インテリアライフスタイルTokyoではトルコのデザインが新鮮でした!

昨日まで東京ビッグサイトで開催されていたインテリア・デザイン市場のための国際見本市インテリア ライフスタイル。
プレスとして取材させていただきました。

今年トルコのパビリオンが初めて登場し、トルコのデザインも見てきたのですが、テキスタイルに美しいデザインが多く、高級感もあり、知っているようで知らなかったトルコの文化の素晴らしさを実感してきました。

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

こちらは『ラーレ・イスタンブール』のもの。
『ラーレ・イスタンブール』のラーレ(Lale) はトルコ語でチューリップのことだそう。
トルコのチューリップは先の尖った形が特徴的だそう。
この尖ったチューリップはトルコ伝統織物や陶磁器製品のモチーフとして長年にわたり愛用されているそうです。

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

トルコはヨーロッパに接していて、アジアンな雰囲気とヨーロッパの華やかさが融合した文化が魅力的な国と認識していますが、実際に製品を見てみると美しい糸で織られたテキスタイルに魅力を感じました。

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

今回インテリア ライフスタイル展、トルコ製品は今まで知っているようで知らなかったものが多いことが分かると同時に高級感を感じさせる生活の質を上げてくれそうなステキな製品が多いことが分かりました!
なんか、トルコブームの予感♪

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

今まで知らなかった国のデザインを取り入れるのも、あらたなデザインとの出会いだと実感してきました。

『ラーレ・イスタンブール』のHPはコチラです。
≫≫≫ ラーレ・イスタンブール

『ラーレ・イスタンブール』を運営している『ホワイトヒル・コーポレーション合同会社』では、トルコ以外の世界のステキな製品のセレクトショップも運営されています。
私が気になったのは、ニューヨーク発バッグブランド『オクシオスタイル』のリュック。

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

私は普段はパソコンと一眼で取材に出かけるので、リックはマスト。
その中でもアメリカのものはパソコンを入れる部分があるものが多く、重宝しています。
『オクシオスタイル』はアメリカ・ニューヨークでデザインされたもの。
しっかりとパソコンスペースもありました。

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

パソコンスペースは小さなポケットやタブレットを入れるスペースもあり、ビジネスや学校でも活躍してくれそうです!

フリーの部分も広く、一眼だけではなく、旅行にもよさそう♪
ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

デザインもニューヨーク発ということで洗練されていて、とっても欲しいと思いました。

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

こちらは販売予定の北欧のスマホカバー。
ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル
ダウンベストの形です。

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

そしてタブレット用。
ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

ダウンベストの形って、本当に楽しいと思いました!
こちらも欲しくなりましたね。

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

こちらは今後販売予定のイギリスのデザイナー『ヘレン・ゴードン』のもの。
ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

心が柔らかくなり、思わず笑顔になる絵です。

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

ホワイトヒル トルコ オクシオスタイル

『ヘレン・ゴードン』のデザインは日本人にもかわいいと感じさせるものだと思いました。

展示されているものは、その場では購入できないのですが、思わず欲しい!買いたい!と思わせるものが多く、楽しくなりました!
これから販売されるのが楽しみですね!

今回、インテリアライフスタイルTokyoで取材させていただいたラーレ・イスタンブールを始めとするブランドを運営しているホワイトヒル・コーポレーション合同会社のHPはコチラです。
≫≫≫ ホワイトヒル・コーポレーション合同会社


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪