キューサイのホットスムージー『ほっとSaiby サイビー』を食べたら体がホカホカになりました!

この記事の商品は既に販売終了しています。

キューサイさんのセミナーに参加させていただき、新発売のホットスムージー『ほっとSaiby サイビー』のお話をお聞きしたり、実際に試食させていただきました。
すると食べた直後から体がホカホカしてくるのを感じられ、『ほっとSaiby サイビー』は体をホカホカにしてくれる食べるスムージーだと実感させていただきました。

ホットスムージー ホットサイビー

私は以前普通のサイビーを食べていましたが、体がホカホカになるという実感はありませんでした。
で、なんで『ほっとSaiby サイビー』を食べると体がホカホカするのかお聞きしてきました。

ベースになる野菜は根菜

ホットスムージー ホットサイビー

野菜にも様々な種類がありますが、中でも根菜は食物繊維が豊富ででんぷんが多いです。
でんぷんは体を温めてくれるそうです。
そういえばサツマイモやサトイモなどのお芋類は秋が旬ですね。
体を温めてくれるでんぷんの多い野菜の旬が秋に多いのは、夏に暑さから体を冷やすために冷たいものを沢山食べて体を痛めていて、秋に修復するために体を温める野菜が多く旬をむかえるという自然の仕組みなのかもしれません。
根菜に多く含まれているでんぷんを摂るのが、これから寒くなる季節に必要だそうです。

ホットスムージー ホットサイビー

そして大切なのが『黄金しょうが』
『黄金しょうが』は、『ほっとSaiby サイビー』5種類全てに入っています。
『黄金しょうが』は、生姜の中でも生姜独特の辛味成分ジンゲロールを豊富に含んでいます。
その上、『黄金しょうが』は、すりつぶしてから長時間色が変色しないそうです。
その分辛み成分が多いからだそう。
『黄金しょうが』の効果でしょうか。
食べてしばらくしてからホカホカを実感して、その後はずーとホカホカでした。

また、甘酒と塩麹も使用されています。
ホットスムージー ホットサイビー

甘酒は飲む点滴と言われるほど人間が必要とする栄養が豊富です。
総合ビタミンドリンクとも言われています。
甘酒は芋類とも相性がいいそう。

ほっとサイビーに使われている甘酒は麹を発酵熟成させて作ったもの。
酒粕をお湯で溶いたものではありません。

そして塩麹
ホットスムージー ホットサイビー

最近、人気の塩麹。
肉が柔らかくなったり、味が良くなったりと、今や人気の調味料です。
使われている塩麹には保存料は使われていません。
塩・麹。水のみで作られたものです。

サイビーに使われている甘酒と塩麹は福岡県朝倉市にある創業200年の老舗蔵元・株式会社篠崎のもの。
麹の力が野菜をサポートしています。

各色のサイビーの特徴

ほっとサイビーは5色。
5パック入っています。
それぞれに特徴があるので、ご紹介します。

赤 55kcal

ホットスムージー ホットサイビー

ブランド京野菜の『赤万願寺とうがらし』が入っています。
辛みはなく、ほんのり甘いそうです。

ホットスムージー ホットサイビー

■『赤』に入っている野菜
赤万願寺とうがらし/かぼちゃ/黄金しようが/ごぼう/サツマイモ(紅はるか)/とうがん/トマト/にんじん/ビーツ/ヤーコン/りんご/れんこん

白 56kcal

ホットスムージー ホットサイビー

『黄金しようが』の風味が際立った白。

ホットスムージー ホットサイビー

■『白』に入っている野菜
大葉/かぶ/黄金しようが/ごぼう/サツマイモ(紅はるか)/ズッキーニ/だいず/とうがん/にんじん/ヤーコン/りんご/れんこん

黄 57kcal

ホットスムージー ホットサイビー

鹿児島県・種子島で昔から栽培されている在来種の安納芋が入っています。
オレンジ色の果肉は糖度が高く非常に甘みが強いサツマイモです。
熱で壊れにくいビタミン類も豊富に含んでいます。

ホットスムージー ホットサイビー

■『黄』に入っている野菜
かぼちゃ/黄金しようが/ごぼう/サツマイモ(安納芋)/サツマイモ(紅はるか)/ズッキーニ/だいず/とうがん/にんじん/ヤーコン/りんご/れんこん

紫 63kcal

ホットスムージー ホットサイビー

小豆の中でも特に大粒で特定の品種群『大納言』。
小豆は脂質含有量が約2%と少なく、でんぷんが多く含まれます。

ホットスムージー ホットサイビー

■『紫』に入っている野菜
アロニア/黄金しようが/ごぼう/サツマイモ(綾紫)/大納言小豆/とうがん/にんじん/ビーツ/ヤーコン/りんご/レッドキャベツ/れんこん

黒 70kcal

ホットスムージー ホットサイビー

『黒』に入っている野菜の代表は黒豆の最高峰『丹波黒大豆』。
大粒でポリフェノールを多く含みます。

ホットスムージー ホットサイビー

■『黒』に入っている野菜
アロニア/大葉/黄金しようが/ごぼう/黒ごま/サツマイモ(紅はるか)/丹波黒大豆/とうがん/にんじん/ヤーコン/りんご/れんこん

試食した感想

ホットスムージー ホットサイビー

ほっとサイビーは使えるものは皮も種も使います。
なので少し大地の香りがします(笑)。
私は耐えられないほどではないですが、ちょっと苦手に思う方もいるようです。

ホットスムージー ホットサイビー

私が一番美味しいと思ったのは『黒』。
ゴマの香りが美味しいです♪

気になる『黄金しょうが』の辛さですが、私は全く感じませんでした。
それでも食べて10分くらいしたら体がほかほかになってきました。
最初、熱でも出たのかな?って思うくらい感じましたよ!
そのホカホカ感はしばらく続きました。
ちょうどお昼時だったので、お昼寝がしたくなるような心地よさ(笑)。
サイビーは今までは朝に食べていましたが、ほっとサイビーは夜に食べたらぐっすりと眠れそうな気がしました。

ほっとサイビーのHPにも書かれていますが、体温が1度上がれば免疫力も代謝も上がるといわれているそうです。
私は若い頃から体温が低いほうで、冬になると布団に入っても手足が冷たくて寝付けないことがあります。
今年の冬は寝る前に『ほっとサイビー』を取り入れようと思いました。

ホットスムージーは注目されている!

ホットスムージーは既に注目されていて、今年の1月にはNHKの『おはよう日本』で取り上げられていました。
内容は『材料を温めることで消化をよくしたり、冷え性やかぜの予防が期待できる』とのこと。
ホットスムージーはテレビでも注目されているようです。

今回キューサイさんで発売されたホットスムージー『ほっとSaiby サイビー』も温めて食べます。
中身の野菜も体を温めてくれる野菜が使われています。
体を温める野菜を温めてから食べることで、より良さそうな感じです。

スムージーは私も家で作っているんですが、いつもスムージー用の野菜のことを考えたり、作った後も始末をしないといけません。
長く続けるには簡単に取り入れることができるキューサイさんの食べるスムージーがベストかな?って思いました。

既にテレビでも紹介されているホットスムージー。
続かないと意味がありません。
『ほっとサイビー』は手軽に始められ、続けやすい食べるホットスムージーだと思いました。

【関連記事】
『まずいー!もう一杯!!』の青汁でお馴染みのキューサイから発売中のスムージー[Saiby(サイビー)]のお話を聞いてきました!

スポンサーリンク

twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする