要潤うどん県副知事さんも登場!春の大試食会『さぬきうまいもん祭り in 東京』に行ってきました!

先日、帝国ホテルで行われた、うどん県に改名した香川県の美味しいものを堪能させていただく、春の大試食会『さぬきうまいもん祭り in 東京』に参加させていただきました!
うどん県には、春はもう訪れているようで、とても美味しいものばかり!
うどん県の美味しい一年が始まったことを実感させていただきました!

とっても楽しませていただき、書きたいことが沢山!
なので、いくつかの記事に分けて、ご紹介したいと思います。

IMG_2175

まずはうどん県知事の浜田恵造知事よりのご挨拶がありました。

IMG_2044

昨年は瀬戸内国際芸術祭が開催されました。
いろんな島に現代アートを展開する世界でもまれな芸術祭は大変好評だったそうです。
今でも芸術作品がいろいろ残っていて、常設の美術館にも作品が残っているそうです。

また瀬戸内海国立公園が80周年だそうです。
瀬戸内海国立公園は日本の国立公園第一号。
富士山よりも早かったんですね。
今年はいろんな行事やイベントを行う予定だそうです。
ぜひ伺って、瀬戸内海の美しさを実感したいと思いました。

香川県だけではないのですが、四国はお遍路さんで有名です。
弘法大師の修行の地として有名な四国八十八ヶ所霊場。
今年、開創して1200年を迎えるそうです。
香川県には二十三ヶ所の札所があり、今年は普段見られない秘仏の御開帳や宝物やお堂の公開なども予定されているそうです。
四国八十八ヶ所霊場を世界遺産にしたいということで頑張っているそうです。

浜田知事は、春の大試食会『さぬきうまいもん祭り in 東京』では、見て良し食べて良しの香川県の一端を実感してほしいと仰ってました。

今年は香川県にとっても、とっても熱い年になりそうですね。

うどん県議会議長 水本勝規氏

元々、農業もされているという水本うどん県議会議長より、食材のご紹介がありました。

IMG_2048

今回、江戸の地でさぬきのものを食べていただくということで、趣向を凝らしたもの、食材もいいものを作ってお持ちいただいたそうです。
特にオリーブ牛。
本場の牛をご賞味くださいと仰ってました。

野菜も沢山、香川県よりお持ちいただきました。

IMG_1983

中でもアスパラ『さぬきのめざめ』は、春の一時期だけは生で食べられるそうです。
柔らかく、なにも付けずに食べると、香りとあまみが実感できるそうです。
生でアスパラを食べられるなんてビックリです!

そしていちご、さぬきひめ。
いちごは養液栽培されているそうです。

IMG_2018

路地モノとは違い、空中にぶら下がってできるそうです。
肉質は少々硬いけれど、色の良さと甘みがいいとおっしゃってました。

食べながら痩せる希少糖がたくさん生産されるようになったというご報告もありました。

IMG_2010

砂糖の7割程度の甘味がありながらカロリーはほぼ0という夢のお砂糖。
香川県の名産品の仲間入りですね。

うどん県副知事・要潤さんも登場!

IMG_2074

香川県がうどん県に改名して3年。
3年間経って、香川県の認知度が上がるのが手にとるようにわかって、すごく嬉しいと、仰ってました。

2月に開催される『さぬき映画祭』では要さんも上映される『劇場版タイムスクープハンター』に出演されていて、上映日に登壇され解説されるそうです。

要さんは地元のイベントによく参加されているそうです。
昨年は香川の電車『ことでん』のイベントに参加され、親しみ深い駅に沢山の方に来てもらい、嬉しかったと離されていました。

香川県の日本プロサッカーリーグに加盟するサッカークラブ『カマタマーレ讃岐』を応援しているそうです。
要さんが応援に行かれた日には8,000人に近い観客が集まり、昨年J2に昇格したことを喜ばれていました。

また、ご実家から歩いて10分のところにある本門寺で一人舞台をされたそうです。

うどん県のうどん以外のオススメは『オリーブはまち』『オリーブ牛』。
濃厚で身の引き締まり方が大きく違うと仰っていました。

歴史のある生まれ故郷の香川をより身近に感じてもらうために、ますます活動したい、ぜひお越しくださいとおっしゃってました。

うどん脳くん登場!

IMG_2075

うどんが大好きで脳がうどんになっちゃったうどん脳くん。
東京初登場!
香川では大人気だそうです!

美味しいオリーブ牛の生産者 尾端 剛氏

IMG_2095

オリーブ牛を作ることになったきっかけは、平成19に開催された和牛のオリンピックで、オレイン酸が審査の対象になったこと。
美味しさの研究が進み、オレイン酸の含有率が高いと舌触りや香りが良い牛肉になることが分かりました。

IMG_2086

オリーブは、オレイン酸の語源になるほど多く含まれています。
ところがオリーブを生で食べると、ものすごく渋い。

IMG_2087

人が渋くて食べれないものは牛も食べないということで苦労されたそうです。
その後、小豆島の生産者が試行錯誤して乾燥することで牛が食べるということを発見し、改良されて牛も好んで食べるオリーブ飼料ができたそうです。

IMG_2090

オリーブ牛は『二ヶ月以上オリーブ飼料を100g以上あたえる』というルールがあります。
各農家が守っていて、品質を一定にすることを目指しています。

IMG_2092

オリーブ牛生産農家は79戸。
まごころこめて生産しているそうです。

気になる今回のメニューは?

春の大試食会『さぬきうまいもん祭り in 東京』のメニューのご紹介は会場の帝国ホテル 調理部 宴会調理課 支配人 田村 和久さんと、東京なだ万 副調理長 高橋 章朗さん。

帝国ホテル 調理部 宴会調理課 支配人 田村 和久さん
IMG_2098

東京なだ万 副調理長 高橋 章朗さん
IMG_2103

なだ万さんは、今回のメイン料理のひとつ『うどん脳サラダ』を作っていただきました。

IMG_2006

『うどん脳』という新しいさと、日本を代表する和食の老舗のコラボが斬新でした。
『うどん脳サラダ』は、うどん脳くんのために、香川名産のオリーブ牛・いちご・いりこと香川の旬の野菜を使ってたサラダうどん。
ホントにうどん県のやることは楽しいですね♪

試食されているところをパチリ

浜田うどん県知事、要うどん県副知事、そして水本うどん県議会議長の試食をしているところを撮影させていただきました。

IMG_2108

『オリーブ牛のローストビーフ』の感想。

浜田うどん県知事
IMG_2115
ほっぺたがおちるというのは陳腐な表現かもしれないが、すばらしい食感で甘さというか旨味というかオレイン酸がたっぷり。
女性でもいくらでも食べられるローストビーフです。

要うどん県副知事
IMG_2146

お肉自身の味がちゃんとあり、ほかのお肉よりも甘みがありしっかりとシモフリ。
毎日ローストビーフでもいいくらいローストビーフ好きだが、これはホントに美味しいです。

『うどん脳サラダ』の感想。

水本うどん県議会議長
IMG_2145
サラダのうどんは初めて!
うどんとサラダは不思議と合う!
こういう食べ方もあるんだということが分かった。
最初にまず食べてもらいたい。

要うどん県副知事
IMG_2148
見た目がちゃんとうどん脳くんの脳をイメージしているので、ちょっと複雑な感じだがイリコ出汁のゼリーもかかっていて、お味はいつもとかわらず、ちゃんとうどん。
いちごは小振りだが、驚くほど甘い。
苺とうどんはピッタリなコラボレーション。

試食前にご感想をお聞きすると、ホントに試食が楽しみになります!
ワクワク!

今回は要うどん県副知事の登場でいつもより、より華やかな大試食会になりました!

IMG_2174

美味しいものと芸術と歴史と、うどん県への興味が益々わきました!
今年はうどん県へ行きたいなぁー!

春の大試食会『さぬきうまいもん祭り in 東京』の巻、まだまだ続く・・・

うどん県は公式HPがあります。
詳細は公式HPをごらんください!
うどん県。それだけじゃない香川県

香川県公式観光サイト

【春の大試食会『さぬきうまいもん祭り in 東京』関連記事】
要潤うどん県副知事さんも登場!春の大試食会『さぬきうまいもん祭り in 東京』に行ってきました!
うどん県は美味い県!春の大試食会『さぬきうまいもん祭り in 東京』で美味しい香川県に感動!
本場さぬきうどん協同組合うどん大使ツルきゃら『うどん脳』くん東京初登場!!!


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪