DIY婚を知っていますか?

『DIY』と言えば、『Do It Yourself』。
すみません、ホームセンターのキャッチフレーズを思い出してしまいました。
今、DIY婚というのがジワジワきているそうです。
先日お邪魔した 『SurveyMonkey(サーベイモンキー)』の最高経営責任者(CEO)デイブ・ゴールドバーグ氏の来日記者発表 で、詳しくお聞きしてきました。

IMG_2895

DIY婚とは?
みんなの意見を聞きながら企画
会場選びも自分たちらしく
オンライン招待状でスマートに
みんなが喜ぶ会場コーディネート
ゲストと共にプライスレスな感動体験

だそう。

私自身、結婚式をするのがイヤでした。
遠方で行われた結婚式では、今まで合ってもいない夫側の親戚の初対面の席が、慣れない花嫁衣裳を着ての対面。
夫に、何度イヤだといったことでしょう。
でも、結婚は自分たちだけの問題ではなく、家と家との結びつきでもあります。
いきなり知らない人が嫁だとか婿だとかというのは、ちょっと違和感もあります。
若かった当時は、ホントにイヤでしょうがなかったのですが、今となれば、七五三のような結婚式の写真もいい思い出です(笑)

というワケで、結婚式はやっておいたほうが、どちらにせよオススメ。
それならば、今回教えていただいた、自分たちで自分たちの好きなように結婚式をするというのは、ステキな案だと思いました。
私の時代は予定調和な結婚式の時代でしたもんね。

IMG_2900

とはいえ、全くのド素人が結婚式をする!といってもナニをしていいのか?気が付いたら今までと変わらない予定調和なものだったりと、かなり難しいと思います。
そんな人には今回、サーベイモンキーとJAPAN wedding CREATORS がリリースした
世界でたった一つのDIY婚
をのぞいてみてはいかがでしょうか?
新しい結婚式の形をみることができるかと思います。

これから生活が多様化して、晩婚化やさまざまな結婚のスタイルが出てくるかと思います。
若い人の結婚と年を重ねての結婚がみんな同じ形式で行われるのには違和感があります。
それぞれのよさのでる結婚式が理想だと思いました。

今回、面白いと思ったのが『株式会社空飛ぶペンギン社』のサービス。

IMG_2904

会場でスマホなどで撮った写真をシュっとすると共有されるというもの。
結婚式の写真は参加者が撮影していても、後日もらうとかしないと当事者(新郎新婦)は見ることができません。
でも、会場で撮った写真が瞬時に共有できるのはいいですね♪
参加者もその場で楽しめるし、思い出もその場でお持ち帰りできます。
これは、素晴しいツールだと思いました。
今回は結婚式用に開発したそうですが、いろんなところで使えるといいですよね。

詳細 ≫≫≫ こんな結婚式見た事ない!

ITが発達すると、いろんな可能性がでてきますね♪
ますます長生きしたくなってしまいます(笑)

ちょっとひとつだけ気になったのはご祝儀のこと。
Orinoco Peatix のCMOの竹村詠美氏より、ネットで参加費の回収ということが出たのですが、これには違和感を感じました。
会費制の結婚パーティーならネット払いは便利だと思いますが、ご祝儀をネットからというのは馴染めません。
アタシがおばさんだからでしょうか?
ご祝儀は心で渡すものだと思うので、これだけは未来永劫ご祝儀袋にいれたスタイルが残ればいいなぁって思いました。

これからライフスタイルも変わり、考え方も変わり、もちろん結婚式も変わっていくだろうと思いますが、親世代のアタシは『ここまで育ててよかった』と思える結婚式だと、なお良いと思いました。

IMG_2914

結婚式は人生で自分で決められる唯一の儀式。
DIY婚は自分でつくれる結婚式。
式場やホテルまかせの結婚式はラクチンですが、いろいろ試行錯誤してつくる結婚式は結婚後に出てくる苦労のたびに『大切にしようと思う結婚への気持ち』を思い起こさせてくれるかもしれません。
これから結婚される方は、DIY婚のことをちょっと覚えておくといいかもしれません。

【SurveyMonkey(サーベイモンキー)関連記事】
SurveyMonkey(サーベイモンキー)の新しいサービス『質問バンク』日本語版始まる!
DYI婚を知っていますか?


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪