ラグビーはドラマだった!ラグビートップリーグ『ヤマハ発動機ジュビロ対NECグリーンロケッツ』を観てラグビーの魅力にハマる!

ラグビーは、テレビで流れてくるものをチラ見したり、昨年ラグビーワールドカップで日本代表が世界ランク3位(当時)の南アフリカに劇的な逆転勝ちをし、ヤマハ発動機ジュビロ所属の五郎丸選手が大活躍したことで、一緒にワーワーしている程度でした。
ま、ミーハーなおばちゃん程度の知識しか無かった私ですが、ヤマハ発動機さんよりご案内をいただき、ラグビートップリーグ『ヤマハ発動機ジュビロ vs NECグリーンロケッツ』を観戦して一気にラグビーに魅了されました!
ラグビーは超感動的なドラマだ!と思いました!

ラグビートップリーグ ヤマハ発動機ジュビロ

ラグビーはルールが厳しく、それゆえにラグビーを知らない人には分かり辛いスポーツなのかもしれません。
私も以前テレビで観ていて、なぜここでプレーがストップされるのか?と思うことがありました。
そもそも、なぜスクラムを組むのか?なんてこともわかりませんでしたしね。
今回、ラグビートップリーグ『ヤマハ発動機ジュビロ対NECグリーンロケッツ』を観る前にラグビーの基礎知識を教えていただいてから観たのですが、ハラハラドキドキしながら『行けー!』なんて声を出しながら楽しませていただきました!
これからの私の人生に『ラグビー』が加わり、楽しみが増えました!

ラグビーは陣取り合戦!

ラグビーは陣取り合戦で、ボールを持って相手陣地の得点エリアにボールを運び得点を取るスポーツです。
とはいえ、簡単には進むことができません。

ラグビートップリーグ ヤマハ発動機ジュビロ

参加人数や試合時間は?

今回、初めて知ったんですが、ラグビーは15人 vs 15人。
とってもたくさんなんですね!
その中で力が強い選手や足の速い選手など特徴に合わせた役割でポジショニングされています。

■フォワード
体が大きな選手が高く飛んだり、力強いスクラムを見せてくれたり、激しいタックルのプレーをします。

■バックス
ボールを持って駆け抜けるランやパス回し、そしてキックとビギナーでも判りやすいプレーを見せてくれますね。

試合時間は、前半40分 + 後半40分の合計で80分です。

ボールの運び方のルール。

ボールの運ぶ方法は3つです。

■ボールを持って走る!
ボールを持って走るのは、一見簡単そうですが、追いつかれたり、なかなか難しいですね。
足が速い選手がボールを持って相手をかわしながら走り抜ける姿は、とっても素敵です!
観ていて、気持ちがいいですね!

■後ろか横にパスする
パスは後ろか横にしかしてはいけません。
前にパスするとルール違反です。
でも、前にパスせずに、どうやって前に進むの?と思って観ていたら、ノーマークの選手にパスすることで、ボールが前に進めるんですね。
なかなか頭を使うスポーツですね!

■ボールをキックする
前にパスができないラグビーのボールが大きく飛ぶのはキック。
観客席にも飛んできます!
飛んでくるとドキドキしますね。

二つの得点方法

私が今までわからなかったのが得点方法。
得点エリアにバーがあるのですが、そこを超えないと得点にならないと思っていました。
が、得点エリアにボールを置くトライで5点、その後にゴールキックが与えられ成功すると2点です。
トライするとボーナスがついてくるというイメージ? 一気に7点が入ります。

その他にペナルティゴール3点やドロップゴール3点がありますが、ここで思い出されるのが昨年のラグビーワールドカップの南アフリカ戦。
試合終了直前、32対29で負けていた日本は南アフリカの違反でペナルティゴールかスクラムの権利を得てスクラムを選びました。
ペナルティゴールだと成功しても3点で同点。
スクラムを選びトライできたら5点と一気に逆転だったんですね!
やっと理解できました(笑)。
得点の方法にも、ラグビーにはドラマがあると思いました!

ラグビーのルール違反は?

ラグビーはタックルがあったりと、無法地帯のようなスポーツだと思っていましたが、かなり厳格なルールが決まっています。
別名『紳士のスポーツ』と言われているそうです。
その中でもビギナーでもすぐに分かるルール違反は、以下です。

■ボールを前に投げる → スローフォワード
ボールを前に投げたり、前に落としてもダメ!

■ボールを前に落とす → ノックオン
ボールを前に落としてはいけない
ボールはキャッチミスで取れず前に落としそうですが、それも違反だそう。
キビシー!

■オフサイド
ボールをプレーしている味方よりも前に出てプレーしてはいけない。

■ノットリリースザボール
ボールと共に倒れた選手は、そのままボールを掴んでいてはいけない。
ボールを持っていたら、死守したいのが人情。
早く味方に取りに来てもらいたいですね(笑)

前にパスしちゃダメとか、前に進むためにやっちゃいそうなことがダメな中、チームワークで攻めていく姿は感動しますね!
感動の一つは、チーム全体で敵を攻めていく姿。
ルールで簡単には前に進めないところをチーム全体で協力しながら攻めていく。
チームプレイの最高峰ではないでしょうか。

ラグビー撮影体験

今回ブロガーが交代で5分づつ報道席に入れていただき、ヤマハ発動機ジュビロがトライしてくる得点エリア裏で撮影させていただきました。
ちょうど初トライがあった後なので、私のいる時間にはトライは無いだろうと思っていましたが、その時は突然訪れました!

なんと、15番ゲラード・ファンデンヒーファー選手がボールを持って、こちらに向かって走り抜けてくるではありませんか!
ラグビートップリーグ ヤマハ発動機ジュビロ

ラグビートップリーグ ヤマハ発動機ジュビロ

ラグビートップリーグ ヤマハ発動機ジュビロ

ラグビートップリーグ ヤマハ発動機ジュビロ

ラグビートップリーグ ヤマハ発動機ジュビロ

ラグビートップリーグ ヤマハ発動機ジュビロ

来る!
来る!
来る!
来る!
来る!

もうもう大興奮で、シャッターを押し続けました!
こんなすごい瞬間に立ち会えるとは!
しばらく、興奮が醒めませんでしたね!
ありがとう!ゲラード・ファンデンヒーファー選手!
ゲラード・ファンデンヒーファー選手は、今回の試合の最優秀選手としても選ばれていました!

ビギナーズラックと言うか、めっちゃラッキーで、すごい瞬間でした!
VIVA! ラグビー!

ヤマハ発動機ジュビロ、トップリーグで11連勝中!

昨日の『ヤマハ発動機ジュビロ対NECグリーンロケッツ』は47 – 5で、ヤマハ発動機ジュビロが圧勝でした!
現在、11連勝中でラグビートップリーグでトップです!
このまま、優勝するでしょう!絶対!

ラグビートップリーグ ヤマハ発動機ジュビロ

試合観戦後、後半にランで劇的なトライを見せていただいた伊東力選手と一緒に記念撮影!
とっても楽しみました!

また、ヤマハ発動機ジュビロの試合がみたいです!

ラグビートップリーグ ヤマハ発動機ジュビロ

なので、来年は『ヤマハラグビーファンクラブ』に入ろうかな?

ヤマハラグビーファンクラブに入ると、今年だと
・年会費3000円(税込)入会費無料
・ヤマハ戦 トップリーグ自由席チケット 引換券4枚
・ヤマハラグビーファンクラブ オリジナルトートバッグ プレゼント
・チームオリジナルグッズを会員価格で購入できる
・応援バスを会員価格で利用できる
・会報誌(年4回予定・不定期)が自宅に届く
の特典があります。
ちなみに今年は2017年6月末までが有効期間です!

チケットだけでもう元が取れちゃう!
ヤマハ戦であれば、東京開催でも使えるチケットなので、お得でもありますね!
今すぐ入って今年の天王山サントリーとの試合も見たいような?クリスマスイブなので家族とも過ごしたいような?本当に心が揺れますね!

ファンクラブの詳細は、公式HPをご覧ください!
▶︎ ヤマハラグビーファンクラブ

ってわけで、新たな人生の楽しみ・ラグビーが増えました!
帰りの新幹線の中では、ユーミンの曲・ノーサイドが頭の中でリフレイン。
今までメロディが好きで聞いていましたが、ラグビーを知ったことで詩が理解できて、今日の試合とオーバーラップ。
今回は快勝の試合を見せていただきましたが、すごいドラマがあるスポーツだと実感しました。
ラグビー、楽しい!

ヤマハ発動機さん、ありがとうございました!
ヤマハ発動機ジュビロの大ファンになりました!

【関連リンク】
ヤマハ発動機ジュビロ
ヤマハラグビーファンクラブ

【ラグビートップリーグ「ヤマハ発動機ジュビロ」観戦ツアー 関連記事】
ラグビーはドラマだった!ラグビートップリーグ『ヤマハ発動機ジュビロ対NECグリーンロケッツ』を観てラグビーの魅力にハマる!
ラグビーだけじゃないヤマハスタジアム 磐田はお楽しみがいっぱい!





【スポンサーリンク】
  

ラグビーはドラマだった!ラグビートップリーグ『ヤマハ発動機ジュビロ対NECグリーンロケッツ』を観てラグビーの魅力にハマる!” への1件のコメント

  1. ピンバック: ラグビー初観戦!ヤマハ発動機ジュビロのパワーに大興奮! | ブロガーセレクション

コメントをどうぞ♪