今年も超楽しみ!【ジャパンインターナショナルボートショー2017】

昨年は、船舶免許を取ってから一番乗った年でした。
免許取りたての時は、なんとなく(怖い)と言うイメージがあったんですが、
ヤマハ発動機シースタイル・マリン塾『操船マスターⅠ』『操船マスターII』を受講した後はとっても楽しくなり、友達と一緒にボートを借りても、私が操縦席を占拠するほど(笑)操船が楽しくって仕方がありません!
ボートは体験する前は、セレブのお遊びとか仕事の人用のように思っていました。
ところがレンタルボートはシェアすれば一人あたり飲み代くらいだし、免許をとる費用もバイク程度。
誰でも楽しめることが分かりました!
こんな楽しい世界を知らないのは損損!
女性の私でも楽しめるボートの世界。
すべての方にオススメですね!

そして、今年も【ジャパンインターナショナルボートショー2017】が3月2日(木)から5日(日)の4日間、パシフィコ横浜(屋内展示)と横浜ベイサイドマリーナ(フローティング展示)で開催されます。
先日、一般社団法人 日本マリン事業協会の記者会見に参加させていただき、ジャパンインターナショナルボートショー2017の開催概要や昨年のマリン市場の動向などをお聞きしてきました。

ジャパンインターナショナルボートショー2017

昨年の船の販売は、なんと30フィート以上の大型艇が伸びたそうで、世界の景気は順調ではないかとのこと。
マリンの伸びも期待できそうですね!

一般社団法人 日本マリン事業協会とは?
モーターボート、ヨット、水上オートバイ、マリンエンジン及び関連機器などのメーカー並びに販売事業者を中心とする業界団体。
昭和45年(1970年)に当時の運輸省より公益法人の認可を受けて設立。
平成25年4月に公益法人制度改革に伴い『一般社団法人 日本マリン事業協会』と名称を変更。
マリンレジャーの普及振興、安全啓発、マリンプロダクツに関わる技術の向上、FRP船リサイクルシステムやボートショーなどの諸事業を展開。
(いただいた資料より抜粋引用)

日本マリン事業協会 記者会見内容

まず一般社団法人 日本マリン事業協会 柳 弘之会長より、ご挨拶がありました。
マリン市場の活性化策とボートショー2017
柳会長は、ヤマハ発動機代表取締役社長でもあります。

柳会長のご挨拶の内容の抜粋。
・30フィート以上の大型艇1.2倍伸びている。
・モーターボートや船外機も順調で、リーマンショック前のレベルに回復している。
・このまま、マリン倍増計画を具体的に進めていく。
・ボートの取得者も免許の取得者も順調。
・昨年度のジャパンインターナショナルボートショー2016の来場者は49500名。今年は6万人を目指す。
・ジャパンインターナショナルボートショーの出展申し込みは200を超えた。
・プレミア車の出展。
・伊勢丹メンズグループの出展。

マリンレジャーが堅調に伸びていることと、ジャパンインターナショナルボートショー2017がとても楽しみに思えるご挨拶でした。

次に、一般社団法人 日本マリン事業協会 専務理事 吉海 浩一郎氏より、2016年のマリン市場の動向や2017年の活動概要、新10年ビジョンの方向性のご説明がありました。

マリン市場の活性化策とボートショー2017

吉海氏からは、柳会長同様2016年がマリン市場が回復傾向であったとの報告がありました。
そこで、もっとマリンレジャーが活性化するために、
・ボート免許があり活用されている方
・ボート免許は持っているものの活用されていない方
・免許には興味があるものの未保有の方
・無関心の方
に対する、各々の施策や方向性を話されました。

日本マリン事業協会

私は、全くボートの免許(船舶免許)に興味はありませんでしたが、ヤマハ発動機さんのマリンブロガーイベントに参加させていただいて、こんな楽しい世界があったのか!という発見から船舶免許を取得しました。
それまで周りにボートを乗る人がいなかったこともあり、全く関係のない世界だと思っていました。
ところがブロガーイベントに参加してマリンの楽しさを発見!
今では、船舶免許とともに水上オートバイ(特殊小型船舶操縦士)まで取ってしまいました(笑)。

それまでは、船舶免許は一部のセレブか漁師さんのものだと思っていました。
ブロガーイベントに参加して、マリンは誰でも楽しめる世界だと分かったのです。
やはり、まずは『きっかけ』でしょうか?

船舶免許を取ってから分かったのは、マリンイベントは意外と多いこと。
私も昨年末に『ヤマハ発動機シースタイルG』のイベントに応募してナイトクルージングを体験してきました。
でも、やはりマリンを楽しめる一番のイベントは【ジャパンインターナショナルボートショー2017】ではないでしょうか。

【ジャパンインターナショナルボートショー2017】は、ジャパンインターナショナルボートショー委員長 竹長 潤氏よりご説明がありました。
マリン市場の活性化策とボートショー2017

【ジャパンインターナショナルボートショー2017】は、3月2日(木)から5日(日)の4日間、パシフィコ横浜(屋内展示)と横浜ベイサイドマリーナ(フローティング展示)で開催されます。
なんと今年は屋内展示のパシフィコ横浜は全館貸切!
昨年の倍以上の広さになります!
例年、私は1日でパシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナを両方見ていたんですが、今年は1日では無理そう!
めっちゃ楽しみです!

大人女子の私としては、気になるのは3月3日のパシフィコ横浜。
20時まで開館していて、水辺のレストランをイメージさせるフードコート『Marina cafe』では17時からはシャンパンなどのお酒類も販売されるそうです。
ステージではジャズなどのライブコンサートも行われ、大人の夜も楽しめそう!
ちなみに17時からの入場料は800円(一般1,200円のところ)。
なんと女性は17時からの入場料は無料だそうです!
マリンに興味はある女性の方は3月3日17時以降にパシフィコ横浜へ行ってみてくださいね。

『単独無寄港無補給世界一周ヨットレース』に参戦された白石康次郎氏の特別講演や『ミスワールド・ファイナリスト』のトークショーも楽しそうです!

【ジャパンインターナショナルボートショー2017】では、2017年のニューモデルのボートやヨット、水上オートバイが約280隻が展示される他、これから免許を取ろうと思っている方へのボート免許の情報、ボートの保管や保険などマリンライフに必要な情報がたくさんのイベントです。
竹長氏のお話をお聞きしながらワクワクしました!

また、会場にはミス日本『海の日』2016年と2017年のお二人もいらっしゃいました。
マリン市場の活性化策とボートショー2017

左からミス日本『海の日』2017年の三上優さん、右がミス日本『海の日』2016年の杉浦 琴乃さんです。
美しさにしばしうっとり♪
ミス日本『海の日』2016年と2017年のお二人は、3月2日にパシフィコ横浜で11時45分より開催されるジャパンインターナショナルボートショー2017開会式に来賓予定です。
ぜひ、開会式でも美しいお二人にお目にかかりたいと思います!

横浜ベイサイドマリーナでは、全長20mの巨大なボートの展示もあります。
なんと3億円超えだそう!

また、大型ボートを使った『東京湾航海講座』やボートライセンスを体験できるマリンレジャー体験など体験型のイベントもたくさん!
女性限定の『春らんまんクルーズ』も体験したいですね。

パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナを結ぶ無料シャトルバスも増便するそうで、より便利に行き来ができますね。

【ジャパンインターナショナルボートショー2017】の詳細は公式ホームページでご確認ください!
▶︎ ジャパンインターナショナルボートショー2017

ジャパンインターナショナルボートショー2017が終わったら、【マリンカーニバル2017】。
都心でマリンを体験できるイベントです。

今年は、
・東京(豊洲) 6月3日(土)4日(日) アーバンドックららぽーと豊洲
・東京(若洲・夢の島) 6月10日(土)11日(日) 若洲ヨット訓練所・東京夢の島マリーナ
・兵庫(神戸) 7月29日(土)30日(日) 三井アウトレットパーク・マリンピア神戸
神戸でも開催が決まりました!

私は毎年豊洲にお邪魔していたんですが、3カ所とも行きたくなりましたね!

どちらも乗船体験ができるので、マリンの楽しさをぜひ体験してもらいたいですね!

【マリンカーニバル2017】の詳細は公式ホームページはこちらです。
▶︎ マリンカーニバル2017

ジャパンインターナショナルボートショー2017

今回、記者会見に参加させていただいて、マリンの季節到来!な気分になりました!
ボートは季節問いませんが、やはり寒い時はダイレクトに自然を感じるので敬遠してしまいます。
春の訪れとともに、私のマリンシーズンも始まるという感じですね!
ワクワクしました!

そして今年は水上オートバイを楽しみたいですね!
免許取得後、まだ一度も乗っていません。
以前体験した時も、免許を取る時に運転した時も、とっても楽しかった!
今年はボートはもちろんですが、水上オートバイも楽しもうと思います!

記者会見に参加しただけでワクワクなのに、【ジャパンインターナショナルボートショー2017】に行ったら、めっちゃテンション上がりそうです!
超楽しみです!

ジャパンインターナショナルボートショー2017 詳細

会期 2017年3月2日(木)~5日(日) 4日間
時間 10:00~17:00
3月2日(木)は11:30より開場 3月3日(金) 20:00閉場(パシフィコ横浜のみ)
会場 パシフィコ横浜(屋内展示) 横浜ベイサイドマリーナ(フローティング展示)
入場料 一般 1,200円 高校生以上(中学生以下無料、2会場共通)
HP ジャパンインターナショナルボートショー2017

【ジャパンインターナショナルボートショー2017 関連記事】
今年も超楽しみ!【ジャパンインターナショナルボートショー2017】
ジャパンインターナショナルボートショー2017始まる!
日本ボート・オブ・ザ・イヤー2016小型艇部門ベストフィッシング部門2賞受賞したヤマハ発動機の小型艇【190 FSH SPORT】

スポンサーリンク

twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする