ヤマハ発動機本社工場7号館で世界で活躍しているヤマハ発動機のオートバイの組み立てを見てきました!

ブロガーイベント[ヤマハ発動機本社潜入!『ヤマハ発動機 エンジン分解組立体験 & オートバイ工場/コミュニケーションプラザ見学』]に参加させていただきました!

今回はヤマハ発動機本社工場でのオートバイの組み立て見学のご紹介です。
巧みの技と言っても過言ではないほど、手際のいい仕事っぷりを見せていただきました。

ヤマハ発動機 エンジン分解組立体験 オートバイ工場 コミュニケーションプラザ見学

工場見学は写真撮影がNGだったので、以下よりヤマハ発動機さんからいただいた写真でおおくりします!

ヤマハ発動機 バイク 工場見学 オートバイ

今回、私たちブロガーが見学させていただいたのは、7号館。
国内で販売するオートバイと海外に輸出されるオートバイを組み立てる工場です。

ここでは、50cc~1300ccのオートバイが作られているそう。

ヤマハ発動機さんでは、世界中の工場で年間580万台ほど製造しているそうですが、そのうちの20万台が日本で製造されているそうです。
(メモったもので、間違えていたらゴメンナサイm(_ _)m)

2分に1台というスピードで生まれているオートバイ。
見学日に見学させていただいた「7号館」で働かれていたのは128名。
ちなみに「本社サイト」工場全体では約12,000名の方が働いているそうです!

ヤマハ発動機 バイク 工場見学 オートバイ

これはなんだろう?って思わせるフレームにエンジンが乗り、どんどんオートバイの形になっていくのは、まるでマジックを見ているかのよう。
私が何かを組み立てるときは、マニュアルと製品を見比べながら、めっちゃ時間がかかるのですが、働いている方たちは、なんのためらいも無く、どんどん組み立てていきます。
すごいなぁって見惚れてしまいました!

ヤマハ発動機 バイク 工場見学 オートバイ

このヤマハ発動機本社工場7号館は、高性能のオートバイも作られているそう。
お二人で組み立てていたのですが、高性能のオートバイは、全てを精通しないと作れないそう。
ここに務める方たちの、憧れの場所でもあるそうです。

ヤマハ発動機 バイク 工場見学 オートバイ

高性能のオートバイの部品は3000点にものぼるそう。
それを全て覚えて手際よく組み立てている姿は、本当にかっこいいって言いたくなるほどでした!

ヤマハ発動機 バイク 工場見学 オートバイ

また、女性の方もいました!
オートバイの組み立ては男性がやるというイメージでしたが、女性の方も活躍されていましたね。
とってもステキでしたよ!

ヤマハ発動機 バイク 工場見学 オートバイ

工場内にあるオートバイの部品は、200社からくるそう。
オートバイのフレームにのせる前に組み立てれる部品は組み立てておくそう。

とっても驚いたのが、ロボットの存在。
顔があるようなロボットではないのですが、部品を運ぶのがロボットなんです。
ワゴンのような形で『ルパン3世』の音楽を鳴らしながら、目的の場所まで部品を運んでいましたよ!
なんだか生きているかのように、目的の場所に着いたらきちんと止まっていました!

ヤマハ発動機 バイク 工場見学 オートバイ

出来上がったオートバイは、入念なチェックをされていました。
道路は走りませんか゛、高速が出せる装置でチェックして、走行も工場内でチェックしてましたよ!

国内で販売されるオートバイはチェックをしたら完成ですが、海外に行くオートバイは、船で輸送されるため、前輪とハンドルを取り外します。
せっかくテストまで終えたのにもったいないと思ったのですが、船便はひとつのコンテナでいくらという契約だそうで、オートバイを小さくして、より多くのオートバイを積み込むそうです。
着いた国で組み立てたら、もう一度テストをするそうですよ!

ヤマハ発動機 バイク 工場見学 オートバイ

工場内は、ブルーやグリーンなど、目に優しい色になっています。
適温に管理されていて、仕事がしやすい環境にしているそう。
工場というと汗水たらして・・・というイメージでしたが、まったくそんな感じはありません。
ずーといたいほど、心地いい温度で、きちんと整理された空間でした。
とても環境がいい場所でYAMAHAマークのオートバイが作られていることが分かりましたよ!

ヤマハ発動機 バイク 工場見学 オートバイ

また、ゴーグルや手袋、帽子など、体を守るものをつけて、作業されていました。
私たちもツバのある帽子をかぶって工場見学をしました。

ヤマハ発動機 バイク 工場見学 オートバイ

オートバイ工場なんて、当たり前ですが身の回りにはありません。
とっても貴重なものを見せていただきました!

とても整理整頓が行き届き、キレイな場所で真剣に作られているオートバイ。
とても信頼できる環境で命を乗せるオートバイが作られているのが分かりました!

私は普段は車専門ですが、工場で作られていくオートバイを見ていると、乗りたくなりましたね。
オバチャンの無謀な挑戦心をくすぐられましたよ(笑)。

ヤマハ発動機さん、貴重な工場の様子を見せていただいて、ありがとうございました!

ヤマハ発動機さんの工場見学は、学校関係の団体工場見学のみのようです。
残念ながら個人の工場見学の受入はしていないようです。
でも、本社敷地内の『コミュニケーションプラザ』で、ヤマハ発動機さんの歴史や製品などを見ることができます。
コミュニケーションプラザもとても楽しいので、オススメです!

ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ 詳細

HP≫≫≫ ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ

ヤマハ発動機 エンジン分解組立体験 オートバイ工場 コミュニケーションプラザ見学

住所 静岡県磐田市新貝2500
電車で行く場合
JR磐田駅より タクシーで約10分(約4.5km)
JR磐田駅前バスターミナル2番のりば
遠鉄バス「城之崎経由磐田営業所」行き「ヤマハ発動機前」下車徒歩約2分
JR磐田駅前バスターミナル2番のりば
遠鉄バス「東新町」行き「西貝塚北」下車徒歩約12分
車で行く場合
東名高速道路・磐田ICより約5km、袋井ICより約6.5km
磐田バイパス・岩井ICより約2km

[ヤマハ発動機本社潜入!『ヤマハ発動機 エンジン分解組立体験 & オートバイ工場/コミュニケーションプラザ見学』]の巻、もうちょっと・・・(笑)

【ヤマハ発動機本社潜入!『ヤマハ発動機 エンジン分解組立体験 & オートバイ工場/コミュニケーションプラザ見学』関連記事】
エンジンの構造が分かるとますます乗り物が楽しくなるね!@ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ
ヤマハ発動機コミュニケーションプラザで展示されているエンジンを激写してきた!
ヤマハ発動機コミュニケーションプラザのプラザカフェで地産地消・静岡の美味しい食材で作ったランチを堪能!
ヤマハ発動機本社工場7号館で世界で活躍しているヤマハ発動機のオートバイの組み立てを見てきました!
ヤマハ発動機株式会社企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」がリニューアルされていた!


twitterで記事更新情報をつぶやいております! ▶︎




【スポンサーリンク】
  

コメントをどうぞ♪