全国各地のこだわりの焼酎100種類以上が時間無制限で自由に飲み比べできる「HAVESPI(ハベスピ)」は焼酎パラダイス

糖質を含まない蒸留酒の焼酎は女子にも人気です。
そんな焼酎が思いっきり飲めるお店「HAVESPI(ハベスピ)」が、新宿3丁目にオープンです。

ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

特徴は、なんといっても100種類以上の焼酎が入場料3,240円(税込)を払うと、時間無制限で自由に飲めると言うこと。
焼酎好きはのみならず、お酒好きにはたまらないシステムですね!
ちなみに料理の持ち込みもオッケー!
近くに伊勢丹があるのでデパ地下で買ってくるもよし、買い出しに出てもデリバリーも自由なんだそう!
自分の好きな肴で飲み放題(笑)。
たまりませんね!

今回、プレス向けオープニングパーティーに参加させていただきました。
それではパーティーでの様子と店の様子のご紹介です。

圧巻の焼酎!

HAVESPI ハベスピ 焼酎ラボ

この写真の中には入りきっていませんが、店内にはたくさんの種類の焼酎がありました。
定番の芋や麦、米はもちろん栗など私が知らなかった種類の焼酎がたくさんあり、目移りしてしまいます。
これは何度か通わないと全制覇できそうもありません(笑)。

HAVESPI ハベスピ 焼酎ラボ

入場料を払うと、まずはグラスをいただきます。
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

いろんなグラスがあるので、お好みですね。
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

こういったグラスの種類があるのも嬉しいです。

HAVESPIには、沢山の焼酎と楽しむソーダなどの割材やトッピングも色々とありました。
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

ベーシックな飲み方は、氷を入れて焼酎を入れ、好きなもので割るという感じでしょうか?
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

その辺りも自由! 自分好みでできるのも魅力ですね!

私はまず「栗」の焼酎からの参戦です!
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

店長さんに何と割ったらいいか?とお聞きすると、ラムネを勧められました!
トニックとか水くらいしかイメージに無かったのですが、ラムネと聞くと、一気に楽しい気分になりましたね(笑)。

ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

そこにカボスを絞っていただき、オリジナル焼酎ハイの出来上がりです!
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

爽やかで飲みやすい美味しい焼酎ハイです!
ぐびぐび飲めて危険・・・!

そして無謀なチャレンジがトマトジュースハイ。
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

実は、ただ焼酎にトマトジュースを入れただけだったものを店長さんに味の調整をしていただきましたm(_ _)m
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

レモンを入れて、なんとか美味しい酎ハイになりました!

ハベスピの良いところは、こういった普段絶対にしないだろうと思われる挑戦もできちゃうこと!
結果、美味しい酎ハイに出会えるかもしれないし、普段挑戦できないことでもできるのが最高です!

焼酎は様々な材料から作られていて、様々な割材やトッピングとも合います。
焼酎って、楽しみ方が無限大なんだなぁって実感させていただきました!

ちょっと女子っぽい(笑)酎ハイも作ってみました!
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

ひまわりの焼酎ですよ!
パッケージから可愛い♪
そこに、今回気に入ったラムネ!

ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

そして、大量のミントとレモン!
夏にピッタリな女子にも飲みやすい酎ハイになりました!
これはオススメですよ!

このように、いろんな酎ハイを自分好みに作ったりして、とっても楽しかったですね!
みんなでワイワイ自分で作った酎ハイの味自慢のような飲み方も楽しいし、自分だけでじっくり楽しんでも楽しめます!
これは、大人の遊び場みたい!
また、ぜひ色々と挑戦しにいきたいと思いました!

蔵元さんから焼酎へのこだわりもお聞きしました!

今回、全国から4つの蔵元の方が来られて、作られている焼酎へのこだわりなどもお聞きしてきました!
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

■茨城県 明利酒類株式会社さん
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

茨城県産サツマイモを100%使用した焼酎を作られています。

■宮崎県 高千穂酒造株式会社さん
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

手に持たれているのは『高千穂 零』。
黒麹が使われているそう。
『零』は『0』でもあり、高千穂が日本発祥とも言われ、日本の原点とも言える神話の里・高千穂の新しい麦焼酎の原点の焼酎ということからネーミングされたそうです。

■熊本県 常楽酒造株式会社さん
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

国産の米と国産米の米麹を使い樫樽で貯蔵熟成した焼酎は、スコッチウイスキーにも負けない美味しさと話されていました。

■長野県 芙蓉酒造協同組合さん
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

パンダのパッケージの焼酎は笹を原料にした焼酎。
芙蓉酒造協同組合さんは、長野県の特産品を焼酎にしているそう。
様々な食材が焼酎になることに驚きました!

高知県の「おきゃく文化」を楽しめるフェアも開催!

以前、高知県に嫁いだ友人から、高知県の宴会の凄さを何度も聞かされました!
とにかくお酒が強い人ばかりだと!
確かに「高知県出身」と聞くと、「お酒、お強いんですよね?」というのが挨拶代わりのような(笑)。
その高知県のお酒の楽しみ方が体験できるフェアが7月8日から15日までの期間限定で開催されます。
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

これは、高知県のアンテナショップ・まるごと高知とのコラボフェア。
高知県のお酒とおつまみも堪能できるそう!

ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

高知県には、「可盃(べくはい)、献杯(けんぱい)、返杯(へんぱい)」「菊の花」という土佐流の飲み方があるそうです。
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

今回、高知県でのお酒の楽しみ方も見せていただきました!
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

すごろくのようなものを回し、それが向いた人が上にある図の盃でお酒を飲むというもの。
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

天狗だと大きな盃の上、置けない仕様になっているので、一気に近い飲み方で飲まないといけませんwww
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

飲み終わったら、飲み終わった証拠のように、鼻につけるらしいです。
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

ひょっとこだったら穴が開いているので、穴を閉じるようにして飲まないと漏れてしまいますw
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

一番楽チンなのは、小さなおかめですかね(笑)。
ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

高知県では「一度飲んだらみんな友達」というそうです。
いゃ〜、こんな楽しい飲み方をすれば、絶対に友達になれるでしょう(笑)。

HAVESPIでこれからも楽しみたい!

とっても楽しいHAVESPI。
「HAVESPI」のネーミングは「Harvest 収穫物」と「Spirits 蒸留酒」を掛け合わせて作ったそうです!
様々な収穫物を蒸留して作る焼酎は、まさに「HAVESPI(ハベスピ)」!
それに、蒸留酒は糖質が含まれないということで、ダイエットを気にする人にも人気です!
私も安心して、沢山飲んできちゃいました(笑)。

HAVESPIは焼酎の新しい飲み方を提案するお店。
これからも蔵元やスタッフさんたちとの交流もあるそうで、気になる蔵元さんから色々なお話も聞けそうです。
そして、店長さんもイケメンで優しい方なので、楽しい時間を過ごせますよきっと!

ハベスピ 焼酎ラボ HAVESPI

焼酎の新しい美味しさと楽しさにも出会える「HAVESPI(ハベスピ)」は、今日オープンです!

■「HAVESPI(ハベスピ)」の詳細■
住所 東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイ・タマビル 6F
電話 03-6457-7538
営業時間 平日17:00 〜 23:00(ラストオーダー 22:00)
土日祝12:00 〜 16:00(ラストオーダー 13:00)-17:00 〜 23:00(ラストオーダー 22:00)
年中無休
入場料 3,240円(税込)
おつまみなど食品の持ち込みも出前も途中買い出しも自由です!
HP http://havespi.jp

私もガンガン利用したいと思います♪


twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする

コメント

  1. […] わわのまま』の記事 ・全国各地のこだわりの焼酎100種類以上が時間無制限で自由に飲み比べできる「HAVESPI(ハベスピ)」は焼酎パラダイス […]