若き女性が作る日本酒が美味しい 越生・佐藤酒造店

ミセスブロガーズ事務局さんのご招待で参加させていただいた「東武東上線で行く酒蔵巡り」の取材。
二店目は女性が跡取りという『夏子の酒』を彷彿とさせる酒蔵でした。

IMG_5713

佐藤酒造店の最寄り駅は東武越生線の越生駅です。
池袋から一本とはいえませんが坂戸で一回乗り換えるだけ。
こちらも手軽に行ける蔵元です。

案内していただいたのは佐藤酒造店の跡取りとなる女性。
まだ大学生だそうです。

IMG_5826

お若いのにお酒造りに詳しく、とても驚きました!

佐藤酒造店で使っているお米

銘柄は『日本晴れ』です。
IMG_5729

IMG_5732

井戸の深さは200m

佐藤酒造店のお米は井戸水で作られています。
その深さ200m!
IMG_5733

落ちたら戻って来れません ><

麹も見せていただきました!

IMG_5750

麹は団子のように米同志が結びついているほど良い麹だそうです。
米麹は最近人気なので興味深々で見せていただきました。

IMG_5751

麹は温度管理が大変なんだそうです。

IMG_5759

お酒造り

こちらがお米の蒸釜。
IMG_5725

とても大きいです!

IMG_5825

蒸したお米は少ないときは人の手で運ばれますが、吊り上げて機械で移動させるそうです。

仕込み

仕込み中のお酒をかき回させてもらいました。

IMG_5776

初めての体験!
お酒造りと言えばかき回しているところが有名ですが、とても貴重な体験をさせていただきました!

かき回すのはお酒の温度調節なんだそうです。
確かに温度がわずかですが変わりました。

IMG_5774 IMG_5773

お酒は30日くらいで出来るそうですが、仕込の日が違うと素人目にも熟成の加減がよく分かります。

IMG_5789 ⇒ IMG_5790

こちらはとても大きな仕込み桶。

IMG_5787

人の大きさと比べると、その大きさがよく分かると思います。
私も上らせていただきましたが、降りるときが怖かったこと(笑)

IMG_5807

大好きな日本酒ですが作り方を見せていただくと、とても手間がかかっていて、大切に飲もうと思いました。

できたお酒は、このタンクに貯蔵されています。

IMG_5812

酒造りをひと通り見せていただいて、日本酒は人の手間隙かかる作業によって作られるものだと思いました。

IMG_5724

お土産買っちゃいました♪

佐藤酒造店さんの酒蔵の横にはお店もありました。

IMG_5717

中では試飲もさせていただきました。

IMG_5843

IMG_5850

佐藤酒造店さんのある越生は梅でも有名です。
日本酒だけではなく梅酒も有名だそうで、いろんな種類の梅酒がありました。

IMG_5855

もちろん日本酒も!

IMG_5868

お酒以外にも、あまり見た事がない昭和を感じるグッズも売られていました。

IMG_5890 IMG_5889

IMG_5883 IMG_5888

私は一升瓶入れがとっても珍しかったので買っちゃいました(笑)
あと、市場の人がよく付けている濃紺の帆布のエプロンと!

お土産に美肌せっけんをいただいて、とっても嬉しかった♪

IMG_5895

今回、ミセスブロガーズ事務局さんのご招待で参加させていただいた「東武東上線で行く酒蔵巡り」の取材では今まで知らなかった東上線の魅力をたっぷりと堪能させていただきました♪
東武線はどちらかというと日光方面が有名ですが、東上線方面も沢山面白いものがあるんだなぁって実感しました♪

IMG_5901

都内から簡単に行ける酒蔵めぐり、とっても楽しかったです♪
今度はお友達とゆっくり廻って見たいと思います♪

佐藤酒造店
埼玉県入間郡越生町大字津久根141-1
TEL 049-292-2058

大きな地図で見る

【東武東上線で行く酒蔵巡り関連記事】
東武東上線で行ける酒蔵・晴雲酒造のお酒は地元産の有機無農薬米と水にこだわった美味しいお酒
埼玉・小川町の無農薬野菜を使った料理が美味しい[自然処・玉井屋]
若き女性が作る日本酒が美味しい 越生・佐藤酒造店


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

若き女性が作る日本酒が美味しい 越生・佐藤酒造店” への1件のコメント

  1. ピンバック: 女性杜氏がいる埼玉の酒蔵 | ブロガーセレクション

コメントをどうぞ♪