飲む人(アタシ)のためのヘパリーゼWは実は女子のお助けドリンクでした

ヘパリーゼは飲兵衛用のドリンクだと思っていた女子ブロガーです♪
パッケージも肝臓だし、女子用ではないよねって思っていました。

今回、リプレさんからモニターさせてもらい、試してみたところ、飲んだ翌日もスッキリ!
パッケージの肝臓にビビらずに、前から飲めばよかったと思いました。

ヘパリーゼW

Sponsored Link



冬場より、夏場のほうが飲む機会が多いような気がします。
ちょっとお茶でもが、ビール飲もうよビールって感じになるのが夏。
そのときは、飲みたい一心で、後のこととか考えないのですが、 翌日、体がどんよりしたり、お肌がくすんだり後悔するものです。
でも、飲まずにはいられないんですよね。

ちょっと前イベントで飲んだり、モツ鍋食べに行ったりすることがあって、帰宅してからヘパリーゼWを飲んで寝たら、翌朝は快適でした!

ヘパリーゼW

考えてみれば、肝臓って表記があっても女子にも肝臓はあるわけだから、気にせず飲めばよかったんですよね。

ヘパリーゼW

飲んでみると、結構女子好みの味!
パイナップル味でした!

ヘパリーゼW

底に沈殿物があったので、すっごい振ったら、泡が沢山 ><;
今回は撮影用にコップに移したので、こんなに泡が目立ちましたが、普通、ビンのままで飲むので、そんなに気になりません。

今回、モニターさせていただくにあたり、肝臓と肌の関係が大きいと知り愕然!

たるみ
→肝機能が低下すると十分な量のコラーゲンが再生成されない。
肌がたるむ。

ニキビ
→肝臓で分解しきれなかった物質が肌から排出される際の炎症。

くすみ
→肝機能が低下することで血行が悪くなり、くすみの原因になる。

シミ
→肝機能の低下によってシミを抑制する「グルタチオン」という成分が不足する。

冷え
→肝機能が低下すると血行が悪くなる。

むくみ
→肝機能が低下すると「アルブミン」が不足、むくみを引き起こす。
(アルブミンは細胞に栄養を運んだり、余分な水分や老廃物を回収する)

肝臓というと、どうしてもお酒を飲む人がケアするものだと思っていましたが、 美肌になるためには、大切にしなくちゃいけない臓器だったんですね。

若い頃は、かなりお酒を飲んでも、肌までのダメージはありませんでしたが、 年をとると、肌にまで、お酒のダメージが現れるようになりました。

これからは、二日酔いケアということではなく、お肌のケアも同時にするつもりで、ドリンクを選びたいと思いました。

ヘパリーゼ公式URLはこちら♪

Ripreキャンペーンに案件参加中


【PR】




twitterで記事更新情報をつぶやいております! ▶︎




【スポンサーリンク】
  

コメントをどうぞ♪