世界文化遺産登録目前!富岡製糸場に行ってきました!

以前から行きたいと思っていた富岡製糸場。
来月には世界文化遺産登録されるというので、世界文化遺産登録前の富岡製糸場を見たくて、お友達と行ってきました♪

IMG_1966

富岡製糸場は車では都内のウチから1時間30分くらいでした。
ドライブコースとしてもちょうどいい感じ♪
関越自動車道・練馬インターから高速に乗り、上信越自動車道富岡I.Cで下車。
降りると大きな看板があるのと、お友達がナビしてくれたので迷わずに行けました。

古くて新しい富岡製糸場

IMG_2232

とてもキレイに管理されているので古いという印象はありませんでした。
少し前のテレビで、富岡市に移譲する前まで管理していた片倉工業株式会社が『貸さない、売らない、壊さない』の方針で大切に管理していたことを見ていたのですが、それを目の当たりにすると、片倉工業株式会社の功績は大きいと思いました。

富岡製糸場は明治5年(1872年)、明治政府が日本の近代化のために最初に作った模範器械製糸場。
明治5年からの建物ですが、今でも威厳を感じました。

建てたのはフランス人のポール・ブリュナ

明治になってすぐの建設なのに洋風と思っていたら、やはりフランス人のポール・ブリュナが建てたそうです。
工場はもちろん、敷地内にある建物は洋風で、ステキなものばかりでした。

富岡製糸場は木で骨組みして、壁に煉瓦を積み入れて造る『木骨煉瓦造』
煉瓦という西洋の新しい材料が取り入れられています。

IMG_2269

グレーの部分は木。
一本の木でできています。
樹齢300年ほどの木が使われているそうです。
とっても大きな木だと思いました。

レンガの積み方もフランス式とイギリス式とあるようで、富岡製糸場はフランス人の建設なのでフランス式です。

IMG_2251

IMG_2265

いざ繰糸場へ!

IMG_2351

とっても長い工場です!
IMG_2289

IMG_2348

この長く広い工場にはギッシリと機械がありました。

IMG_2317

ここで繭から糸をつむいでいたようです。

IMG_2335

IMG_2332

IMG_2327

思った以上に近代的に操業されていたようです。

古の香りがたまりません

IMG_2292

古い建物には古い材料が使われているワケで、ドアの取っ手さえも珍しく楽しくなります♪

ガラスだって今のとは違い、ゆがんだものです。
IMG_2279

診療所も可愛い♪
IMG_2353

IMG_2359

IMG_2367

富岡製糸場は工場にも大雪の爪あと

今年の冬、関東をマヒさせた大雪。
私も高崎付近で立ち往生していたのですが、まさにそのとき、富岡製糸場の乾燥場は半壊したそうです。

IMG_2398

IMG_2401

世界遺産目前に、残念です。。。

広々とした敷地は気持ちいい空間

IMG_2438

IMG_2397

IMG_2402

IMG_2416

IMG_2425

IMG_2410

IMG_2417

なんと雲も繭のよう!!!!!
IMG_2436

資料館も見ごたえあり!

IMG_2442

ここには富岡製糸場の歴史はもちろんのこと、働いていた人など富岡製糸場を知る上で大切なことが沢山展示されていました。

IMG_2446

IMG_2458

IMG_2465

IMG_2451

なんと生きたおかいこさんまて!

IMG_2467

葉っぱが新鮮できれいだったので、嫌な感じはしませんでした。

また、種類によってとれる絹糸も展示されていました。
IMG_2473

IMG_2477

売店のシルクコスメはちょっとオススメ

富岡製糸場

富岡製糸場にも観光地にあるある的な売店がありました。
中でもオススメなのはシルクコスメ。
お試しさせてもらって翌日もお肌がすべすべでしたもん。

私はマッサージ用のシルクフィルしか買ってこなかったのですが、もっといろいろ買ってくればよかった。。。

富岡製糸場

シルクフィルはお肌にコスメの吸い込みをよくしてくれて、マッサージに使ってもとっても気持ちがいいです。

ネットでも購入できるのですが、売店ではオトクなセットがあったりして、う~む、やっぱり買ってくればよかった(笑)
サイト≫≫≫ 富岡シルクブランド協議会

見学は見学ツアーがオススメ

IMG_2217

富岡製糸場は工場。
見ただけでは「ほ~」で終わるのですが、見学ツアーに参加して、歴史的な背景や建物のことなど聞きながら見学すると、より分かります。

IMG_2240

無料ですが、とっても濃いです!

世界文化遺産登録目前の富岡製糸場に行ってきた感想

イコモスが『富岡製糸場と絹産業遺産群』を世界文化遺産に登録勧告しました。
世界遺産に内定されたということですね。
行ってみると古い工場なのですが、富岡製糸場は良質な生糸を海外に輸出して日本経済を支えていたという、いわば日本を支えていた大切な場所。
私は今までそんな歴史背景を知らずにいましたが、今の日本の繁栄の基ともなった場所であることが分かり、感動しました。

IMG_2207

明治時代に、既に当時の皇后陛下も訪問し、『歌』も残された富岡製糸場。

IMG_2202

建物は古いのですが、木々は今も新芽を出し続けていたのが印象的でした。

IMG_2369

もう少しで世界遺産ですね。
IMG_2200

見学料

IMG_2199

大人は500円です。

IMG_2209

富岡製糸場 詳細

住所 富岡市富岡1番地1
電話 0274-64-0005
見学時間 午前9時 ~ 午後5時まで
受付時間 午後4時30分まで

今度は、ぜひ世界遺産になった富岡製糸場を見に行きたいと思います!


twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする