水上オートバイ専用の免許『特殊小型船舶免許』を取得しました!

昨年、浜名湖で体験してから、とっても興味津々だった水上オートバイ専用の免許『特殊小型船舶免許』を取得しました!

IMG_0984

水上オートバイはボートとは違った俊敏なマリン体験が楽しめます!

それでは、私の水上オートバイ専用の免許『特殊小型船舶免許』の体験記です。

今回は羽田試験場

ボートの時は『ニューポート江戸川』で取得したのですが、今回は羽田試験場で取得しました。
『ニューポート江戸川』では小型船舶操縦士の免許はやっているものの、特殊小型船舶免許は無いようです。

ヤマハボート教室

近くでは漁業に携わる人が作業していたり、リラックス気分で試験に臨むことができました。

今回は『学科セルフコース』を選びました

ヤマハボート免許教室では、免許を取得するときに講習がセットであります。
特殊小型免許は講習が学科・実技の両方を合わせたレギュラーコースと、学科を自分で勉強する学科セルフコースがあります。
私は小型船舶免許を昨年取得したので、学科の試験科目は『運航』だけ。
なので学科セルフコースにしました。

昨年、小型船舶免許を取得したということもあり、学科の勉強の仕方などは記憶に残っていて、徹底的に問題集をやりました。
試験時は40問中18問を回答するだけなので、昨年小型船舶免許を取得しておいて良かったと思いました!

実技講習

ヤマハボート教室

実技講習はひとりひとり丁寧に教えてくれます。
水上オートバイはそもそも免許が無いと運転できないので、誰もが初心者。
30分ほどでしょうか。
少し離れたところまで行って、エンジンの始動から発進、スラロームなどを教えていただきます。
最初はボートと違い、水上オートバイは水との距離が近くてドキドキしていましたが、近くの漁師さんらしき人が作業しているのを見ると、ちょっと先の水深が足首くらいだったので、安心感もありました。

初めて水上オートバイを運転したのですが、最初は緊張しましたが、水の上の風の心地良さも手伝い、スグに慣れました。
ボートとは違った、直に感じる水の感じもいいですね!

実技ではボートとは違い、コースを覚えておかないといけません。
水の上の実技講習が終わったら、コース用を覚えるための印も用意されていたので、何回かまわってみました。

ヤマハボート教室

実技講習では、水上バイクのことも教えていただきます。
ヤマハボート教室

ヤマハボート教室

一見、なんじゃこりゃ!って感じですが、ちゃんと覚えましたよ(笑)。

水上オートバイとボートの違いは、動かしたときに動く部分もチェックすること。
ハンドルを動かすと動く部分とか。
セットで覚えます。

ロープワークもあります。
ヤマハボート教室

試験当日

ヤマハボート教室

試験は、小型船舶免許の時と同じ、身体検査から。
私は昨年、小型船舶免許を取得したばかりなのでパスでした。

その後は学科試験。
特殊小型船舶免許は試験科目が運航だけ18問なので試験時間は20分。
丁寧に見ていったら時間が足りなくなりそうでした。

その後は実技試験。
水上バイクのチェックとロープワーク。
そして運転です。

雨降りの日でしたが、私の晴れ女パワーが出動したのか、私の番には雨も上がりました。
ただ、風が練習の日よりも強く、曲がったりするときは緊張しましたね。

ドキドキの合格発表

小型船舶免許はインターネットで合格が発表されます。
ドキドキしてHPを開いて、自分の番号を発見したときの嬉しさ!
これで、水上バイクを自分で運転して楽しむことができます。

新しい免許証も届きました!

IMG_0987

特殊と記されていますね。

小型船舶免許を一旦送付したのですが、一緒に戻ってきました。
IMG_0990

有効期間も一年延びていますね。

バイクと付くと、どうしても若い人のようなイメージがあり、いろいろと迷いもあったのですが、でも浜名湖での楽しい体験を思い出すと、自分でもマリンジェットを操縦したくなり、今回挑戦しました。
講習、試験を通して初めて自分で運転してみて、思った以上に楽しいです!
これは、人生を楽しむすごいモノを手に入れたって感じです!

ヤマハボート教室

私も会員になっている『Sea-Style』にはマリンジェットのレンタルもあります。
乗るのが楽しみです!

ヤマハ発動機さんのボート免許・特殊小型取得の詳細は公式HPでご覧ください。
≫≫≫ ボート免許の取得・更新

≫≫≫ Sea-Style

≫≫≫ 免許&シースタイルW入会プラン


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪