006SHで撮った3D画像をDM009SHで再現してみた♪

先日、参加させていただいた [シャープ「AQUOS PHONE SoftBank006SH」タッチ&トライ]の会場で006SHで撮影してきた3D画像と映像をアタシのDM009SHで見てみました!

AQUOS PHONE SoftBank006SH

Sponsored Link



少ない ( ´△`)アァ-

まずは、動画から。

AQUOS PHONE SoftBank006SH

なんだか、頭がクラクラする感じ!
006SHで見た時は、かなりキレイだったんだけど・・・
で、いただいた資料を読み返してみると・・・

視差バリア方式なるものを使っているらしい。

視差バリア方式とは?
通常のディスプレイに「視差バリア」と呼ばれる縦縞のバリアを重ねることで、右目には右目用の映像を、左目には左目用の映像を見せ、立体感を表現。
特殊なメガネなどを使うこと無く、気軽に3Dコンテンツを楽しめます。
(いただいた資料より引用)

てか、説明も、してもらってました ^^;

AQUOS PHONE SoftBank006SH

また、この視差バリア(縦縞)の ON / OFF 制御で、同じ画
像を 2D表示と 3D表示に切り替えることもできます。

3Dで撮影した写真を2Dで見てみると・・・

AQUOS PHONE SoftBank006SH

普通の写真です。

また、これを3Dにして見てみると、カメラ部分が浮き出て見えます♪
3Dの状態でキャプチャーで撮って見ると・・・

AQUOS PHONE SoftBank006SH

なんだこりゃ!
絵が2つになります!
先日、シャープさんも、3D画像はキャプチャーを撮ると絵が2つに分かれる、それを改善するのも今後の課題と仰っていました。
そーなんですよ。
ディズニーモバイル DM009SH で、初めて3D画像のキャプチャーを撮った時に、かなり驚きました!
キャプチャーで3Dが撮れ、それを楽しめるようになるとイイなぁ♪

そんなワケで、DM009SH(003SH)と006SHとの差に愕然として、悲しみにウチひしがれているアタシの006SHのエントリーは終わりです。。。
いや、また書くかもしれません。。。悔しくって、いつも頭から離れないので・・・
それに、DM009SHも値下げしてるみたいだし・・・

ソース☞ Disney Mobile ディズニー・モバイル DM009SH

うーむ、ことごとく残念だ。。。

【AQUOS PHONE SoftBank006SH 関連エントリー】
シャープAQUOS PHONE SoftBank006SHが良すぎて悲しい
シャープのAQUOS PHONE SoftBank006SHの画面表示はなめらか
006SHで撮った3D画像をDM009SHで再現してみた♪


twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする