庶民の生活を見守り信仰され続けてきた長浜の観音様方が東京にいらっしゃいます

3月21日(金・祝)から東京芸術大学大学美術館で滋賀県長浜市が主催する大型仏像展『観音の里の祈りとくらし展』が開催されます。
先日、概要記者発表会に参加させていただき、庶民の生活を見守り信仰され続けてきた長浜の観音様に感銘を受けてきました。

IMG_0929

滋賀県長浜市は?

IMG_0952

日本一雄大で美しい湖・琵琶湖の北側に位置し、滋賀県でも一番北にあります。
関西の奥座敷とも言われ、文化と芸術の街でもあります。

長浜市を説明される藤井勇治長浜市長。
IMG_0935

私にとって『長浜』は、やはり戦国時代の舞台というイメージです。
羽柴秀吉の長浜城。
今年の大河ドラマの主人公・黒田官兵衛もまさに『長浜』にゆかりがあるということで、今年の話題の中心になるであろう場所でもあります。

IMG_0954

日本史最大の戦いの時代の中心だった長浜市。
他の地域にはない庶民の苦悩も多かったのではないかと思います。
仏像は住職がいるお寺に安置され、僧侶によってお経をあげて受け継いでいくものだとばかり思っていましたが、今回長浜の仏様の多くが庶民によって守られて信仰されてきたことを知りました。
その数130体にものぼります。

今回の展示には奈良時代の観音様も展示されるそうです。
庶民が守り、そして祈りを捧げてきた観音様。
有名なお寺の有名な観音様とは違った、また長浜という戦国の地の観音様は人々の生活を見守ってきた観音様でもあります。
長浜ならではの観音様に、とてもお会いしたいと思いました。

文化財を守って後世に伝える難しさ

日本のみならず、時々世界各地で文化財の焼失や破壊などのニュースを聞くことがあります。
今まで受け継がれ、人々の思いが詰まった文化財がなくなることは、とても悲しいことです。

『観音の里の祈りとくらし展』が開催される東京芸術大学大学美術館の関 出館長より、奈良時代に作られた観音様が戦国の時代、大戦を経て現代でも大切に保管され信仰されていることの大変さのお話がありました。

東京芸術大学大学美術館 関 出 館長
IMG_0941

日本では文化財保護法が制定されるきっかけとなった金堂壁画の焼損があり、世界では記憶に新しいものだとバーミヤン石仏の破壊がありました。
関館長は、礼拝を対象とした文化財を後世に伝えることの難しさを話されました。

仏様をお守りすることは、とても努力がいることですが、長浜の観音様は村人の手によって敬虔な祈りと共に守られてきました。
その大切な観音様を東京にいながら見られることの素晴しさ!

『仏作って魂入れず』ということばがありますが、時代を超えて人々の祈りと共に守られてきた長浜の観音さま。
お会いしたら、たくさんのことを語りかけてきてくれそうですね。

長浜市は文化財の宝庫

滋賀県は文化財の多い県で全国で4番目だそうです。
長浜市にも沢山の文化財があり、中でも観音様の文化財が多く、国指定の重要文化財の観音様が15体いらっしゃるそうです。

長浜市の文化財をご紹介していただいたのは、長浜城歴史博物館 副館長 大田 浩司氏。
IMG_0947

大きな特徴は村のお堂に祭られた庶民仏が多いこと。
京都や奈良のような大きな寺院に祭られた仏様ではなく、庶民の手によって1,000年以上もの長い間守られて信仰されてきた、生活に密着した観音様が多いのです。

どうしても有名な大きな寺院にある仏様が立派で格があるものと思いがちですが、今回、村人に守られ続けられている仏様のお話をお聞きして鳥肌ものの感動を覚えました。

IMG_0967

たとえば今回のイベントのポスターになっている『千手観音立像』。
手がありません。
これは、戦乱の時、村人が川に沈めて守ったことで手を失ったそうです。
田んぼに埋めて虫食いなどの難に合った観音様もいるそうです。
でも、当時の方が一生懸命お守りするためにとった苦肉の策なんでしょうね。
仏様を川に沈めたり、田んぼに埋めたりするなんて、戦乱の世は、それほど悲惨な世だったんですね。

運ぶときに落としてひびが入った仏様もいます。
IMG_0994

保護したときのエピソードで『安産祈願』の仏様に!
IMG_0995

庶民に手よって大切に守られてきた観音様が今重要文化財になっているというのは、とても尊く珍しいことではないでしょうか。
1,000年以上に渡って人々の手によって守られてきた仏様は、実力者の命によって作られた賢覧豪華な仏様以上に素晴しいものだと思いました。

大学の美術館で長浜の観音様を展示する意義

東京芸術大学 薩摩 雅登教授より東京芸術大学の美術館で観音様を展示する意義をお話していただきました。

東京芸術大学 薩摩 雅登教授
IMG_1002

大学が併設する美術館ということで、ほかの美術館とは違う役割があります。
長浜の観音様は京都や奈良のような有名なものではありません。
知られていない文化を紹介し、新たな芸術文化を育てるのも大学の役割。
大切な仏様をお預かりするので、大切に展示したいと仰ってました。

薩摩教授はヨーロッパのキリスト彫刻のご専門というお立場から、観光客が見てくる大きな教会の像以外にも、村のブドウ畑にいるマリア像も見てこられました。
本当に信仰されている像を見てきたお立場から、長浜の観音様に通じるものを感じたそうです。

長浜に関しては2006年まで行ったことが無く素通りしていたそうですが、初めて訪れて今まで感じたことがなかった感じがしたそうです。
展覧会では精神世界を伝えるのは難しいのですが、こういった機会でもなければご紹介することができない。
美術は技術的な高さで判断しがちですが、そうでない世界もあることを伝えたいと仰ってました。

また、東京芸術大学秘蔵の美術品も展示されるそうで、それも楽しみです。

長浜の観音様をお守りされている方々

会場には、実際に長浜の観音様をお守りしていている世話役の植松さんと毎日お参りされている津田さんもいらっしゃいました。

世話役の植松さん。
IMG_1013

3回お参りすると
・天寿が全うされて、長患いせずコロっと死ねる。
・お産もコロっと生まれる。
人間の始まりと終わりをコロっとラクに救っていただけるということで、展覧会に来られたら、ぜひ長浜にもお会いに来てくださいということでした。

毎日お参りされている津田さん
IMG_1023

毎日、般若心経をよんでお参りしているそうです。

滝田栄さん観音の里長浜PR大使委託式

会場では観音の里長浜PR大使委託式も行われ、滝田栄さんに委任状が手渡されました。

IMG_1051

滝田さんは20年前にお母様を亡くされたことを機会に仏像作りを始められたそうです。
気仙沼にはお堂をつくられ、震災でなくなられた方々を追悼されているそうです。
また、2012年には長浜市で講演もされたご縁より、今回長浜市の観音の里長浜PR大使に任命されました。

IMG_1071

とっても優しい方で、私も名刺を交換させていただき、ブログに関して、少しお話させていただきました!
がっ! ドキドキしすぎて、うまくお答えできませんでした。。。
とてもおおらかで優しく、まさに仏様のようで、お会いできてとても嬉しかったです。

今回、東京芸術大学大学美術館で滋賀県長浜市が主催する大型仏像展『観音の里の祈りとくらし展』が開催されるのは東日本大震災がきっかけとなったそうです。
東日本大震災の翌年3月11日には長浜市の12のお堂で復興を祈り、亡くなった方を追悼する法要を営んだそうです。
東京での東北の玄関口が上野ということで、上野にある東京芸術大学大学美術館が東北に繋がる場所でもあり、今回の開催は東北復興への祈りもあります。

今回、『観音の里の祈りとくらし展』概要記者発表会に参加させていただき、展覧会の開催の思いや芸術大学の専門的なお話をお聞きでき、とても感動し、はやく展覧会を見に行きたいと思いました!

実は年末に琵琶湖の辺のホテルに泊まったのですが、長浜までは行かなかったので、ぜひ、今度は長浜へ行きたいと思います。

【観音の里の祈りとくらし展 概要】
開催:3月21日(金)~ 4月13日(日)
会場:東京芸術大学大学美術館


大きな地図で見る

詳細は長浜市のHPをごらんください。
東京観音展「観音の里の祈りとくらし展-びわ湖・長浜のホトケたち-」の開催


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪