『まずいー!もう一杯!!』の青汁でお馴染みのキューサイから発売中のスムージー[Saiby(サイビー)]のお話を聞いてきました!

この記事の商品は既に販売終了しています。

私たちの年代では知らない人はいないくらい有名なCMのひとつはキューサイの青汁。
悪役で有名な八名 信夫さんの
『まずいー!もう一杯!!』
は、衝撃的でした(笑)

そのキューサイから発売されているスムージー Saiby(サイビー)。
さて、そのお味は『まずいー!もう一杯!!』となるのでしょうか?
じっくりとお話をお聞きしてきました!

Saiby サイビー

キューサイ青汁32年の1つの方向性としてのスムージー

ザイビー

30代、40代はまだまだ若いと思っていても、体の変化から年齢を実感させられる年代でもあります。
そんな時に野菜力。
野菜には、
・抗酸化力
・解毒
・ホルモンに関わること
に作用する力があると、よく聞きます。

ところが野菜をたくさん摂取するにはなかなか大変><
そんな時に嬉しいのは、手軽に食べられる野菜ではないでしょうか。

キューサイのスムージー[サイビー]の特徴

  • 水さえも加えず野菜だけで作られている。
  • 世の中にある色全てといわれる7色で作られている。
  • 加工はできるだけしないのでフレッシュ感がある。
  • ナチュラルな色。
  • 種も皮も丸ごと使われている。

キューサイのスムージー[サイビー]のこだわり

ザイビー

S 製法

Saiby サイビー

超高速の『マイクロ粉砕製法』を使うことで加工時間が短縮され、ふわっふわなスムージーになるそうです。
Saiby サイビー

スムージーが流行り、ミキサーも沢山出ていますが、家庭では高機能のミキサーを使うことが困難です。
サイビーは家庭では実現できないスムージーということなのかもしれません。

使われている原料は野菜や果物そのもの。
Saiby サイビー

加工された粉や果汁などは使ってないそうです。

下ごしらえは、ほとんど手作業。
バナナの皮を剥いたり、ブドウを房から取るのも人の手によって行われているそうです。

真空パックされ急速冷凍でみずみずしさやフレッシュ感を感じられるようにパックされているそうです。
Saiby サイビー

A 味

ザイビー

サイビーは種ごと皮ごと丸ごと使われているので、スイーツを食べるようなあまっちょろい味ではなく、中にはあんまり美味しく無いと思わせるものもあります。
でも、それが自然ではないでしょうか。

I 色

Saiby サイビー

世の中の野菜と果物は7色に分類されるそうです。
野菜や果物の7色にはそれぞれ力がありフォトケミカルから由来しているそうです。

フォトケミカルとは?
植物中に存在する天然の化学物質。

植物は実は紫外線が苦手だそうです。
植物が種を紫外線から守るために色があるそうです。
その種を守るパワーは人の体にはいっても働くそう。
サイビーの色は働く色なんですね!

会場には担当者の方も来られ、緑と白が難しかったと話されていました。
緑は加熱すると茶色になるし、白もなかなか白にならないと苦労を話されていました。

B 美容と健康

日本人は常に野菜不足だといわれています。
ザイビー

一言で野菜と言っても、様々な野菜があり、それぞれ違った働きをするワケです。
体にいいからと言って、毎日毎日様々な野菜を食べるというのは、どう考えても現実的ではありません。
それを現実的にしてくれるのがサイビーのようです。

Y 野菜

サイビーには48種類の野菜が使われています。

Saiby サイビー

中には入手困難な野菜や果物も入っています。

ザイビー

私も自宅でスムージーを作っていますが、小松菜とかりんごとかトマトとかワンパターンになりがちです。
それをフォローしてくれそうなのがサイビー。
サイビーはより沢山の野菜を摂取したい人には強い味方だと思いましたよ。

また、プラセンタサイビーも発売され、野菜プラセンタが入った、より美容にこだわったサイビーもありました。

ザイビー

プラセンタは最近美容系の製品によく見るようになりました。

プラセンタとは?
英語で胎盤という意味。
胎盤から細胞分裂を促進する成長因子などの栄養素がプラセンタと呼ばれていることが多い。

プラセンタサイビーには国産メロンの胎座部分から抽出した植物性のプラセンタが配合されているそうです。

サイビーの色別の特徴

サイビーは色が違うだけでなく、中身も違います。

Saiby サイビー

(kcalは1パック90gあたりのカロリーです)

赤 燃 46kcal

りんご/とうがん/トマト/ぶどう(赤)/バナナ/にんじん/だいず/ビーツ/パプリカ(赤)/アボカド/グレープフルーツ(赤)/クランベリー/ざくろ/しょうが/とうがらし

白 巡 45kcal

りんご/とうがん/ぶどう(白)/かぶ/だいず/バナナ/ズッキーニ/ヤーコン/アボカド/セロリ/グレープフルーツ(白)/しょうが/キウイフルーツ/レモン/すだち

黄 輝 37kcal

オレンジ/とうがん/にんじん/りんご/パインアップル/かぼちゃ/ヤーコン/ぶどう(白)/だいず/レモン/パプリカ(黄)/グレープフルーツ(白)/マンゴスチン/いちご/アボカド

紫 凛 43kcal

とうがん/ぶどう(赤)/ブルーベリー/ヤーコン/りんご/にんじん/レッドキャベツ/オレンジ/レモン/黒大豆/大葉/アボカド/だいず/アロニア/クランベリー

緑 癒 35kcal

ヤーコン/とうがん/りんご/かぶ/メロン/だいず/ぶどう(白)/ほうれんそう/ケール/アスパラガス/キャベツ/こまつな/キウイフルーツ/ブロッコリー/しょうが

橙 活 40kcal

オレンジ/とうがん/にんじん/りんご/マンゴー/ヤーコン/ぶどう(白)/だいず/レモン/バナナ/ビーツ/パプリカ(黄)/ウコン

黒 源 71kcal

ぶどう(赤)/とうがん/ヤーコン/黒大豆/りんご/ブルーベリー/バナナ/にんじん/黒ごま/ごぼう/だいず/レモン/アボカド/カシス/しょうが

サイビーの食べ方

サイビーは冷凍で届き、冷凍で保存します。

ザイビー

暑い夏だとアイス代わりにポキポキ折って食べたり、半解凍で食べてもいいですね。
全解凍だとスムージーのように食べられます。

サイビーが家庭で作るスムージーより良い点

自分では集めきれない種類の野菜を摂取できるのはモチロンですが、使った後のミキサーの手入れも不要なのもいいですね。
私は水洗いでしかしませんが、それもヒトテマですしね(笑)

Saiby サイビー

サイビーと粉末スムージーとの違い

最近ではお手軽スムージーということで粉末のものもよく見ます。
粉末という加工したものは、どうしても味の調整や保存料など添加物に頼りがちです。
サイビーは冷凍で届き、冷凍で保存するので添加物は入っていません。
フレッシュ感を感じながら食べられるワケです。

Saiby サイビーを食べた感想

ザイビー
Saiby(サイビー)は果物をまるこど、なんの操作もせずに作られたスムージーなので、種類によっては食べにくいものもあります。
私は白が苦手でした。
でも、自分で作ったスムージーに加えたりすることで食べにくさは解消されると思いました。

サイビーは置き換えダイエットとしても使われているそうです。
私がスムージーを始めるきっかけになったのはスムージーを続けている人の肌の美しさからでした。
サイビーを続けていると、肌よりもダイエット効果を実感するほうが早いそうです。
まずはダイエットを目指してサイビーをはじめ、結果美肌がついてくるというイメージでしょうか。

私は自分で作ってスムージーを続けていますが、忙しいときはやらなかったりします。
そんな日にサイビーがあれば、毎日スムージーが続けられると思いました。

『まずいー!もう一杯!!』で一世を風靡しただけあって、決して美味しい(笑)とはいえませんが、青汁よりも美味しいです(青汁は定期購入してましたw)。
ブログを始めていろんなことに興味が広がり、それを楽しむためによりハツラツと健康でいるためにサイビーを取り入れようと、お話をお聞きしながら思いました。

Saiby(サイビー)が購入できるところ

Saiby(サイビー)は内容量(90g入り×7色パック)で初回お試し価格は1,150円(税込、送料込)です!
かなりオトクな価格ですので、お試しするだけでも価値があると思いました。

スポンサーリンク

twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする