アバターを観てきたよ♪

第82回アカデミー賞で、
 作品賞  監督賞  美術賞  撮影賞  編集賞
 作曲賞  音響効果賞  録音賞  視覚効果賞
の9部門、最多ノミネートされたアバターを観てきました♪

アバター 

Sponsored Link

実は、アジャイルメディアネットワークさんより、だいぶ前にいただいていた鑑賞券なんですが、
お正月に、まったり新潟で過ごしたため、一月はバタバタしていて、
二月になって、やっと行ってきたんですが、
アカデミー賞のノミネートのせいか、レディスディとかの割引が効く日を避けたにも関わらず、
30分前に座席の指定をもらいに行ったら、あんまりイイ席が無いって言われ、
でも、出直すわけにもいかず、受付のおねいさんのオススメの席にしました(涙)

アバター

アバターは、3D映像の話題が先行していて、内容的には、そんなに期待していなかったんですね。
最先端の3D映像を楽しんでこようと思っていたんですが、
結構入りこんぢゃってしまいました♪
(ネタバレしませーんYO♪)

私が見たのは、RealD式
使い捨てメガネをいただきました♪

アバター  アバター

昔のお父さん的メガネです。
軽くて疲れなくって、テレビでよく言っていた、3D映像は目が疲れるということは無く、三時間という長い映画ですが快適に見ることが出来ました。

立体映像ですが、ディズニーシーのマジックランプシアターのように、手に届くんぢゃないの?っていうほどではなかったんですが、
自然に見える立体感 & そこに自分がいるんじゃないか?って思わせる臨場感が感じられ、
こういう自然な3D映像はイイなあ♪って思いました♪

アバター

アタシが見たのは吹き替え。
テレビでも、映像を追いかけるのと、文字を読むのが大変!って言っていたので、迷わず吹き替えを選びました。
映画館でも、先月、検索した時は、字幕の上映が多かったんですが、
今日サイトを見てみたら、吹き替えの方が、見やすい時間帯に多く上映されるようになっていました。
字幕は、英会話の勉強用に見たりするんですが、
なかなかストーリーに入り込めなかったりするし、
今回のような3D映像のような、見慣れない映像の時は、音声だけでもラクなものを選びました。

映画館での年代層は、アタシの両親くらいの高齢の方から子供まで、かなりバラエティーにとんだ年代の方がいらっしゃってました。
アバターは、ストーリーは、ある意味パターンなのかもしれませんが、それを感じさせない映像の素晴らしさ、ディテールも斬新で、新しい映画の時代が始まるんだなぁ♪って思わせる映画でした!

映画を見るのは好きなんですが、今は、上映されて一年もたたないうちにテレビで放映されるので、
少ししか興味の無い映画はテレビで放映されるのを待っていたりするんですが、
アバターは、もちろん3Dなので、現在発売されている家のテレビでは見ることが困難ですし、大画面でこそ見るべき映画だと思いました。

アバターを見終え、なんだか滅びゆく地球にいるのがイヤになっちまったアタシでした♪
(ちょびっとネタバレ♪)

アバター公式HP


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪