ホテルオークラ東京旧本館の想い出は被災地のこどもたちの音楽活動を支援へ

2015年8月31日、惜しまれつつ閉館したホテルオークラ東京旧本館。
その備品の一部を『想い出の共有』と『社会への貢献』として『ホテルオークラ東京“Charity Project for Music”』と題してプロジェクトが始まりました。

ホテルオークラ東京旧本館と言えば、外国の大統領やアーティストをはじめとする外国の要人も利用されている日本を代表するホテル。
私も何度か利用させていただきましたが、日本にいながらにして異空間を楽しめるホテルでした。
そのスペシャルな体験は、使われている調度品や家具からも感じられました。

もう、あの高貴に空間に入れないのは残念ですが、そこで使われていた備品の一部が、福島県相馬市と岩手県大槌町のこどもたちの音楽活動を支援するためにオークションに出品されたり、販売されることを知りました。
とても素晴らしいプロジェクトだと思いました。

備品は販売されるものとオークションに出品されるものがあるそうです。

販売商品には、壁紙を加工されてクッションにされたものや、クリスタルのシャンデリアをペンダントにしたものなど、ホテルオークラ東京旧本館で思い出を作られた方やファンにはたまりませんね。

販売を協力しているのは、
・ヤフー株式会社と株式会社電通が10月27日(火)より共同企画を開始するリユース活用型のクラウドファンディングサービス「reU funding(リユー ファンディング)」
(※入札によるオークション形式にて販売)
・ぴあ株式会社が運営を行う日本最大級のチケット販売サイト「チケットぴあ」
(※先着順による通常販売 定価販売)
の2つのウェブサイトです。

購入することで社会貢献ができる素晴らしいシステムですね。

人気があって、どんどん値段が上がっていきますが、買えそうな物を狙って、私もオークションに参加しようかな。

【オークションに参加】
≫≫≫ ホテルオークラ東京 Charity Project for Music

【定価で購入】
≫≫≫ ホテルオークラ東京 “Charity Project for Music”
icon

定価で購入の備品は早い者勝ちだそうですよ。


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪