NOTTVをAQUOS PHONE SH-06Dで体験してきました[@ITmedia]

4月1日から始まるモバキャス・NOTTV
昨夜 ITmediaさんで、シャープAQUOS PHONE SH-06Dを使って体験させてもらいました。

NOTTV AQUOS PHONE SH-06D

Sponsored Link



テレビッ子(テレビオバサンとも言う)のアタシは、携帯なんてトランシーバーのオニイサンで連絡がとれればいいって感じでアマリ使っていなかった頃、 これまたシャープさんが真っ先にワンセグが見れる携帯 SH903iTV を発売し、発売当日に買ってしまったアタシは楽しいケータイ生活を始めることができました。
これがデバイスにハマる原点?
ってことはシャープさんの責任かぁ♪ 今のアタシのデバイス好きは♪

今回のNOTTVも開始時は、スマートフォンではシャープさんのAQUOS PHONE SH-06Dのみ。
これは買えってこと?
いつもワクワクさせる体験をさせてくれるのはシャープさんのようです。

実はNOTTVのことは、docomoさんでモニターさせてもらうことになっていたんですが、ナニも調べていなかったんです。
今回、ITmediaさんで開催されたタッチ&トライイベントで勉強させていただき、よく分りました!
とても良い機会をいただきました。
ありがとうございます。

◆ モバイル向けの放送が始まる!!!

NOTTV AQUOS PHONE SH-06D

地上アナログ放送とスマートフォンの関係、オバサンには想像すらできない関係でした。
確かに地上アナログ放送が終わり、空いた周波数帯があるというのは知っていましたが、それがスマートフォンに使われるとは!
地上アナログ放送終了でテレビ難民が多数出たということは聞いていたので、ちょっとアレな気分です。
スマートフォンは使用料金も高く、どちらかというと金銭的に余裕がある人(無くても好きで好きで使ってしまっているオバサンがここにいますがw)のもののイメージがあります。
インターネットが出始めて、情報の貧富の格差(PCで見るかケータイで見るか、インターネットを見ないか)を言われていましたが、
テレビを取り上げられた人の電波がスマートフォンに使われるという、ここでも情報の貧富の格差を感じました。
最近では地デジ用のテレビが値崩れしているということなので、まあやれやれなのですが・・・

ってワケで、地上アナログ放送に使われていた周波数帯を使ったマルチメディア放送!
せっかくなので楽しまなくっちゃ!

◆ NOTTVとは?

NOTTV AQUOS PHONE SH-06D

大雑破な言い方かもしれませんが、『双方向番組』を楽しめる。
放送されている番組に見ている側も参加でき、視聴者も番組作りに参加できる、面白い媒体です。

もちろん見るだけのものもありますが、『双方向番組』という新しい体験が始まるわけです。
Twitter連携されていて、Twitterでその番組につぶやくと、タレントが取り上げてくれたり、リアルタイムのコミュニケーションをとることができたりするんです。

地デジが始まり、リモコンのボタンを使った視聴者参加型の番組も多く見ますが、これからはテレビも視聴者を巻き込む[巻き込み型]が多く出てくるのでしょうね。
NOTTVは、まさに巻き込まれて楽しむTVでしょうか?
とても楽しみです。

◆ ワンセグとマルチメディア放送(モバキャス)

NOTTV AQUOS PHONE SH-06D

とにかくモバキャスは高画質なんですよ!
とにかくキレイ!

テレビ好きなので、外出先でも見たいテレビ番組は絶対に見たいと思って、ワンセグは必須。
ケータイもスマートフォンもタブレットも一応用意しているアタシ。
見れればいいやって感じで、あまり画質までは気にしていなかったんですが、NOTTVの映像を見たら、ワンセグなんてくそです(あらアタシとしたことがはしたないw)
ワンセグの約10倍の画質!!!
ただし、SH-06Dの購入時に付いてくる16GBのmicroSD(SDHC?)カードでは3時間ほどしか録画できないそう。

NOTTV AQUOS PHONE SH-06D

◆ NOTTV2つの視聴スタイル
NOTTVには、リアルタイム視聴とシフトタイム視聴があります。

リアルタイム視聴は文字通り、リアル放送を見るもの。
双方向に楽しめるものも!

シフトタイム視聴は、あらかじめ登録しておくと見たい番組が自動で届くという便利なシステム。
見れる時に視聴することができます。
シフトタイム放送はmicroSDカードやmicroSDHCカードが入っていないと蓄積されないので注意です!

シフトタイム放送を頻繁に利用するのであれば、16GBではぜんぜん足りなそうw
でも、利用期限を過ぎたコンテンツは自動的にmicroSDカードやmicroSDHCカードから削除されるので便利だけど注意が必要かも。

NOTTV AQUOS PHONE SH-06D

◆ NOTTVは3チャンネル

NOTTV AQUOS PHONE SH-06D

NOTTVには3つのチャンネルがあります。
nottv.1 と nottv.2は、あらゆるジャンルの放送をします。
nottv.NEWSはニュース専門チャンネルのTBSニュースバードを24時間完全同時放送しています。
nottv.1 と nottv.2で気に入らない番組の時は、ニュースを見るのもいいですね。

NOTTV AQUOS PHONE SH-06D

ちょっと困るのは、えっちっぽい放送もあるそう。
アタシは、息子によくスマフォを貸すのですが、その時に、まさかのアダルト系が >< ってことは困りますね。
NOTTVはアイコンがカワイイので、タップされそう ><

NOTTV AQUOS PHONE SH-06D

おとな番組系が多いのかな?

今のところ、どちらかという
とトーク番組が多いそうです。
トーク番組はライトなので、スマートフォンで見るのもラクですね。
聞き流しているのもいいですしね。
アタシ的には韓流ドラマを一つのチャンネルで独占24時間放送してくれたらなどと妄想していますがw

◆ NOTTVを見るには毎月420円必要!!!
NOTTVは、スカパーなど有料放送の番組が多く(ほとんど?)料金は必要なのだそう。
(スカパーをスマフォで見るってこと!)
また、番組によっては、プレミアム料金も発生するらしいです。
ワンセグは無料だけどね・・・ワンセグはね・・・
この料金って微妙ですよね。SH-06Dの購入時に入って、通信料として思い込む方法とか〜
ケータイの料金って無駄に払っているものが多いから、それを見直してNOTTVを入れるとか・・・
315円ならいいのにとかwついつい妄想してしまいます。
でも、これから進化すること間違いないモバキャスは目が離せない!
電子書籍とかも見れるみたいだしね♪

実はメインで使っているdocomoのケータイを買い替えようと思っていたのですが、どれもキメテがなかったんですよね。
(実は欲しいものばかりで決められないという状況だったりして・・)
でもNOTTVに出会い、今NOTTVを見るにはスマホォではAQUOS PHONE SH-06Dのみ。
決まりじゃないですかっ!!!
嬉しいことにモニター機も届いたので、さっそく検証したいと思います。

NOTTVにはとっても興味があったんですが、イマイチ分らなかったんで、今回NOTTVが始まる前に、お話しをお聞きできて、ホント良かったです。
シャープさん、ITmediaさん、ありがとうございました!

後でAQUOS PHONE SH-06Dについても書きたいと思います。
NOTTV & AQUOS PHONE SH-06Dの巻、つづく・・・

《余談》
ITmediaさんにも東京スカイツリーが!

ITmedia

【NOTTV & AQUOS PHONE SH-06D関連エントリー】
NOTTVをAQUOS PHONE SH-06Dで体験してきました[@ITmedia]


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪