最新のニュースがどんどん表示されるハミングヘッズ社のJusty Finderは『今』を見逃さないニュース検索エンジン【PR】

 

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

ソフトウェア開発のハミングヘッズ社のブロガーイベントに参加して、ソフトウェア開発で培った技術で自社開発したニュース検索エンジン『Justy Finder』についてお聞きしてきました!

ハミングヘッズ社 Justy Finder

ネットには既にニュースサイトが多く存在していて(今更ニュースサイト?)って思ってお伺いしたんですが、『Justy Finder』は既存のニュースサイトとは全く違った『今』を見逃さないニュース検索エンジンでした!

ハミングヘッズ社とは?

ハミングヘッズ社 justyfinder

今回のブロガーイベントに参加するまで『ハミングヘッズ社』というお名前を聞いたことがありませんでした。
1999年10月25日に創業したハミングヘッズ社は、大企業や官公庁にセキュリティソフトを販売するITベンダーで、最近では個人向けにもネットを通じてセキュリティソフトを販売している会社だそうです。

ハミングヘッズ社のJusty Finderは?

2年半前に開始されたJusty Finder
最新情報に敏感な方をターゲットに配信されている『ニュース検索サイト』です。

Justy Finder

Justy Finderは、現在、新聞協会やネット配信している300媒体から、一日に6,000から10,000ものニュースを拾い、配信しています。

配信の仕方は、最新情報を時系列に、ジャンル分けは配信している媒体の指定しているものを使い、Justy Finderは人の考えをなるべく入れないようにして配信しているそうです。
言い換えれば『機械的に収集し、機械的に流す』。
情報は元が一緒でも人のフィルターを通すことで、そのフィルター色になってしまいがちですが、Justy Finderは人のフィルターを通っていないので、検索する側にとっても平等な情報を得ることが出来ます。

というわけでJusty Finderはニュースサイトのように見えますが、『ニュース検索サイト』です。
見たいと思ったニュースをクリックすると、配信元に飛びます。

ニュースサイトは時間が経つと記事を消してしまいますが、Justy Finderの中には題名や冒頭の文が残るそう。
Justy Finder開始以来2年半に配信したニュース500万件くらいのビックデータが残っていて、解析しているそうです。

Justy Finderはローカルニュースも全部拾うそうで、日本全国どこにいても活用できると思いました。

Justy Finderと検索エンジンのニュース検索との違い

検索エンジンでニュース検索すると、そのキーワードに関わったもの全てが表示されます。
たとえば『北海道』のことを知りたくて『北海道』と検索しても東京で開催された『北海道』関連のものが出てきたり、『北海道』であればナンデモアリな検索結果が表示されます。

Justy Finderは、細かな指定もできますし、検索エンジンのニュース検索よりも確実に欲しいニュースに出会えるかもしれません。

Justy Finder

また、検索エンジンはよくアルゴリズムが変わり、今まですぐに見つかったものが無くなったり、利用者としてその基準を教えてはもらえないので、見つけるのが大変です。
Justy Finderは『時系列』というきまりがあるので、探しやすいですね。

Justy Finder配信の裏側

『Justy Finder』はソフトウェア開発で培った技術で自社開発したニュース検索エンジンで、ハミングヘッズ社が開発したものです。
いわば『国産のニュース検索エンジン』。

実際にJusty Finderの収集の様子や配信しているコンピューターを見せていただきました。

justy finder

写真では分かりませんが、絶えず画面が動いています。
その様子はコチラ▼。

justy finder

堀田智子さん(@tomokohorita)が投稿した動画 –

このお部屋に入ったとき、モニターがたくさんあって、なんだかテレビとか映画の世界に入ったかのようでした。

ハミングヘッズ社 justyfinder

全自動収集システムを使った『Justy Finder』。
次々と表示される媒体の記事の様子が圧巻でした。

次はコンピュータールーム。
ハミングヘッズ社 justyfinder

グリッドコンピューティングシステムで300台ものパソコンが稼動しています。
中には工場にあるような大きな扇風機もあり、普段見ることが無い光景には驚きました!

ハミングヘッズ社 justyfinder

このような状況で、24時間『Justy Finder』は稼動しています。

Justy Finderの使い方

Justy Finderにはたくさんの検索機能があります。
私が使ったものをご紹介します。

オプション検索 OFFのままで

Justy Finder6

何もしなければ検索は出てきません。
右上の[オプション検索 OFF]をクリックすると、詳細な検索ができます。

オプション検索

[オプション検索 ON]で様々な検索が行えます。
先に『カテゴリ』も指定しておきます。

■掲載記事ワードランキング
Justy Finder1

掲載記事ワードランキングでニュース媒体各社のトレンドも分かりますね。

■表示を変える
デフォルトでは[マガジン表示]になっています。
Justy Finder3

それを詳細表示にもできます。
Justy Finder2

詳細表示にすると、かなり縦長になりますね。

■絞り込み掲載元でお気に入りの会社のものだけを見ることが出来ます。
Justy Finder4

■文字サイズも変えられます。
Justy Finder5

かなり絞られるので、膨大な量のニュースですが、目的のニュースを見つけられます。

■エアライン空席検索
Justy Finderはエアライン空席検索もできます。
Justy Finder7

Justy Finder8

価格まで分かって便利だと思いました!

もちろんスマホからでもエアライン空席検索が出来るので、忙しいビジネスマンも忙しくない私にも超便利だと思いました!

Justy Finderを使ってみた感想

私の場合、ブログは自分の日常よりもデバイスや企業のモノ・コトを書くことが多いです。
なのでひとつの記事を書くにあたり、多いものだと半日くらいかけて調べたり材料を用意したりすることがあります。
Justy Finderはブログに書く情報や材料集めに活用できると思いました。

ちょっと気になったのは検索するときに入れる言葉。
Justy Finderに使われているのがニュースサイトなので、表示されているのもニュースサイトのまんまの語句です。
その多くは新聞の見出しと同じだったりするので、新聞の見出しのノリで検索しないと出てきません。

Justy Finder

例えば今ワイドショーなどでもよく取り上げられている『ダルビッシュ投手』ですが、見出しに『ダル』と出すマスコミは多いです。
[総合]カテゴリで『ダルビッシュ投手』で検索しても何も出てきませんでしたが、『ダル』で検索したら記事が表示されました。
なので、Justy Finderで検索するときは『新聞の見出し』を意識して検索するといいと思います。

また、普段外出しているときはスマホでニュースを見ます。
Justy Finderはスマホでも見やすいです。

justy finder

Justy Finderはとても便利で、ヒマな時や電車に乗ったときなど、これからJusty Finderをよく使うと思うのですが、現在だとブラウザから立ち上げて見ています。
Justy Finderを立ち上げるアプリがあると、もっともっと使いやすくなると思いました。

国産で新鮮なニュースを届けるJusty Finderにちなんで美味しいお寿司もいただきました!

今回のブロガーイベントは日本で作られたニュース検索エンジン(ハミングヘッズ社開発の検索エンジン)Justy Finderが新鮮なニュースを届けるということで、国産の材料を使った、握りたての美味しいお寿司をいただきました!

ハミングヘッズ社 justyfinder

なんと、あの築地玉寿司さんが出張で来られ、握りたてをいただきました!

握りたてお寿司!

堀田智子さん(@tomokohorita)が投稿した動画 –

まさかのお寿司屋さんの登場で、テンションが上がりまくりでしたわ(笑)。

ハミングヘッズ社 justyfinder

ハミングヘッズさん、ステキなJusty Finderのご紹介、ありがとうございました!
『国産!新鮮!』なJusty Finder、しっかり記憶しました!
これからブログの執筆に、普段のニュース探しにJusty Finderを活用したいと思います!

Justy Finderのサイトはコチラです ≫≫≫ Justy Finder


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪