BenQの最新アイケアディスプレイ『EW2770QZ』でアイケアの重要性を知る【AD】

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

取材やイベントがなければ、一日中パソコン画面を見ている私。
起きているうちは目を酷使していると言っても過言ではありません。
目薬を傍に記事を書いています(笑)。

そんな私が気になっていたBenQさんの液晶ディスプレイ。
目に優しい・画面がキレイと周りのブロガーさんにも好評です。
いつか使ってみたいと思っていたところ、今回発売前の新製品を体験させていただきました!

BenQ 27インチ液晶ディスプレイ EW2770QZ

この液晶ディスプレイは『EW2770QZ』。
使ってみると想像以上に見やすく、パソコンを使い続けているパソコン使いのプロとでも言えるブロガーさんたちが思わず買ってしまう!という気持ちが分かりました!

BenQ アイケアディスプレイ EW2770QZ セッティング

EW2770QZのセッティングは、とっても簡単でした!
工具は全く使いませんし、フィーリングでも出来る感じです。

台座にスタンドを差し込み、
EW2770QZ

ネジをシッカリ絞めます。
EW2770QZ

出来上がったら液晶ディスプレイにセッティング。
EW2770QZ

その際も差し込むだけという簡単さ!
カチッという音でしっかり入ったことが確認できます。
工具を使わないのはありがたいですね!

ディスプレイを組み立てたあとは、コードを差し込みます。
電源コード。
BenQ 27インチ液晶ディスプレイ EW2770QZ

HDMI出力。
BenQ 27インチ液晶ディスプレイ EW2770QZ

コードは、この◯の中を通すとスッキリしますね。
BenQ 27インチ液晶ディスプレイ EW2770QZ

とってもスタイリッシュな液晶ディスプレイです!
BenQ 27インチ液晶ディスプレイ EW2770QZ

私はMacBook Airに繋いだんですが、その際『Mini DisplayPort』からHDMIにつなぐ『HDMI変換ケーブル』を使いました!
HDMI変換ケーブル

これをMacBook Airに差して完了!
Macを立ち上げると、同じ画面が『EW2770QZ』に!
BenQ 27インチ液晶ディスプレイ EW2770QZ アイケアディスプレイ

Macで見ているよりも、全然キレイだし大迫力!
BenQ 27インチ液晶ディスプレイ EW2770QZ
同じ写真を見ているとは思えません!
画面も滑らかですね!

あっという間に使えるようになり、すっかり忘れていましたが、日本語設定はしたほうがいいですね。
設定は背面にあるボタンで行います。
ボタンは画面に表示されるものと対応していました。
この表示を出すのは、どのボタンでもできました。
BenQ 27インチ液晶モニター EW2770QZ
表示された画面を見ながら、後ろのボタンを押します。

日本語にする設定は、Menuのボタンを押します。
BenQ アイケア

するとこのような表示が出ます。
BenQ

『V』と表示されたボタンで『System』を選び、以下のように選んでいきます。
System

OSD Settings

Language

日本語

BenQ ディスプレイ
『日本語』を選ぶと、全体が日本語に変わります。

BenQ ディスプレイ

『日本語』を選んだまま水色の『✔️マーク』のボタン押したら設定完了です。
日本語にすると、とっても使いやすくなります!
必須ですね!

パソコンをディスプレイに繋いだら音もディスプレイで設定します。
音の設定はオーディオから設定します。
BenQ ディスプレイ

BenQのアイケアディスプレイ『EW2770QZ』のセッティングは組み立てもディスプレイの設定も簡単で、簡単に使い始められるのがとってもいいと思いました!

EW2770QZのアイケア機能

最近では『フリッカーフリー・ブルーライト軽減』などをうたう液晶モニターは当たり前になってきましたが、フリッカーフリーを最初に始めたのがBenQさん。
今回発売されるBenQ アイケア液晶ディスプレイ『EW2770QZ』は、さらによりアイケア機能に踏み込んだモデルだそうです。

フリッカーフリーとは、ディスプレイの画面のちらつき(フリッカー)が発生しないこと。
フリッカーは、肉眼ではあまり分かりませんが液晶画面をスマホで撮影した時に写ることがあります。
左が元の写真で、右がパソコン画面に写した写真をスマホで撮影したものです。
BenQ フリッカーフリー

右側の写真に格子状のフリッカーが写っています。
これは肉眼では見えないのですが、パソコンの画面では実在しています。
『フリッカーフリー』とは、このフリッカーを発生させないことです。
フリッカーは肉眼では見えにくいですが、目の疲れや頭痛や肩こりの原因となりがちだそうです。
目にストレスを与えるんですね。
でも、実際にはフリッカーを見ているという自覚がありません。
フリッカーを見ないようにするには『フリッカーフリー』の液晶を使うしかないんですよね。
BenQ アイケア液晶ディスプレイ『EW2770QZ』は、『フリッカーフリー』のパイオニアが作った最新モデル。
『フリッカーフリー』の最先端とでも言えるのかもしれません。

ブルーライトはパソコンやスマホなどからも出る青い光で、波長が380nm(ナノメートル)から500nmと紫外線に近い強いエネルギーの光です。
紫外線は怖いと認識しているんですが、ブルーライトはあまり怖いという実感はありません。
ブルーライトを寝る直前まで浴びていると眠れなくなったり、網膜まで届くブルーライトの光は目にダメージを与えるそうです。
『EW2770QZ』は、ブルーライトの設定もできます。
BenQ ブルーライト
使うシーンによって設定すれば、余計なブルーライトを浴びることがありません。

明るさの違いは動画でご覧ください。

『EW2770QZ』を使っていると、目が疲れないような気がします。
一日中と言っていいほどパソコンかスマホの液晶画面を見ている私は、『EW2770QZ』のアイケア機能はとっても魅力的でした!

様々な室内の照明環境でも目の疲れを削減することができる

『EW2770QZ』には、『ブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+:Brightness Intelligence Plus)技術』がついています。
BenQ

『ブライトネスインテリジェンスプラス』は、室内の照明環境を察知しディスプレイに表示されたコンテンツの輝度および色温度を自動的にバランスよく調整する機能です。
ディスプレイの正面にセンサーが付いています。
ブライトネスインテリジェンスプラス センサー

『EW2770QZ』は、『ブライトネスインテリジェンスプラス』で目の疲れを削減してくれることもポイントです。
『ブライトネスインテリジェンスプラス』は、室内環境照明の色温度が高い時には(晴天時など)、ディスプレイの LED ライトが暖色系の黄白色に発光するそうです。
色温度が低い夕方や夜などは、寒色系青みを帯びた白に LED ライトが発光されます。
色の変化はとても自然です。
自然に変わっていきます。

私が持っている『BenQ LEDデスクライト WiT Eye-care』で、実験してみました。
『BenQ LEDデスクライト WiT Eye-care』は、色温度と輝度の切り替えが出来るディスクライト。
暖色系と寒色系の使い分けも簡単です!
ディスクライトとは言え、リビングのインテリアや照明にも使えるのも気に入り購入しました。

WiT Eye-careを『EW2770QZ』の前に置き、暖色系と寒色系のライトを当ててみました。
BenQ ディスプレイ

見ていただきたいのは『EW2770QZ』の画面。
周りのライティングがこんなにも変わっているのに、画面の色の変化は私には確認できないほど!
どんな状況でも『EW2770QZ』の画面表示は変わらないんですね。

家庭でディスプレイを使う時は、照明がパソコン作業用に適したものかは分かりません。
でもディスプレイ側で判断してくれて、目に優しい使いやすい状態にしてくれる『EW2770QZ』の『ブライトネスインテリジェンスプラス』は、嬉しいですね!

BenQ アイケアディスプレイ EW2770QZ 詳細

大きさ 27型
アスペクト比 16 :9
解像度 2560 x 1440
パネル IPS方式(視野角による輝度変化や色変化が少ない)
段差のないフラットな4辺ウルトラスリムベゼル
域カバー率100% sRGB/Rec.709 対応
広視野角 178°/178°
応答速度 5ms GTG(中間諧調)
主な特徴 ブライトネスインテリジェンスプラス
(B.I.+:Brightness Intelligence Plus)
技術搭載で最高級品質の画像を実現。
ブルーライト軽減機能フリッカーフリー技術搭載

本体には、
・DisplayPort 端子x1
・HDMI 1.4 端子x2
・ヘッドフォンジャック
・スピーカー (2Wx2)
アクセサリとして、
・電源コード (1.5m)
・HDMIケーブル (1.5m)
がついていました。

BenQ アイケアディスプレイ EW2770QZを使ってみた感想

今までディスプレイを使うメリットは、ただ単に大きく表示することだと思っていました。
ブログ書くくらいならディスプレイなんて要らないって思っていました。
今回、発売前の『BenQ アイケアディスプレイ EW2770QZ』を使わせていただき、『EW2770QZのアイケア機能』で、パソコンだけで作業しているよりも疲労感が少ないように感じました。
『フリッカー』や『ブルーライト』の存在は今まで実感するすることが少なかったんですが、『EW2770QZ』を使ってみて、確実に私に影響していたんだなぁって思いました。
今回、『フリッカー』や『ブルーライト』を自分で実感できて、本当に良かったと思いました。

BenQ 27インチ液晶モニター EW2770QZ

また、明かりがどんな状況であれ、画面の状態は見やすいのも便利ですね!
私はパソコンを持ち歩き、いろんなところで作業するんですが、音より照明が気になります。
音はイヤホンで外の音をシャットアウトできますが、光や照明は自分の力ではどうにもできません。
そんな時に、どんな状況でも常に目にいい状態にしてくれる『BenQ アイケアディスプレイ EW2770QZ』があると最高だと思いました。
(EW2770QZを持ち歩くわけにはいきませんが 笑)

今までは、ディスプレイは表示された画面の美しさが選ぶ基準でした。
今回『EW2770QZ』を使わせていただいて画面の美しさは当然のこと、プラスαで『目に優しい環境』を提供してくれるディスプレイ、は重要だと思いました。
これからどんどん年を重ねると目も弱ってきます。
1日でも長く目を健康にしておくためにも、目に優しいディスプレイは欲しいと思いました。

スリムでスタイリッシュなのもポイント高いです!
BenQ モニター

ぷっくりとスリムを保ちながらも膨らんでいるのも高級感がありますね!
仕事場でもおしゃれなものは、仕事のテンションをあげてくれますね。
『BenQ LEDデスクライト WiT Eye-care』に引き続き、BenQさんのディスプレイのファンになっちゃいましたよ!
どうしましょう。
BenQ製品が増えるフラグ!?!
BenQの最新アイケアディスプレイ『EW2770QZ』の発売日は7月14日(金曜日)。
価格は6~7万円だそうです。

私も使ってみてパソコン作業が楽になると実感した『BenQ アイケアディスプレイ EW2770QZ』につきましては、公式HPでご覧ください!
▶︎ BenQ アイケアディスプレイ EW2770QZ

私が購入した『WiT Eye-care(ウイッツ アイケア照明) デスクライト』は、こちらをご覧ください。
▶︎ WiT Eye-care(ウイッツ アイケア照明) デスクライト

BenQアンバサダープログラムについて

私は、BenQアンバサダープログラムに登録しています。
BenQ 27インチ液晶モニター EW2770QZ

「BenQアンバサダー」になると、新製品に関する情報をいただいたり、アンバサダー限定のイベントやモニター企画などの情報をいち早く届けていただけます。
BenQ製品にご興味がある方は、ご登録をオススメします!
▶︎ BenQアンバサダープログラム

スポンサーリンク

twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする