一人で設営できるテントがあれば私も女子キャンパーになれるかも!

最近、女性の一人キャンプが流行りなんだとか。
私は、若い時にキャンプへ行って、テントの設営が大変で、多分二度と行かないだろうというくらいのトラウマになりました。
それなのに、女性キャンパーが増えていると聞き、その秘密を知りたくなりました。

キャンプといえばテントは必須。
少なくとも寝場所は確保しないといけません。
そのテントが問題だと思っていました。
ところが、私でも設営できるテントがありました!
空気を入れるだけで設営できるテントです。

デカトロン テント キャンプ

今回、モニター使用させていただいているのですが、ちょうど出かける予定の日が雨で断念。
キャンプはまだ行けてないのですが、広げて体感してみました。

Quechua エアーテント AIR SECONDS XL FRESH&BLACK 詳細

届いた時、あまりのコンパクトさに驚きました!
デカトロン テント キャンプ

これでテントになるの?
と思うほど!
車に乗せても場所をとりません!

デカトロン テント キャンプ

広げて見ました。
テント

このままでは、何が何だか分かりません。
デカトロン テント キャンプ

このテントは空気を入れることで、柱ができ立ち上がります。
デカトロン テント キャンプ

空気入れは、ホームセンターなどでも買えるモノで使えました。
今は夏のビニールプールや浮き輪などとともに販売されていますね。

空気を入れると、どんどん出来ていきます!

これなら、私でもテントが設営できます!
デカトロン テント キャンプ
超、簡単!

出来上がると、このテントが細部に渡って考えられて作られているものだと分かりました。
デカトロン テント キャンプ

出入りできる部分が二重になっているんです。
今は夏なので必要ないかと思いますが、寒くなった時とか、高度が高いところでキャンプをする時は寒いので重宝しますね。
私のキャンプでのトラウマの一つは寒かったこともあるので、夏場でも寒さ対策は大切ですね。

また、それぞれのジッパーについている紐の色が違うのも使いやすいです。
デカトロン テント キャンプ

内側は網戸のようにも使え、換気しながら虫よけにもなります。
デカトロン テント キャンプ

テント内は遮光が完璧で、昼間でも暗いです。
デカトロン テント キャンプ
テントを設営する場所は、起きている時は明るい方がいいのですが、寝る時に明るすぎて失敗することがあります。
これなら、夜もゆっくり寝られそう!

そして気になる後片付けですが、設営同様の簡単さ!
空気を抜くだけで、ペッシャンコになります。

空気は、赤い部分を回すと簡単に抜けます!
デカトロン テント キャンプ

誰かに助けを求めなくっても、簡単に撤去出来ます。

あとは、畳むだけ!
デカトロン テント キャンプ

空気をよく抜いて、丁寧に畳まないとケースに入らないのですが、70lくらいの袋を持参していけば車なら簡単に持って帰れます。
空気を抜いてから、5分もあれば撤収出来ます!
これは簡単!

使い方はケースの中にも図があり、縫いこまれていて無くなる心配がありません。
デカトロン テント キャンプ

細部に渡って心配りされた優しいテントなので、キャンプビギナーや女子キャンパーでも使えると思いました!

今回は、雨のためキャンプには行きそびれて使っていなかったんですが、固定する部品もついています。
デカトロン テント キャンプ
簡単に使えますが、本格的なテントでした!

まだまだ暑くキャンプシーズンは終わらないので、ぜひこのテントを持って、キャンプのリベンジをしようと思います。
私も女子キャンパーになれそうですね。

今回モニターさせていただいたテント『Quechua エアーテント AIR SECONDS XL FRESH&BLACK』の公式HPはこちらです。
▶︎ Quechua (ケシュア) エアーテント AIR SECONDS XL FRESH&BLACK 3人用
icon

Decathlon/デカトロン日本公式サイト

リンクシェア レビュー・アフィリエイト


twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする