日比谷花壇シニアデザイナー来本曜世さんのフラワーブーケ制作デモンストレーションを見せていただきました[制作編]

日比谷花壇本社シニアデザイナー来本曜世さんのブログのプロフィールには、とってもステキな言葉が書かれてありました。

来本さんのドイツ留学時代、感銘を受けた師と仰いだペーター・アスマン氏の言葉。

『我々の仕事は、自然界に存在するものをより美しいものへと変えることだ』

来本曜世さんのフラワーブーケは、まさにペーター・アスマン氏の言葉どおり。
とても美しいフラワーブーケの制作工程と、とても美しいフラワーブーケを見せていただきました。

日比谷花壇 シニアデザイナー 来本曜世 フラワーブーケ

今回ご披露していただいたフラワーブーケの作り方はグルーピング
かためていく方法だそう。

Sponsored Link



まずは、アジサイから。

日比谷花壇

あじさいダビンチの上に、ひまわり(東北八重)

アクレスピアスを添えます。

フラワーブーケ

アフリカン バジル、ケイトウ ホットサラダを添えると、ゴージャス感が増します!

日比谷花壇

そして来本さんの顔よりも大きいオバケアンスリウム

日比谷花壇 デザイナー フラワーブーケ

どこに添えるのか、ワクワク。

日比谷花壇 フラワーブーケ

後ろでしたね。

オバケアンスリウムは個性的なので、目立つところにおくのかと思ったら、後ろでした。
これがプロのテクニックなのでしょうか。
一体感が増して、ステキなブーケへと出来上がっていきました。

ラン モカラオバケアンスリウムの前に添えると出来上がり♪

フラワーブーケ

グリーンとイエローの、とってもフレッシュな色合いのブーケができましたよ!

出来上がった茎を留めます。

フラワーブーケ

ブーケやアレンジメントは、片手でまとめていくので、手が大きい方のほうが作りやすいそうです。

作っていく様子を見ていると、かなり力仕事だなぁ。って思ったんですが、 やはり、筋力や握力がついてくるそうです。
一見、華やかなお仕事のようですが、大変なんですね!

日比谷花壇

出来上がったブーケに保水剤を付け、

フラワーブーケ

ラッピング

デザイナー フラワーブーケ

日比谷花壇

日比谷花壇

とってもオシャレでステキな色合いのブーケです!

日比谷花壇 シニアデザイナー 来本曜世 フラワーブーケ

すばらしいセンス! まさに、『自然界に存在するものをより美しいものへと変える一瞬』に立ち会えた喜びを感じさせていただきました!
ありがとうございました!

この様子は動画でも撮影させていただきました。

日比谷花壇本社シニアデザイナー来本曜世さんのブログはコチラ
日比谷花壇フラワーデザイナー来本曜世

参考サイト
トップデザイナーが創りあげる洗練されたフラワーギフト
日比谷花壇

【日比谷花壇・敬老の日関連記事】
幸せを呼ぶと言われる縁起物『ふくろう』のフラワーアレンジメントには優しい気持ちがこめられています[日比谷花壇]
ミッキーの栽培セットが可愛すぎる話[日比谷花壇]
唯一『萩の月』萩の月をお取り寄せできる貴重な機会・日比谷花壇の敬老の日『菓匠 三全・萩の月とアレンジメントのセット』
日比谷花壇シニアデザイナー来本曜世さんのフラワーブーケ制作デモンストレーションを見せていただきました[制作編]
日比谷花壇シニアデザイナー来本曜世さんのフラワーブーケ制作デモンストレーションを見せていただきました[準備編]
芸術的な名入れギフトを日比谷花壇で見てきました


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪