第1回クロネコヤマト アンバサダーミーティングは日本の流通の要[羽田クロノゲート]でした!見学編

クロネコヤマト アンバサダーとして、【クロネコヤマト アンバサダープログラム】のイベント・第1回クロネコヤマト アンバサダーミーティングに参加しました!

毎日のようにクロネコヤマトさんに荷物を運んでもらっています。
口に出しては言いませんが、もう顔なじみ(笑)。
お世話になっております。

今回は、私の荷物がどのような感じで送られているのか?という私の長年の思いが叶い、なんと日本の流通の要と言っても過言ではない巨大な物流ターミナル・羽田クロノゲートを見学させていただきました!

クロネコヤマト クロノゲート

残念ながら、見学コースは撮影NGだったので写真は無いのですが、今、まさに配送されていく荷物の様子や、今まで知らなかったクロネコヤマトさんのお仕事を知ることができました!
まさに大人の社会科見学!
興味津々で、じっくり見させていただきました!

クロネコヤマト クロノゲート

見学コースは5つに分かれています。
まず、入るとすぐに『100THANKS』と名付けられたヤマトグループの歴史が展示されていました。
ただの記述ではなく、キューブがはめ込まれていて、自由に取って見ることができました。

次は見学者ホール
映像で説明していただきました。
宅急便の始まりや生活スタイルが変わってきたことで、様々な流通が生まれたこと。
そして羽田クロノゲートの説明もありました。

クロネコヤマト 羽田クロノゲート

次は待望の、実際に荷物が流れていくところの見学です!
荷物は、ただ流れていくのではなく、行き先ごとに仕分けられながら流れていきます。
驚いたのは、荷物がレーンに乗り込むとき。
荷物はひとつひとつシートに載せられているんですが、人がやっているかのように、空いているシートめがけて載っていきます!
荷物に目があるかのようです。
これには驚きました!
シートは全部で1336枚あるそうです。
最大で一度に1336の荷物を仕分けるためのレーンに載せていることになるんですね。

そして、シートに載った荷物は、自分の行き先の仕分けゾーンに着くとシートがキャタピラのように回って荷物を流していきます。
本当にお見事!
まるで荷物自身が心を持っていて、自分が行くべき道に着くと、自ら向かっていくかのようです。
それも、スピードが速いんですよ!

毎日毎日、家の近くには宅急便の宅配トラックが走っているし、我が家にも荷物を運んでいただいているんですが、あのスピードだからこそ、大量の荷物を早く配達できるのだと思いました!

クロネコヤマト 羽田クロノゲート

とても広い羽田クロノゲートや日本全国の道路状況も365日24時間休むことなくチェックできるのが集中管理室
私たちが見学しているときには、お二人の方がモニターの前に座られてチェックされていましたよ!

集中管理室のモニターは24個。
エラーがあると、点滅して教えてくれるそうです。
エラーのある場所にマイクで伝えるそう。

また、羽田クロノゲートは一度に全部で104台の大型トラックをつけることができるそう。
その管理も、集中管理室でやっているそうです。

集中管理室では、365日24時間休むことなく日本全国の道路状況や天気もチェックしているそうです。
以前、関越自動車道で大雪で足止めをくらったとき、たまたま隣がクロネコヤマトの大型トラックでした。
ここから指示とか、もらっていたんですかね。

クロネコヤマト クロノゲート

最後は展示ホール
まずは、北海道でとれた海産物が海を越えて新鮮のまま香港のホテルに届く仕組みも説明していただきました。
国際クール宅急便で、香港へ新鮮なまま北海道の海産物が運ばれているのには驚きました!
旬の食材を、新鮮なまま送ることが出来ます。
日本の海産物を食べたいという外国からの需要は多いそう。
国際クール宅急便は、もう、国という境界線は無いと思わせてくれますね。
外国にいても日本の美味しいものを食べられたら、仕事で海外勤務をしている人の心を和ませてくれそうですね。

クロノゲートでは、家電の修理もしています。
契約している家電の会社の壊れた製品をクロネコヤマトの社員が修理するというもの。
本来なら、クロネコヤマトが壊れた機器を回収してメーカーに届け、修理が終わったらメーカーから直したものを引き取り、配達するというのが本来の姿。
修理する場所がクロノゲートなので、メーカーに届け引き取る分の手間が省けます。
そして修理に出ている期間も短くなり、横浜くらいだと、回収した翌日には直って送り返すことができるそうです。
これは嬉しいサービスですね!

また、医療機器の洗浄をして送り返すサービスもしているそう。
一人暮らし用の家電のレンタルもしているそうです。
医療機器を洗浄する技術があるので、安心してレンタルできると思いました。

展示ホールでは、展示を見たり楽しむだけではなく、クロノゲートの荷物の仕分けのような体験をし、クロネコグッズもいただいてきましたよ!
これは楽しいし、もらって嬉しいし、とてもよいシステムだと思いました!

そのほか、オンデマンド印刷や印刷物を封筒に入れて配送するサービスもあるそう。
クロネコヤマトは配送だけではない、様々なことをしているんですね。

ちなみに、以前私が記事に書いた『スワンカフェ』もクロネコヤマトの経営だそうです。
『スワンカフェ』は羽田クロノゲートにもありました。
分かっていたら、早く来て、お茶したら良かったorz

クロネコヤマト クロノゲート

イベントでは『スワンカフェ』のサンドイッチとドーナツもいただき、とっても美味しくいただきました!

今回のイベントでは話が出ませんでしたが、我が家ではクロネコヤマトのトイレットペーパーをずいぶん前から使っています。
一巻きがとても多くて、しっかり巻かれていて、長い時間使えるんですよ!
時々、営業所へ行って一箱買ってきます。
そろそろ無くなってきたので、買いに行かなきゃ!

クロネコヤマト 羽田クロノゲート

羽田クロノゲートの見学は、普段はなかなか予約が取れないそう。
とても人気なんですね。
日本の物流を支えている羽田クロノゲート、想像以上にすごいパワーでした。
あそこを通ってくる私の荷物。
話せるのなら、あのスピードで目が回らないの?って聞いてみたいほどです(笑)。
とにかくパワフルでした!

以上が見学コースの体験でした。
その後、クロネココンパクトのお話やテーブルに分かれてのワークショップもありました。
とても楽しかった!
その様子は、また別記事で!

羽田クロノゲートの見学コースの詳細は公式HPをご覧ください!
≫≫≫ 羽田クロノゲート 見学コース

【関連リンク】
ちっちゃいもの送るなら。 | ヤマト運輸
クロネコヤマト アンバサダー募集フォーム

【クロネコ アンバサダー 関連記事】
巨大なクロネコの口からプレゼントが!クロネコヤマト巨大クロネコ全国行脚が新宿から始まる!【PR】
第1回クロネコヤマト アンバサダーミーティングは日本の流通の要[羽田クロノゲート]でした
第1回クロネコヤマト アンバサダーミーティングで宅急便コンパクトの箱を考えてきた!


twitterで記事更新情報をつぶやいております! ▶︎




【スポンサーリンク】
  

第1回クロネコヤマト アンバサダーミーティングは日本の流通の要[羽田クロノゲート]でした!見学編” への1件のコメント

  1. ピンバック: 日本最大級のヤマトグループの総合物流拠点の一つ[羽田クロノゲート]がすごかった! | ブロガーセレクション

コメントをどうぞ♪