ますます落語にハマっていく!シェアする落語第10回は立川寸志さん

前回に引き続き、シェアする落語第10回を見させていただきました!

今回は、立川寸志さん。

シェアする落語 立川寸志

立川寸志さんは、44歳で脱サラして落語家になられたそう。
すらすらと流れるように溢れる言葉は、とても44歳で弟子入りしたとは思えません!

私は今回で生落語3回目という超初心者ですが、聞いていると、
(何人の人がココにいるんだ?)
っていう不思議感。
すごいですね!
あっという間に、自分の中にお話の世界ができて、映像すら浮かんでくる感じ!

私たちの時代にはすでにテレビがあったりして、自分の頭の中に映像を作って楽しむというよりも、映像を見て楽しむという世代でした。
話を聞いて、想像の世界の映像を思い浮かべ、楽しむということは、ホントに新鮮な体験!
ますます落語にハマりそうです(笑)。

『シェアする落語』とは?

ブログ『裏[4k](ura_shike)』の四家さんが主宰されています。

シェアする落語 立川寸志

『シェアする』とは、『ピザを分け合うような分け合うというイメージ』と『ネットやクチコミなどを介して拡散する』という意味があります。
なので、撮影タイムもあり、取り放題(笑)。
従来の寄席などの落語の席では、絶対に撮影はNGだそう。

『シェアする落語』は、落語家さんを自由に撮影できるチャンスでもあります(笑)。

シェアする落語 立川寸志

がんがん、撮りまくりましたとも!

シェアする落語 立川寸志

シェアする落語 立川寸志

シェアする落語 立川寸志

楽しかった!

演目

シェアする落語

今回の演目は、
■幇間腹
■応挙の幽霊
■佐野山

どれも古来からあるような題材ですが、現代にアレンジされていていました。
笑いのツボが刺激されましたね!

シェアする落語 立川寸志

それにしても噺家さんて、こんなにすらすらとどんどん口から出てくるものなのかというのにも驚きました!
口から出ているのは言葉なのに、私の頭の中には映像が浮かんできます!
ホントに不思議ですね!

今回は懇親会も参加しました!

シェアする落語

今回は懇親会も参加しました。
立川寸志さんも参加されて、とてもディープで楽しい懇親会でした!

知らない世界のお話を聞くのも楽しいですね!
固有名詞などは、全く分からなかったのですが、次回は少しは話についていけるようになりたいと思いました!

次回のシェアする落語は12月だそう。
シェアする落語のおかげで落語の楽しさを知り、今から楽しみです!

関連リンクは以下となります。
≫≫≫ 立川寸志さんTwitter
≫≫≫ シェアする落語 ブログ
≫≫≫ シェアする落語 facebook

スポンサーリンク

twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする