携帯SIMロック解除法制化はないみたい

どうなるんだろう?と動向を影でコソッと見守っていたんですが、
携帯SIMロック解除法制化はないみたいですね。

携帯SIMロック解除法制化

それがどんなモノか、この際、調べてみました。

Sponsored Link

SIMカードとは?
電話番号や契約会社情報などの情報が記入されているカード

SIMロック解除とは?
通信会社はそのままで好きな携帯電話を使える!

なんだか一見すると、他社のオシャレなケータイが使えるようになったり、なんかヨサげな感じがしたんですが、色々調べてみると、現在流通している端末では、そー簡単にはいかないようです。

まず、

docomo & SoftBank の端末やSIMカードは 通信方式が違う au では使えない!

auの通信方式は、CDMA2000
それに対し、docomo & SoftBankは、W-CDMA方式を採用しているというので、SIMカードの抜き差しでは使えないそうです。
auは、W-CDMA方式が国際標準になりそう♪ってコトでW-CDMA方式にするとかのニュースが二年ほど前に流れましたが、どうなったんでしょう?
今の状態では、docomo & SoftBankとauとのSIMカードでの携帯端末の使い回しは無理ですね。

だからと言って、docomo と SoftBank間では、どーかと言うと・・・
docomoのメールと言えば、i-mode
このi-modeってヤツが厄介で、docomoから出しているアンドロイド携帯からは使えない!っていう、あり得ない事態で、昨年、docomoから出たアンドロイド携帯を断念したことがありました。
そんな具合だから、SoftBankの端末からi-modeが使えるなんて考えられない!
日本の携帯はガラパゴス携帯と揶揄されていますが、i-modeはガラパゴス中のガラパゴス!
メアドって、もう付き合いはないけど、もしかしたら連絡くれるかな?って思うと、なかなか変えられないんですよね。
ってコトになると、docomoのi-modeは使い続けなくてはいけないんです(-_-;)
(※アンドロイドのアプリでi-modeが使えるようですが、i-modeメールに関しては私は未確認です)
うわ~~ コレってdocomoの戦略?
docomo と SoftBank間では、電話としての会話機能は十分使えるようですが、携帯電話って、どちらかというとメールで使う方が多いので、会話しか使えない携帯なんていりませんわ♪

それ以上に重大事項は、
携帯端末代が高額になる!

私は一月にタダトモとiPhoneを購入♪といっても、二年間使い続ければ、端末代は実質タダ!
これは、販売奨励金というものが、まだ残っているらしいし、
AppleからSoftBankが端末を購入し、ユーザーが購入しやすいように料金設定をしてあるお陰。
通信料がSoftBankに入らないということになると、こんな制度は成り立ちませんよね。
携帯端末代だけを購入となると、どうしても高くなっちまうワケですね。

ひとつ、考えられるメリットは、
通信料が安くなるかも!
端末は自分で調達となると、携帯電話会社の競争は料金に向けられるしかないワケで、
より安い通信会社に、みんな移動するよね!

なぁ~んて 考えていたら、原口一博総務相が、「SIMロック解除の法制化は考えていない」と言ったみたいですね。
通信会社が自主的に取り組むべきということで、どーなるんでしょう。

まぁ、今の状態では、どーにでもなれ♪って感じですが・・・

【iPhone関連エントリー】
iPhone3GS買ったよ♪
TypePad Microを使ってiPhoneから投稿するブログ“ちわままNEWS”を作りました♪
iPhoneのバッテリー対策は保護ケースに電源補助バッテリーが一体化されたものにしました!
iPhoneで簡単にスケジュール管理ができるTwitCalを一足お先に体験!
携帯SIMロック解除法制化はないみたい
iTunes カードを使ってみた♪
iTunesカードのコードを直接iPhoneに入力する方法

 


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪