群馬県立日本絹の里の特別展でオールドノリタケを堪能♪

とにかく驚きました!
沢山のオールドノリタケ!
全ては群馬県在住の個人の方のもの。

オールドノリタケは絹とともに近代日本の外貨獲得のために輸出されたもの。
とても美しく、海外でも愛される理由が分かるような気がします。

IMG_4562

今回、群馬県立日本絹の里でオールドノリタケが展示されたのは、富岡製糸場が出来て良質な絹糸を海外に輸出し日本経済を支えていた同時期に海外に輸出され、同じく外貨を獲得して日本経済を支えていたということで特別展が開催されたそうです。

オールドノリタケとは?

オールドノリタケとは日本陶器(現・ノリタケカンパニーリミテド)が明治期から戦前までに欧米に輸出した陶磁器のことである。
wikipediaより引用)

IMG_4542

美しすぎる陶磁器

日本絹の里の特別展に展示されているオールドノリタケは撮影が自由となっています。
愛好されている方、自分のカメラに収めて楽しんでもいいですね♪

IMG_4499

IMG_4497

IMG_4507

IMG_4514

可愛くって欲しくなるものも!

IMG_4540

とっても可愛い♪

IMG_4541

こんなのがテーブルにあったら、すっごく楽しくなりますね♪

ティータイムセットも可愛いものがありました♪

IMG_4548

IMG_4550

今の時代にあっても、大人気になりそうなカップでしょ♪

個人の所有という驚き!

IMG_4511

今回展示されているものは、群馬県在住の個人の方のもの。
華やかさはもちろんのこと、その量には驚きました!
普段、どのようにして保管されているのでしょうか。
すごいなぁ♪

IMG_4559

IMG_4558

思いがけず、ステキなものが見れました。
オールドノリタケの展示は期間限定。
7月14日までの展示となっています。
とっても沢山展示されているので、見ごたえがありますよ!

群馬県立日本絹の里[第67回特別展「海を渡ったシルクとオールドノリタケ~対米輸出の軌跡~」]詳細

住所 群馬県高崎市金古町888-1
電話 027-360-6300
開館時間 9:30 ~ 17:00
休館日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
期間 7月14日(月曜日)まで

HPはコチラ≫≫≫ 群馬県立日本絹の里

※今回の旅は、高崎にある楽しい眠りの専門店株式会社プレジールさんが富岡製糸場が世界遺産登録もありシルク製品のすばらしさを知って欲しいとご招待頂いたもので、旅費を提供していただき、登坂社長さん自ら群馬の魅力を案内していただきました。


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪