ヤマハリゾートつま恋のレーシングカートで本格的カートを楽しんできた!

車が大好きな私。
でもカートは初体験!
今回、ヤマハ発動機さんのイベントで、体験取材させていただきました!

地面スレスレくらいの位置に座り滑走するカートは新鮮で、めっちゃ楽しんできました!

カートにも乗りましたが、調子にものり、すんごい楽しんできましたよ!

つま恋カートコースは?

楽しんできたのは、静岡県掛川市にあるホテル・宿泊・リゾート施設「ヤマハリゾートつま恋」。
夏になるとミュージシャンの野外コンサートがニュースになり、どんなとこかな?って思っていました。

「ヤマハリゾートつま恋」は、とてつもなく広い!
野外コンサートが開かれる会場は6万5,000人もの人が集まると聞いていましたが、そのコンサート会場は「ヤマハリゾートつま恋」のほんの一部!
敷地面積は170万㎡(55万坪)という、想像もできないほどの広さです!

『つま恋カートコース』は、野外コンサートとは反対の位置にあります。
カートコースへは、ゴルフカーで移動しました。

新緑の中、とても気持ちいいドライブでした!

『つま恋カートコース』のレーシングカートのコースは本格的なコースでした!

遊園地にあるようなゴーカートをイメージして参加した私。
本格的なコースに驚くとともに、わくわく感がふつふつ(笑)。

すごいことになっていました!

本格的な旗にわくわく!

こういうのテレビでみたことある!

そんな私のテンションをよりあげてくれるつなぎは今年の新作をご用意していただきました!

つなぎまでご用意していただき、気分はレーサー(笑)。
なんちゃってレーサーになって、レーシングカートを楽しみましたよ!

レーシングカートの仕組みはシンプル!

乗る側の操作としてはボタンを押してエンジンスタートし、アクセルを踏む、ブレーキを踏む、ボタンを押してエンジンを止める。
ただこれだけ!
ただし、車の免許を持っていないと乗るのはムリのようです。

HPを見てみると、
『有効なSL又はJAF競技ライセンスを取得していない場合は走行頂けません。』
とあります。

ま、車の免許があれば、簡単に乗ることができます。
運転は車と同じなのですが、地面スレスレの位置での運転は普段車高の高いランドクルーザーを運転している私にはとても新鮮!
新たな世界でした!

ちなみに、エンジンはもちろんヤマハさんのものです!

乗ってみました!

ドキドキの初体験!
出発前には手を上げます!

颯爽と走るおばちゃん(笑)。

楽しい!

あっという間の3週でした!

(specialthanks 元うなぎ屋NEO

そして、次々と体験するブロガーさん。

みんな本気で楽しんでいましたよ!

その後タイムレースも行われました。

私は前に走っているカートがクラッシュしたのをうまく避けれたと思ったのですが、惜しくもビリ(笑)。
すごいことに秒の戦いでしたね!

表彰式も本格的!

シャンメリーでシャンパンファイト!
楽しかった!

『つま恋カートコース』はジャパンカートグランプリ開催コースとしても有名です。
そのコースを走れた幸せ!
こうしてブログに思い出しながら書いていても楽しさがよみがえってきます!
また乗りたい(笑)。

今回、着たつなぎをそのままいただいてきました。
現地では、ボート免許を取ったブロガーが多く、みんなでこのつなぎを着てボートに乗ろうよ!って話してきたんですが、みんなでカートにつなぎを着て乗りに行くのもいいなぁって思いました!

ヤマハ発動機さん、今回も乗り物大好きブロガーのツボを大いに刺激してくれるイベントをありがとうございました!
めっちゃ楽しかった!

お茶の名産地・掛川のお茶の差し入れも嬉しかった!
ハーモニープラザ ヤマハ ヤマハピアノ ヤマハ掛川工場

やはり美味しいですね!

ヤマハリゾートつま恋のレーシングカートとコースの詳細は公式HPでご確認ください!
≫≫≫ カートコース

ヤマハリゾートつま恋 詳細

所在地 〒436-0011 静岡県掛川市満水2000
電 話 0537-24-1111
HP   ヤマハリゾートつま恋


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

ヤマハリゾートつま恋のレーシングカートで本格的カートを楽しんできた!” への1件のコメント

  1. ピンバック: YAMAHA Resort つま恋でレーシングカートを体験してきた話 | ブロガーセレクション

コメントをどうぞ♪