コクヨCamiAppSはクラウド連携すると使い方がもっともっと広がる!

コクヨCamiAppSは書いたものをスマホに取り込んだ後はクラウド連携も簡単です!
自分のデバイスだけで書類を溜めておくと、あっという間にスマホの容量が満杯になっちゃうので積極的にクラウドを使うのがいいのかと思います。

コクヨ

私が試したのはEvernoteGoogle Docs
イロイロ組み合わせたら、メッチャ便利かも!

Sponsored Link

まずはEvernoteとの連携

コクヨCamiAppSをEvernoteでも使うことを許可しておくと簡単にEvernoteとの連携ができます。

■取り入れたメモ
コクヨ

■連携させるクラウドを選ぶ
コクヨ

ここではEvernoteを選びました。

■EvernoteにUPされました。
コクヨ

テキストデータはめちゃくちゃですがメモとしてはぜんぜん問題ありません。
私はEvernoteは使っているパソコンやスマホ・タブレットに入れているのでコクヨCamiAppSで取り入れたものはEvernoteに入れておけばいつでもどこでも見ることができます!

Google Docsで取り込んだものをJPEGにする

次男がコクヨCamiAppSに興味を持ったようなのでナニか書いて!って言ったら『何か書けといわれてもなぁ~』と言いつつちょろっと絵を描いてくれました。

コクヨ

コクヨ

これをCamiAppSでとりこみ、Google DocsにUPしました。
CamiAppSでとりこんだ瞬間は次男からは『すげー』の声が!!!
これだけデバイスが発達していても、自分が書いたものがデジタルで取り込まれるということは大人も子どもも楽しいことなのかもしれませんね。

コクヨ

これをJPEGでダウンロード。
コクヨ

JPEGにすることで使い方が広がりますよね。
コクヨ

うちはもう大きくなりましたが、まだ小さなお子さんがいるご家庭では子どもに絵を書かせクラウドにUPして思い出として残しておいてもいいと思いました。

CamiAppSのアプリはクラウドとの連携がスムーズでとっても便利だと思いましたよ!

また写真にいたずら書きしたりできるのも魅力!
コクヨ

CamiAppSはアプリもふくめ、使えば使うほど使い方が無限大!
楽しめるガジェットだと思いました!
ただし、最初の設定が難なくクリアできたらですがw

CamiAppSは直接書きというリアルとデジタルなクラウドというあっちもこっちもという楽しさもあります。
新しいコミュニケーションデバイスを楽しませていただきました!

【私がモニターしているコクヨCamiAppS】

コクヨ デジタルノート CamiApp S メモパッドタイプ iOS版 NST-CAS-P5-AM


twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする