特許技術『シルクフィル』を使った100%富岡シルクでできた布団

一番最初に富岡製糸場に行ったとき、売店でシルクで美肌になることを知り買ってきたシルクフィル。
なんと、今回そのシルクフィルの特許も持ち、シルクフィルを使って布団を作っている丸三綿業さんにお伺いして、シルクのことを教えてもらったり、実際にシルクフィルを使った100%絹でできた布団を作るところを見せていただきました!

IMG_4254

富澤社長さんはシルクのオーソリティ!

丸三綿業・富澤社長さんよりシルクについての説明もしていただきました。

IMG_4253

富澤社長さんはシルクについての執筆もされていました。

『睡眠環境と寝具』のなかの『シルク』の部分を書かれています。
IMG_4241

シルクの仕組みも教えていただいたり、シルクの基となる繭はまだまだ開発されていて、どんどん新しい種類も開発されているというお話もしていただきました。

IMG_4263

真綿と絹ふとんの違い

絹のことをあまり知らない私は『真綿』と『絹ふとん』の違いがわかりませんでした。
真綿の布団は実家にもあり、高額だったと聞いています。
同じ絹なのに、ナニが違うのか不思議でした。

14439154625_b999b9a858_b

■真綿は熱水などで処理した繭を手で引き伸ばして平板状にして積層にしたもの。
■絹ふとんは真綿以外の絹糸を使ったもの。

丸三綿業さんではシルクフィルという絹の綿を開発して特許も持っています。
シルクフィルは、貞明皇后記念蚕糸科学賞を受賞しています。

IMG_4267

今回、シルクフィルを作っているところとシルクフィルを使った絹布団を作っているのを見せていただきました!

シルクフィルは男性の強い力で!

機械も使うのですが、機械にかけながら引っ張ったり、男性の力強さも秘訣のようです。

作る前の状態

IMG_4337

これが作る前の状態です。
ちょっと真綿のような感じでぺったんこ。

引っ張りながら機械にかけていきます

IMG_4335

その様子は動画撮らせていただきました。

出てきたものを広げると、ふんわりしたシルクフィルになります。

IMG_4341

ふんわりとして出てきたシルクフィルですが、もう一度人の手によって、ふんわりさせます。

IMG_4357

これでシルクフィルの出来上がりです。

シルクフィルの柔らかさや優しさは人の手によって作られているのを実感しました。

シルクフィルを使った絹ふとん作りの様子

シルクフィルを使った絹ふとん作りの様子も見せていただきました。

IMG_4269

IMG_4271

動画でも撮らせていただきました。

手際よく、素晴しいリレーションでシルクフィルが置かれています。
その上、とてもキレイに置かれているんですよ!

IMG_4283

これには驚きました!
これが熟練した技ということでしょうか。
人の手によって作られていますが、機械で作られたかのように規則正しく置かれていました。

ふんわりたっぷりと入れられたシルクフィル。
IMG_4293

ここからがマジックのようでした。

ビニールをシルクフィルの上に上げ、
IMG_4299

くるくる巻いていきます。
IMG_4304

IMG_4305

そして、くるりと返すと・・・・・

IMG_4309

なんと!

IMG_4312

IMG_4314

布団の出来上がりです!
見事なまでの布団を作る過程は、まるでマジックでも見せられたような気分でした!

置いてあったビニールはとられます。
IMG_4320

IMG_4318

市販されている布団は、今では機械で作られているのかと思いましたが、丸三綿業さんのシルクフィル布団は手作業で作られているんですね!
そのせいか、とっても優しさを感じました♪

で、私は以前から『シルクに関する仕事に従事している人の手がきれい』ということを聞いていたので、布団を作っている人の手を見せていただきました!

IMG_4328

すると、とってもキレイなので、やはりシルクの美肌パワーが本当だったということを実感しました!
すごいなぁ♪ シルクの力!

今回見せていただいた布団は、まわりを包む布も絹でできています!
寝るだけで美肌!
とっても欲しくなりました!

丸三綿業さんの製品は皇室でも愛用されているようです

IMG_4266

愛子様のお誕生のマットを制作されたり、宮内庁御用達の記事もありました。

IMG_4233

丸三綿業さんのシルクフィルを使った布団が買えるところ

皇室にも愛用されている丸三綿業さんの製品。
今回作る様子を見せていただいたシルクフィルを使った布団は、全て富岡シルクで作られています。
今では生産量も少なくなった富岡シルクは、かつては高品質なシルクとして海外で愛され日本の経済を支えたシルク。
今回、世界遺産登録を記念して、富岡製糸場 世界文化遺産登録記念キャンペーンとして富岡シルクだけで作ったシルクフィル掛け布団が発売されました。
なかなか手にすることができない富岡シルクだけで作った掛け布団。
シルクのことを知れば知るほど欲しくなります!

この布団は眠り製作所さんで販売されています。
詳しいことと購入は眠り製作所さんのHPでご確認ください!
≫≫≫富岡製糸場 世界文化遺産登録記念キャンペーン

※今回の旅は、高崎にある楽しい眠りの専門店株式会社プレジールさんが富岡製糸場が世界遺産登録もありシルク製品のすばらしさを知って欲しいとご招待頂いたもので、旅費を提供していただき、登坂社長さん自ら群馬の魅力を案内していただきました。


twitterで記事更新情報をつぶやいております! ▶︎




【スポンサーリンク】
  

コメントをどうぞ♪