地球上のドコにいても使えるエネループランタンはコレだっ!

先回のエントリー(※『無電化地域の人々へ私の出来ること』エネループ・ブロガーミーティングに参加しました♪)で書いた、
『さあエネループの輪に入ろう 』で貯まったエナジーポイント(ep)で、
ウガンダ共和国 ワキソ県カキリ副郡ブワニカ村 バリバセカ中等学校に寄贈された、
エネループランタンを実際に見せていただきました。

エネループ

Sponsored Link

太陽電池で充電できるので、地球のドコにいても充電することが可能なんです♪

エネループ

仕様は、とってもシンプルで、

エネループ ボタンは1つ!

ボタン1つで、

 ・明るめモード (8W)
 ・暗めモード (1W)
 ・SOSモード(4秒間長押し)

が操作できます。

エネループ

充電する時に繋ぐ部分も、-(マイナス)部分が丸くカーブされているので、
電気のコトを知らない人でも、間違わずに差し込むことが出来ます

エネループ 差したところ

本体も丈夫に出来ていて、厚さがアタシの指ほどもあります。

エネループ

筒状というのも壊れにくいポイントで、過酷な土地でも壊れないように考えられたそうです。

エネループ  エネループ

ヒモ通しもあるので、懐中電灯のように体にぶら下げて使ったり、
どこにでもぶら下げられます。

その上、

エネループ

重ねて使うことができ、より明るく使うことができます。

エネループ

カチャっと、しっかりはめると、横にしても大丈夫なので、用途はいくらでも浮かびます。

シンプルで長持ち。防水・防滴仕様で、どんな所でも使えそうです。

これは、会場を真っ暗にした状態なんですが、

エネループ

本もしっかり読めます♪
でも、本が読めるような明るめ(8W)で使うと 5時間しか持たない。ということで、
日本のように、徹夜で何かするということは、複数台持たないと無理ですね。

暗めなら(1w・ローソク位の明るさ)20時間も持つので、語り明かすなら、暗めモードをオススメ♪
(あっ、コレを読める人にはエネループランタンは必要ないですね・・・)

全充電にかかる時間は、6時間。
水道・電気などが整備されていない国では、子供が水汲みのお手伝いがあると聞きますが、
会場では、『これからは、充電が子供のお手伝いになるかもね♪』なんて話をしてきました。

エネループ

エネループランタンは太陽電池込みで販売されていて、
関税の関係で、本体と太陽電池のバラ売りはできないそう。

でも、修理が出来るし、
エネループランタンはエコロジー商品で、
 ・充電池の再利用
 ・全部廃棄は無い(使えなくなったものは再生利用)
だそうです。

だだ実売価格は、ウガンダでは、50US$~60US$
ウガンダの大学の教授の月給が40US$というので、
ウガンダでは、かなりの高額商品です。
とても、一般の人が買える金額ではありません。
早く、低額商品になって、無電化地域の人々の明りになるとイイなぁ~と思いました。

エネループ

このランタンは、ウガンダ(またはその他の国)用で、日本用ではありません。
緑色も、現地の人に選んでもらった色で、日本で売り出す場合は、また、変わるそうです。

エネループ

LEDを使った、とっても明るいランタンなので、
キャンプや、あんまりないけど停電の時には、良いと思いました。

LEDライトには、蚊が寄ってこないという利点もあるそうです。

ミーティングの会場でも、買いたいという人が、何人かいて、製品として、お目にかかるのが楽しみです。

余談ですが・・・  
エネループという発音は、ウガンダでは、 『駆け落ち』 という意味だそうです。
駆け落ちなどということは、現地の宗教では、許せない行為ということで、
エネループランタン とは呼ばずに、LEDランタン と呼ぶそうです。

エネループ

アタシは、とりあえず今日も さあエネループの輪に入ろう にログインして、
エナジーポイント(ep)が発生するアクションを起こしたいと思います♪

【P.S.】

エネループ グループワークの発表で、
一番支持をいただいたグループにいたアタシは、
とっても欲しかった エネルーピーくん(?ちゃん?)をいただきました♪
なんせ、ちわわのままなもんで♪
うれしい♪

【関連エントリー】
SANYOエネループ ブロガーミーティングに参加しました♪
『無電化地域の人々へ私の出来ること』エネループ・ブロガーミーティングに参加しました♪
地球上のドコにいても使えるエネループランタンはコレだっ!



twitterで記事更新情報を更新中! ▶︎



シェアする

フォローする

コメント

  1. 八田優希 より:

    阪神淡路大震災を経験しましたが、エネループランタンが日本でも発売されたいたら災害時に大いに役立つと思います。これから南海、東海地震など大災害が予測されていますので電池式の照明具は不便になると思います。災害時用としてサンヨーで発売していただきたいですね。でひ、お願いいたします。

  2. ちわまま より:

    八田優希さん
    コメントありがとうございます!
    おおおー あの大震災に合われてたんですね。
    大変でしたね。
    ウチの夫は関西出身で、友人のご両親がお亡くなりになられたそうです。
    大震災の後は、電気が使えないので不便ですものね。
    ブロガーミーティングでも日本での発売を熱望されている方がいらっしゃったので、
    発売されるとイイですね。
    今後、SANYOさんの このような会に参加させていただくことがあったら、
    絶対にお伝えしますね。