高濃度卵殻膜エキス美容液【チェルラー ブリリオ】はスーと肌に入っていきベタつかない

卵殻膜コスメのパイオニア・アルマードのチェルラー ブリリオをモニターさせていただいております。
私にとってこの時期は乾燥と花粉で肌も大ダメージを受けて辛い時期なんですが、今回はチェルラー ブリリオを使っているせいか、肌も荒れることもなく快適です。

チェルラー ブリリオ

高濃度卵殻膜エキスが使われているチェルラーブリリオ。
洗顔後すぐに使うものですが、チェルラーブリリオを使う前から使っていた化粧水や美容液をチェルラーブリリオを塗った後に使うと、同じものなのに肌が変わったような感じがします。
化粧水の前に使うということで、ブースターのように思いましたが、チェルラーの中でも最高峰の美容液は肌の変化を実感させてくれるものでした。

アルマード チェルラー ブリリオ 美容液

ポンプ式で出してみるとシャバシャバな水のような感じです。

アルマード チェルラー ブリリオ 美容液

でも、伸ばしてみるととろりとしたテクスチャー。
面白いですね!

とても伸びがよく、使いやすい美容液です。

チェルラー ブリリオは、成分がとても贅沢です!

【原材料名】
水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、加水分解卵殻膜、ヒトオリゴペプチド-1、フラーレン、ビスグリセリルアスコルビン酸、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、グルコシルセラミド、パルミトイルトリペプチド-5、ポルフィリジウムクルエンタムエキス、アルギニン、α-グルカン、マンニトール、水溶性コラーゲン、ノバラ油、イランイラン花油、プルラン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、PVP、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、PEG-60水添ヒマシ油

フラーレンは、ノーベル賞受賞成分で、ビタミンCの172倍の抗酸化作用があるそうです。
エイジング世代には抗酸化力は大事!
肌のくすみや老化の原因となる活性酸素の抑制には抗酸化力は大事ですもんね!

また、同じくノーベル賞受賞成分の【EGF ヒトオリゴペプチド】も入っています。
チェルラーの中でも最高峰の美容液らしい豪華な成分が入っています。

そして私が気に入ったのが香り。
フレッシュで心地いい香りは、ノバラ油とイランイラン花油が使われています。

防腐剤・アルコール・鉱物油・石油系界面活性剤・合成香料・着色料不使用なのもポイントです!
肌にスーと入っていき、ベタベタしない美容液はとっても使いやすいと思いました。

そして女心として見逃せないのがパッケージ!
チュルラー

『brillio』のOのところがラインストーンになっています。
美容液と似た色のラインストーンはテンション上がりますね!
お手入れするのが楽しくなります!

卵殻膜は昔から傷の手当などに使われてきたと言われていて、そのせいでしょうか、いつもだったら肌がボロボロになるこの時期にもかかわらず、特に問題がありません。
毎年春先にお肌が気になる方は使ってみるのもいいかもです。

チェルラー ブリリオの詳細は公式HPをご覧ください!
▶︎ チェルラーブリリオ(美容液)





【スポンサーリンク】
  

コメントをどうぞ♪