これって お宝? それとも・・・巨大ゴジラをもらう♪

ちょっと前になりますが、新潟に滞在中のこと。
新潟の実家では、お盆の前に親戚同士で、お互いのお仏壇をお参りしながら、お中元を持っていくという習慣があり、
今年のお盆は、私も車の運転手として、親に付いて回りました。

その中の一軒でのこと。

そこは、骨董品店を営んでいて、店の展示待ちの棚だとかを家の中に置いてあり、お邪魔しただけで、骨董品を観賞できます。

その中で、目を奪われたのは↓この 『ゴジラ』

213

立派な骨董品の棚の上に置かれていました。

その時の母と、その家のオバサンとのやりとりが面白かったので、ちょっとご紹介♪

母   「ホント、立派ですねぇ~」
オバサン「そうですね~ 昔のものは立派ですねぇ」
母   「ホント 立派なゴジラ!」
オバサン「えっ?」

その時の、呆気にとられたオバサンの顔が忘れられません・・・

でも、そのゴジラは売り物でもなんでもなくて、そのオバサンが自分の実家で処分するというので、もったいないから貰ってきたというもの。

売り物ではなかったんです。

で、良かったら あげる! というので、貰っちゃいました!

012 014 

015 013

身長

高さが30cm以上もある巨大なゴジラです!

で、家族の中でも、『お宝なんじゃないの?』 『鑑定団行く?』 なんて話が出たので、ちょっと調べてみました。

手がかりは、これ↓

ゴジラ 022

これを見ると、1994年に公開されたゴジラ映画に関係がありそう!

1994年に公開されたゴジラ映画は、『ゴジラvsスペースゴジラ』ゴジラシリーズの第21作で、1994年12月10日に公開された。

そ~なると、たいして古いものでもないらしい・・・そして、いろいろネットで調べていくと・・・

1994年に発売されたもので、ホワイトボードとか付いていて、当時の定価は6000円。

こんなものがあるとは知らなかったなぁ~

そして、ネット上のオークションでは、今日現在 120円~20000円の幅で出されている。

その中には “希少” なんて言葉も踊っていて、

でも、どーよ?

このゴジラの価値は、さっぱり分かりません・・・

ま、言えることは、骨董品店の人がタダでくれたものであること。
価値は無いということですか・・・

でも、私も母も初対面で一目惚れだったし、私たちのように思う人はいるかもしれない。

ってことは、お宝?

というわけで、新しく ちわまま家の一員となった 『1994年製 ゴジラ』

車に乗る

助手席でシートベルトを付けて、大切に東京に連れて来ました♪


twitterで記事更新情報をつぶやいております! ▶︎




【スポンサーリンク】
  

コメントをどうぞ♪