PENTAX K-xはデジイチ二回目のアタシにもキレイに撮れました!

アタシのデジイチ経験は、昨年のブロガーミーティング以来二回目!
ほぼ初心者です!

ではでは、挑戦します!

DSCN1585

Sponsored Link

  まずはファインダーの 『視度』 を合わせましょう

DSCN1551

『視度』という言葉は、初めて聞いたんですが、
『視度』は、その日によって違ったりするので、使うたびに合わせるのだそうです。

  モードを合わせます

DSCN1553

DSCN1545 あっ、もちろん初心者のアタシは、オートモード です!

  撮影会開始っ!

まずは、アタシの相棒! N社のコンデジ! PENTAX K-x

実際に見るよりも、立派に見えますね。

お花
PENTAX K-x

黄色いバラにピントを合わせたかったんですが、
緑の添え物のようなハッパにピントが合ってしまい・・・上手くいきません・・・

コチラもローストビーフにピントを合わせたかったんですが、レタスにピントがいっちまってます・・・orz

PENTAX K-x

メロン
PENTAX K-x

もーちょっと、ピントの合ってるところを広くしたいな。

お寿司
これは、コンデジでも同じように撮ってみました。
まずはPENTAX K-x
PENTAX K-x

コンデジ
DSCN1572

PENTAX K-xのほうが、ピントが合っている部分とボケている部分のメリハリがある感じ。
なので、立体的で、臨場感が出ました。

だいぶ慣れてきたので、ケーキにピントを合わせて、バックにロウソクの光でデコレーションしてみたいと思って挑戦したのがコレ!

PENTAX K-x

なんだかイイ感じになりましたよーーー

そして、調子に乗って、女優さんで、ミスヤングマガジンの黒石えりかさんを撮らせてもらいました!

PENTAX K-x

撮影会が始まっても、なかなか自分の思うような写真が撮れなくって、
皆さんに、お見せできるものなんて、撮れないって思っていたんですが、
この写真は、自分でもビックリするくらいに良く撮れました。

今まで人物なんて、子供の成長がほとんどで、
日常を切抜くような人物写真しか撮ったことがなかったんですが、
今回、初めてモデルさんを撮らせてもらいました。

とっても気に入ったので、最後の品評会に出させてもらいました。
そこで、いただいた言葉は・・・

 ・写真では人物の頭など切ることはしないことが多いのですが、
  あえて切ることで、切った先の想像が広がります。

 ・目にピントを合わせると良かったですね。

と、いうことでしたが、
これが精一杯で、ピントをどこに合わせるなんて、考えられませんでした。
こうして、自分の撮った写真でイロイロ教えていたたくと、本当に勉強になります♪

今まで、アタシの使用範囲でのデジイチとコンデジの違いは、
絞りによるボケ
くらいだと思っていて、それほど興味が湧かなかったんですが、

デジイチで撮った写真には、ストーリーがあるような感じに見えます。

今までは、ブログに掲載する写真は説明用で、深い考えは無かったんですが、
今回、じっくりデジイチで撮影してみて、

デジイチで撮った写真は、写真自身が語りかけてくれるような、生き生きとした生命感がある

ような感じがしました。

わー なんかイイなぁ♪ デジイチ!
ホンキで欲しくなりました!

【関連エントリー】
『デジタル一眼レフでブログが変わる!」』PENTAXブロガーミーティングに参加しました!
PENTAX K-xはデジイチ二回目のアタシにもキレイに撮れました!
PENTAX K-xは撮った写真を簡単にリサイズできます!


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

コメントをどうぞ♪