入院中の高齢者の敬老の日のプレゼントはプリザーブドフラワーがオススメ!

お花が大好きな母ですが、ただいま入院中。
なかなかお花を愛でることができません。
生花は昔と違い花粉のアレルギーのこともあり、なかなか病室に持ち込むのも難しいです。

そんな状況でしたが、先日、日比谷花壇さんのイベントに参加して、可愛い「プリザーブドフラワー」をいただいてきました!
早速、母の入院している病院へ持っていくと、とっても喜ばれました!

日比谷花壇 敬老の日

プリザーブドフラワーとは?
「ドライフラワーや造花とはまったく異なる加工花。
生花のうちに色素を抜き、特殊な染料を吸わせることで、色鮮やかな美しさとソフトな風合いを長期間にわたって保ちます。
カラーバリエーションも豊富なので、水やりの必要もなく半永久的にお楽しみいただけます。」 
日比谷花壇さんのHPより引用

私としては、「生のお花と見間違うほど自然で美しいお花」と付け加えたいです。

プリザーブドフラワーは水やりの必要がなく、お手入れが不要。
花粉がないので花粉アレルギーの心配が無く、病院に持ち込むのも心配いりません。
半永久的に楽しめるので、入院している人にぴったりなお花だと思います。

日比谷花壇 敬老の日 プレゼント

今回、日比谷花壇さんでは、敬老の日のプレゼントとして、縁起の良い「福ふくがま口」の花器を使ったプリザーブドフラワーのアレンジメントもありました。

日比谷花壇 ★

日比谷花壇 ★

黄色い花器は元気が出る色。
こちらも入院されているおじいちゃん、おばあちゃんの敬老の日のプレゼントにいいですね!

日比谷花壇 ★

今回、プリザーブドフラワーのアレンジメントを母に持って行き、手間いらずで美しく、改めてプリザーブドフラワーが入院のお見舞いにぴったり!
とても喜ばれました!
日比谷花壇さん、本当にありがとうございました!
高齢者は入院されている方も多く、そんな高齢者の心の安らぎにプリザーブドフラワーが最適だと思いました。

日比谷花壇さんには他にもプリザーブドフラワーがたくさんあります。
お見舞いのお花としてもオススメです!

▶︎ いつまでも鮮やかに咲く「プリザーブドフラワー」

永遠に咲く魔法の花「プリザーブドフラワー」【日比谷花壇】


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪