森下仁丹 食養生カレーを介護している病院へ持ち込む

家族に病人が出ると、ついついオロソかになるのが食事。
ふと気がつくと、お昼食べなかったね・・・なんてコトがしばしば。
気持ちが張り詰めているときは、お腹が減るということはないのですが、
後で疲労として残るので、なるべく食事は摂るようにしています。

ところが、病院の所在地が、大きなターミナルの駅が最寄り駅なのですが、
そこから徒歩で15分ほど。
ターミナル駅とはいえ、地方のターミナル駅では、徒歩で15分も歩けば、すでに閑散とした風景で、
コンビニやお弁当を買いにいくにも大変です。
大きな病院なので、食堂や売店もあるのですが、
既に飽きました・・・・・

で、思い浮かんだのが 森下仁丹 食養生カレー
温めずとも、ふりかけ感覚でご飯にかけて食べることができる便利もの!

森下仁丹 食養生カレー

Sponsored Link

さっそく、ストックしていた 仁丹の食養生カレー を家から持って来ました!

ご飯は、スーパーで買ったレトルトご飯♪

森下仁丹 食養生カレー

病院の談話室には電子レンジが置かれているので、ご飯をチンしたら、パックのまま(まっ、病院ですから、少しくらいお行儀が悪くっても・・・・・ねっ!)
食養生カレーをかけるだけっ!

カレーを食べるとカレーの中に入っているスパイスが、脳や身体の交感神経を刺激し、脳内の血流量が増加してやる気を出させてくれるそう。

そのせいか、食養生カレーを食べた後は、体がシャキッとして、介護にも真剣に向かうことが出来るような気がします。

父の病状は、高齢でもあるのでゆっくりですが、日一日確実に回復しています。
あー 今日も頑張ろう♪

【関連エントリー】
・仁丹の食養生カレーで朝カレー宣言!

森下仁丹の食養生カレー


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

森下仁丹 食養生カレーを介護している病院へ持ち込む” への1件のコメント

  1. Tweetコレクターってなんだ?森下仁丹の食養生カレーが食べたい!

    [E:dollar]いつもお世話になっている アフィリエイトのリンクシェアの、

コメントをどうぞ♪