小江戸川越 喜多院 五百羅漢

今のNHKの連続テレビ小説「つばさ」の舞台でもある、小江戸川越へ行ってきました。

その中で、印象に残った場所のひとつ、喜多院 五百羅漢

一日いても、飽きないと思ふ♪

喜多院 五百羅漢

Sponsored Link

五百羅漢は、徳川家光が生まれた部屋があるということで有名な 川越大師 喜多院 にあります。

五百羅漢とは?

川越北田島の志誠の発願により天明二年(1782)より文政八年(1825)の約50年間にわたり建立されたもので、
十代弟子、十六羅漢を含め五三三尊者のほか、
中央高座の大仏に釈迦如来、
脇侍の文殊普賢の両菩薩、
左右高座の阿弥陀如来、
地蔵菩薩を合わせて全部で五三八体が鎮座している。

(パンフレットより)

見ていてスゴイと思ったのは、 ひとつとして同じ仏像が無い!

ってワケで、アタシが気に入った仏像さんのご紹介♪

喜多院 五百羅漢

何だか、優しい気持ちになれます♪

喜多院 五百羅漢

ポイントは犬!
昔っから犬はお友達だったんですね。

喜多院 五百羅漢

福耳さんです♪

喜多院 五百羅漢

象に乗っています。
あの時代に、象は日本にいたのかな?

それとも、仏画とかからの想像で作ったのかしら。。。

でも、やっぱりNO.1は、このお方♪

喜多院 五百羅漢

最初、

(ナニ? コレ! 内臓?)

って思ったけど、

良く見ると・・・

喜多院 五百羅漢

心をさらけ出しているのか・・・
二重人格と言っているのか・・・
それは、見る時の心理状態でイロイロと思うものなんだろうと思うけど、
今のアタシは、心をさらけ出して仲良くしようよ♪って思ふ♪

喜多院 五百羅漢

実は、今回の小旅行、アタシが一年半前から勉強している英会話教材のイベントなんです。

なので、ガイドさんは・・・

喜多院 五百羅漢

ジェーソン先生。
英語で説明してもらいました♪

日本人のアタシより日本の歴史に詳しくって、ビックリしました!

この日の様子は、別ブログに書く予定♪

ちなみに、アタシの勉強している英会話教材なんですが、
最近では プロゴルファーの石川遼クンが勉強しているってことで、にわかにマスコミに取り上げられている、「スピードラーニング英語」 。
ビックリです!

スピードラーニング英語は、聞き流すだけで英会話が身に付くってことで、なまけもののアタシにピッタリだと思って始めたんですが、
石川遼クンは、どういうきっかけで始めたのか知りたいアタシです♪


【関連コンテンツ】


【スポンサードリンク】
  

小江戸川越 喜多院 五百羅漢” への3件のコメント

  1. ピンバック: 小江戸川越・絵になる街 | ブロガーセレクション

コメントをどうぞ♪