花ことばは[夢かなう]ブルーローズがとってもキレイでした♪ [日比谷花壇]

日比谷花壇さんのサロンで、花ことばが[夢かなう]という、とってもキレイなブルーローズを見せていただきました♪

ブルーローズ

Sponsored Link

ブルーローズとは言え、ちょっと紫かがったブルーです。
まっ、青よりもお花らしくってキレイでした。

ブルーローズ

ブルーローズは、青いバラは開発不可能と言われていたなか、サントリーさんが開発に成功したバラ。
SUNTORY blue rose APPLAUSE
不可能を可能にしたと言われる話題のバラです。

ブルーローズ

ブルーローズは?
現在栽培されているバラのほとんどは、世界各地の野生種のバラ8種程度を人為的に掛け合わせることにより生み出されました。
四季咲きのバラ、黄色やオレンジのバラも、長年の品種改良の結果、誕生したものです。
青いバラを作ろうという努力もされてきましたが、バラには多くの青い花に含まれる青色色素(デルフィニジン)を作る能力がないため、実現には至りませんでした。
このため、Blue roseは、「不可能」の意味も持つほどです。
サントリーが2004年にようやく開発の成功を発表した際には、 「世界初の、青色色素が花びらに存在するバラが誕生」と大きな反響を呼びました。
(HPより引用)

アタシもブルーローズのニュースは、なんとなく覚えています。
ホントに開発は大変だったんですね。
まさに、不可能を可能にした [夢をかなえたバラ]!
あやかりたいものです。

生産販売に必要な認可が降りたのは2008年。
2009年から「SUNTORY blue rose APPLAUSE」(花言葉「夢 かなう」)として販売されているそうです。

ブルーローズ

このブルーローズの正式名は、
「SUNTORY blue rose APPLAUSE」
「APPLAUSE(アプローズ)」には 「喝采」という意味があるそうです。

ずっと追い続けた夢を、やっとかなえた喜び。新しい夢を見つけ、向かっていく勇気。
その気持ちへの喝采を多くの人にお届けしたいとの思いを込めて名付けられました。
(HPより引用)

とってもス・テ・キ!

もう受験も終盤というか終わりですが、
頑張っている受験生。
また、希望を失って投げやりになっている人とか、
いろんな人に差し上げたいバラです。

というか、自分自身に欲しいと思いました。

オバサンですが、夢は限りなくあるわけで、
その夢の風船を叶えることなく、一つづつ潰して大人になってきたような気がします。
ここいらで、ひとつ、夢をかなえたい。
そんな気持ちにさせてくれたバラでした。

ブルーローズ

自分用にひとつ必要かも!

数量限定だそう。。。

⇒ 日比谷花壇限定発売【ブルーローズのブローチ】

日比谷花壇 フラワーギフト ブルーロース


twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする