スウェーデン発の日本向け掃除機エルゴスリー

スウェーデン大使館で行われた『エレクトロラックス』新製品体験会では、既存の掃除機も展示されていました。

エルゴスリー
スウェーデン エレクトロラックス エルゴスリー

エルゴスリーは、日本向けに作られたキャニスター式の掃除機。
吸引力(ダストピックアップ率)
カーペット ⇒ 80%
フローリング ⇒ 99%

ちなみに同程度の価格の他社の掃除機の平均は、
カーペット ⇒ 45%~60%
フローリング ⇒ 90%前後

フローリングでは、さほど差は出ないものの、カーペットで差が出るそうです。
私もエルゴスリーではないですが、エレクトロラックス社の掃除機を使っていて、国産の掃除機では少ない、粉のような細かいゴミが沢山取れます。
使い始めは、家人が小麦粉でもこぼしたのを掃除したのかな?って思うくらいでした。

掃除機のダストピックアップ率には、細かい花粉・ハウスダストも含まれていて、エルゴスリーはフローリングが99%ということで、床に落ちた花粉・ハウスダストも殆どを吸収してくれることになります。
お話を聞いていて、我が家はエレクトロラックス社の掃除機を使っているから細かいゴミも吸い取り、結果ゴミが粉のようなものが多いことが分かりました。

我が家でエレクトロラックス社の掃除機を購入したのは次男が喘息だったから。
掃除の度に赤ちゃんを預けるなんてできないので、なるべく排気される空気がキレイなものをと調べたら、エレクトロラックス社の掃除機にたどり着いたのです。
今まで排気される空気を気にしていましたが、細かいゴミまで取っていてくれたとは!
今更ながら、当時エレクトロラックス社の掃除機を選んだことが正解だと知り、驚きました。

今、エレクトロラックス社が日本で販売しているキャニスター式掃除機・エルゴスリーは、音の質にもこだわり、不快な音を出さないそうです。
これが日本仕様としてのもっとも大きな特徴かも。
日本は集合住宅が多く、一戸建てにしても密接して建てられています。
夜、掃除機を使っても迷惑にならない音。
エルゴスリーは、音にもこだわった掃除機でした。

スウェーデン エレクトロラックス エルゴスリー

エルゴスリーはダストバッグ式の掃除機ですが、エルゴスリー用のダストバッグe-bagは5層構造になっていて、ホコリを密閉する仕組みになっています。
その上、空気清浄機にも使用される排気フィルターが使われています。
エルゴスリーはテストで、一万個のゴミを吸って2個だけ掃除機の外に出たそうです。
掃除機から出るゴミは排気口だけではなく、本体の継ぎ目やタイヤ周りからも出るそうです。
一般的な掃除機は、ひどいものになると9000も出るそうです。
平均的には500ほどだそう。
エルゴスリーがいかに本体もしっかりしているかがわかります。

エルゴスリーは、吸い取ったゴミの処理もキレイだし、掃除機から吐き出される空気もキレイな、使っていて気持ちがいい掃除機だと思います。
我が家も、今のエレクトロラックス社の掃除機が壊れたら、エルゴスリーにしようと思っていますが、10年も使っているのに、全く壊れる気配がありません(笑)
いつまでも丈夫で元気で働いてくれています。

エルゴスリーの詳細 ⇒ エルゴスリー

【エレクトロラックス新製品体験会関連記事】
スウェーデン大使館で掃除機の話を聞いてきました
エレクトロラックスの新製品ergopower(エルゴパワー)はパワフルなスティッククリーナー
スウェーデン発の日本向け掃除機エルゴスリー
スウェーデンのエレクトロラックス社のコードレス掃除機エルゴラピードが欲しくなった話


twitterで記事更新情報をつぶやいております! ▶︎




【スポンサーリンク】
  

コメントをどうぞ♪