まるでドラえもんのポケットから出てきたかのような一瞬で音声翻訳するデバイス【ili】

外出すると、明らかに外国から来たと思われる人に会うことが多くなりました。
ほぼ100%。
同時に、道を聞かれたりお店を聞かれたりすることもあるんですが、ほとんど母国語で聞かれます。
ジェスチャーやガイドブックなど、言葉以外のアクションで解決することが多いのですが、本当に言葉が通じないというのは不便ですね。
思わず、ドラえもんに『音声翻訳』できるものをお願いしたくなりますが、そんなものは現実では無理だと思っていました。
ところが、とうとう一瞬で音声翻訳するデバイスができたというのです!

瞬間翻訳デバイスili(イリー)。
ili

『ili(イリー)小型ウェアラブル翻訳機』なんて、ドラえもんの声が聞こえてきそうです!

今回発売に先立ち、製品発表会が開催されたので、参加して瞬間翻訳デバイスiliの説明を聞いたり、体験してきました。

言葉の壁が作る不便な現実

製品発表会は、iliを開発した株式会社ログバー代表取締役CEO 吉田 卓郎氏の体験を元にしたお芝居を吉田氏が熱演!
海外でアイスクリームを食べ過ぎてお腹が痛くなり、飲食店で水を注文したかったのに違ったものを買っちゃったと言うもの。

ili

英語とかはとりあえず数年は習っているので、こんな場合にはこう話せばいいんだと思ってはいるんですが、いざ対面すると言葉が出ません。
不思議ですねー 何年も習ってきたのに(笑)。
ほとんどの人が水一つもゲットできないのが現状だと思います。

また、和製英語と言いますか、英語だと思って話したものが英語でなかったり。。。
言葉の壁は何よりも厚くて高いようです。

瞬間翻訳デバイスiliで必要以上に仲良くなっちゃうかも?

そこで、『瞬間翻訳デバイスili』があったらどうでしょうか?

水が欲しいのはお腹が痛いから・・・それが伝わったら相手も納得し、親切な人なら水どころか薬まで提供してくれるかもしれません。
そして、それをきっかけにワンチャン・・・なぁーんてこともあるかもね!

ili

『愛は言葉の壁を超える』とかって聞きますが、やっぱり言葉での確認は重要ですよね!
私が独身の頃、実家にイギリス人が数日泊まっていたんですが、辞書で単語を指差しながらの会話でした。
で、『ニコニコしながらひどい言葉言ってもわからないよね』なんて思ったりして。
伝わらないのも、分からないのも不便。
とはいえ、外国語の習得は本当に大変です。
ところが『瞬間翻訳デバイスili』があれば、瞬時にして、思いを言葉にして伝わるわけです。
これは便利!
テキストの翻訳は今は当たり前の時代ですが、音声の言葉を瞬時に翻訳はこれからはデフォルトになるのではないか?と、まさにあったらいいなと思わせるドラえもんのポケットから出てくる道具のようです!

瞬間翻訳デバイスili 詳細

ili

瞬間翻訳デバイスiliは、瞬時に言葉を翻訳します。
その特徴は、
・簡単操作ですぐに使える
・インターネット接続不要
・旅行に特化した内容
・独自技術による、瞬間翻訳
・使う頻度の高い言葉を追加できる
・多言語を切り替え
・ログデータで使用頻度の高い言葉を閲覧することができる

インターネットが必要ないのは嬉しいですね!
今はなんでもネットを経由させるものが多く、電池が満タンでもネットが無いから使えないという悲しいことがよくあります。
これは便利!

また、お店で使うとログデータで使用頻度の高い単語やフレーズを抽出してビジネスの戦略にも使えます!
インバウンドが仕事に関わっている企業にとって、便利な機能だと思いました。

瞬間翻訳デバイスili 使い方

ili

使い方は簡単!
ボタンを押して話し、聞いてもらいたい相手のそばでボタンを離すだけ。

ili

すると翻訳された言葉が出ます。
音は電子音だそうですが、とっても自然で人が話しているかのようです。

体験してみて分かったのは、『長い文は適さない』と言うこと。
聞きたいことをコンパクトにするのがコツかも?
例えば泊まるホテルで、『部屋にwifiありますか?』とか、yesかnoで答えられるものは精度が高いです。

逆に苦手なものもありました。
例えば『高い』と言う言葉。
値段が『高い』や背が『高い』では全く違った意味ですよね。
微妙なニュアンスや違いを分けるのは苦手なようです。

また一方通行なので、自分の言葉は伝えられるものの、相手が言ってることは翻訳できません。
聞いたものの、答えの意味が分からないという事態もあるかもwww
そんな時はiliを二台持って、相手にも使ってもらうというのがいいかもですね!

瞬間翻訳デバイスili 感想

瞬間翻訳デバイスiliは、すでにイオンモールや東京地下鉄株式会社・東京メトロ、株式会社ビジョンなどとも取り組み始めているそうです。

ili

特に交通や店舗などでは早急に使いたいでしょうね!

海外にツアーだとある程度安心だと思いますが、自分で好きなところに行きたい場合、とっても言葉が重要になります。
今はスマホがあるので以前よりは人に聞いたりなんてことは少ないと思いますが、でもいざという時は言葉が通じて欲しいもの。
なので瞬間翻訳デバイスiliは、とても頼りになると思いました。
この先、海外旅行の必需品になりそうですね!

また、日本にいながらでも外国人に何かを聞かれたりすることもあります。
なるべく正しい情報を教えてあげたいと思うので、そんな時にもiliを使いたいです。

瞬間翻訳デバイスili(イリー)は言葉の壁を取りさらい、コミュニケーションを容易にしてくれるデバイス。
東京オリンピックを控え、ますます各国の人々との交流が盛んになると思われるこれからに必要なデバイスだと思いました。

瞬間翻訳デバイスili(イリー)の詳細は、公式HPをご覧ください!
▶︎ 瞬間翻訳デバイスili(イリー)

スポンサーリンク

twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする

コメント

  1. […] ▼今回ご紹介した『ちわわのまま』の記事 ・まるでドラえもんのポケットから出てきたかのような一瞬で音声翻訳するデバイス【ili】 […]