日本初公開の原画がたくさん!『日本語版刊行15周年 リサとガスパール展』が始まる!

まるで、いつも側にいてくれているような不思議な存在感のリサとガスパール。
とっても可愛いですよね。

今日から松屋銀座さんで『日本語版刊行15周年 リサとガスパール展』が開催されます。
開催前に内覧会に参加させていただき、一足お先にリサとガスパールワールドを楽しんできました。
(※今回、内覧会参加者のみに中の様子を撮影の許可をいただきました。開催中は撮影はできませんのでご注意ください!)

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

リサとガスパール展では日本初公開のものも多く展示され、興味深く見せていただきました!
これは必見ですよ!

『日本語版刊行15周年 リサとガスパール展』は今日から8月24日まで!
日本初公開のものも多く、とても貴重なものを見れる機会です。

リサとガスパールの物語の誕生のきっかけとなった「赤い手帳」に愛情を感じる!

私は今まで知らなかったんですが、『リサとガスパール』の誕生には、とってもステキな愛のお話がありました!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

リサとガスパールの物語の誕生は、絵を描いているゲオルグ・ハレンスレーベン(Georg Hallensleben)氏がテキストを担当しているアン・グットマン(Anne Gutman)氏に赤い手帳を贈ったことから始まります。
ゲオルグ氏がアン氏が欲しがっていた赤い手帳を贈った際、インデックスになる部分に絵を描いてプレゼントしたそうです。
その絵がリサとガスパールの物語の誕生のきっかけになったそう。
ステキな心遣いが世界中を魅了することになるとは!
ホントに愛ってステキだと思いました!

ちなみに一緒に住んでいた二人、ゲオルグ氏がアン氏にナイショに絵を描くのが大変だったそう(笑)。

リサとガスパールが誕生した頃の貴重なぬいぐるみも展示されていました。
日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

リサの名前は『リサ』でしたが、ガスパールの名前が違うのも見所です!

アトリエの様子も見ることができます

リサとガスパールの物語が生まれているパリのアトリエ。
4月に取材された時のものだそう。
アトリエの様子もステキでメルヘンの世界のようです!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

未公開の作品を含む原画約150点も展示されています!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

とにかく沢山の原画が展示されています!
リサとガスパールが大好きな私にとって、とても嬉しかったです!
一日いても飽きないくらいの量!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

完成する前の前の前のようなメモ的な展示物もあり、とても興味をそそられました!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

日本にいながらにして、作者の息遣いさえ感じとれるものを見れるなんて、感激でした!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

リサとガスパールを見に行ったのに見られてる(笑)

会場では、可愛くって好奇心いっぱいなリサや優しいガスパールが来場している私たちを見ています(笑)。

リサとガスパール

どこにいるか、探してみてくださいね!

撮影ゾーンもあります!

リサとガスパール

『日本語版刊行15周年 リサとガスパール展』では、撮影ゾーンもありました。
リサとガスパールと、ステキな思い出も残せますよ♪

リサとガスパール

新作原画『リサとガスパール@TOKYOSTATION』を使った撮影ゾーンで思い出写真も撮れるんです!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

リサとガスパール展オリジナルグッズが沢山!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

リサとガスパール展のオリジナルグッズが沢山あって、みんな連れて帰りたかったほど(笑)。

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

沢山の品揃えでした!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

これは、欲しすぎる!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

リサとガスパール展オリジナルグッズ売り場は展示会場の外なので、展示を見ない日でも購入できるのがいいですね。
いつも、あの時、あれを買っておけば良かったと思う私にとって、会場に入らなくっても買えるのは嬉しいです!

可愛すぎて食べられない♪って思うフードも堪能!

『日本語版刊行15周年 リサとガスパール展』と同時に、とっても可愛いお食事を楽しめるカフェも開催されます!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

お肉たっぷりビーフシチュー

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

超お肉がトロトロ!
可愛いくって、料理のクオリティが高いです!
これはたまりませんね!

サラダがついて2,300円(税抜き)は、ちょっと銀座価格かな?って思いましたが、食べてみると納得!
たっぷりついたトロトロのお肉は、リサとガスパール展を見た後の夢の続きというか、感動が続くような気がしました!

リサとガスパールのプリンアラモード スーベニアカップ付き

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

試食会場で、思わず歓声が出た可愛いプリンアラモード。

リサとガスパールのクッキーとプリンの下には、沢山のフルーツが入っていました!
思った以上に沢山入っているので、シェアして食べてもいいかもってくらいです(私は全部食べれますがwww)

食べた後のスーベニアカップは持ち帰れます!
日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

お土産もできるし、美味しいし、ぜひリサとガスパール展の後は超オススメ(笑)。

素敵なカフェで美味しい夢の続き、ぜひ楽しんでください!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

リサとガスパールの登場でテンション上がりまくり!

今回の内覧会では、リサとガスパールも登場して、テンションが上がりまくりでした!

すごい、かわいい!

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

リサとガスパールは、どこかしらノスタルジックな感じもしていて、ずーと側にいてくれたような親しみを感じるので、見たときから大好きでした!
そのリサとガスパールをじっくりと堪能させていただくことができ、もう感激の内覧会でした!

実は作者のゲオルグ氏とアン氏のお姿もチラリと拝見。
来日されているようです。
もしかしたら展示会場にいらっしゃるかもしれませんね!

『日本語版刊行15周年 リサとガスパール展』概要

日本語版刊行15周年 リサとガスパール展@松屋銀座

■開催期間 2015年8月5日(水曜日)~ 8月24日(月曜日)
■会  場 松屋銀座 8階イベントスクエア
■開催時間 午前10時 ~ 午後8時 (最終日は午後5時閉場)
■入場料  一般1,000円  高大生700円  中学生500円  小学生300円

公式サイト≫≫≫ 日本語版刊行15周年 リサとガスパール展

オリジナルグッズには数量限定の展覧会限定ぬいぐるみもあり、私も近いうちに、再び見に行こうと思います!

(※今回、内覧会参加者のみに中の様子を撮影の許可をいただきました。開催中は撮影はできませんのでご注意ください!)


twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする

コメント

  1. […] ▼今回ご紹介した『ちわわのまま』の記事 ・日本初公開の原画がたくさん!『日本語版刊行15周年 リサとガスパール展』が始まる! […]