンは、こんな感じでしょうか?
日比谷花壇
一度はこんなシーンのヒロインになりたいものです(笑)。

プロポーズの時は108本です。
108という数字が『とわ』と読めることから、『永遠』をイメージする『とわ=108本』にするそうです。
日比谷花壇さんでは、100本バージョンも108本バージョンもあるので、ブロボーズに使いたい時は108本。
おまちがいなく!

ちなみに日比谷花壇さんでのバラの花束の値段は、
100本 → 54,000円(本体価格:50,000円)
108本 → 58,320円(本体価格:54,000円)

とはいえ、ここで現実に戻る私。
いきなり100本のバラを手にしたらどうしよう?
ご近所さんに配る? といきなり主婦になるわけです。
もちろん一生に一度100本ものバラをいただきたいとも思いますが、そんなにたくさんじゃなくっても・・・って思ったり(笑)
そんな私にぴったりな量のバラの花束もありました。

30本 → 19,440円(本体価格:18,000円)
50本 → 32,400円(本体価格:30,000円)
60本 → 38,880円(本体価格:36,000円)

30本でもすごい量ですよね!

赤だけではなく、ピンクバージョンもあります。
30本のピンクバラの花束 → 19,440円(本体価格:18,000円)

バラの花束はプロボーズや特別な日用のイメージですが、量をカジュアルにして、ちょっとした感謝の気持ちで贈れたら喜ばれるギフトになりそう!
やはり、バラって花の女王ですね!

バラ100本

というワケで、100本の赤バラの花束は日比谷花壇さんのHPからお取り寄せできます。
本数もパターンがあるので、用途に合わせて選べますね。

日比谷花壇さんの100本の赤バラの花束のHPはこちらです▶︎ 【日比谷花壇】100本の赤バラの花束「アニバーサリーローズ」

日比谷花壇_男の花贈り_誕生日_バラ


twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする